So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

THE VERNONS GIRLS 'FUNNY ALL OVER' [GIRL POP]

前回の記事でLADYBIRDSやBREAKAWAYSについて触れたので、今回はその母体であるVERNONS GIRLSを取り上げます。

VERNONS GIRLSは50年代半ばにリヴァプールのサッカーくじ会社のキャンペーン・ガール(?)として結成されました。
当初、グループには数十人のメンバーが在籍しており、(当然ですが)サッカーくじのキャンペーン・ガールとしての仕事が中心でした。
しかし、58年にはテレビの音楽番組へのレギュラー出演が決まり、そのために16人のメンバーが選抜されます。
テレビ番組の出演後は英PARLOPHONEからレコードを発売するなどの活躍が続いたのですが、62年にはメンバーの離脱や結婚で3人編成のグループになってしまいました。

トリオ・グループとなったVERNONS GIRLSは心機一転、英DECCAと契約して、「LOVER PLEASE」(1962年、全英16位)、「YOU KNOW WHAT I MEAN」(再発売された「LOVER PLEASE」との両A面で全英39位)のヒットを出します。

それに続いて発売されたのがこのシングルです。
PB120001.JPG
「FUNNY ALL OVER」(1962年、全英31位)です。
PB120002.JPG
この曲は小ヒットしましたが、出来は可もなく不可もなくです。

どちらかといえばオルガンが入ったB面の方が良い曲だと思います。
PB120003.JPG

この後の彼女達はヒット曲が出なくなってしまいます。
しかし、ビート・ブーム期になって出されたシングル、「TOMORROW IS ANOTHER DAY」(1963年)や「ONLY YOU CAN DO IT」(1964年)は、全英チャート入りこそ逃しましたが、ガール・ポップ好きの方も納得する質の高いシングルだと思います。
個人的には初期のヒット曲よりも売れなくなってからのシングル曲の方が気に入っています。

それらは、この便利なRPMからの編集CD『WE LOVE THE VERNONS GIRLS 1962-1964』に収録されています。
PB120004.JPG
このCDにはDECCA在籍時の全曲が収録されていますし、さらに詳しい解説まで付いているという素晴らしい仕事ぶりです。
勿論、マニアには人気の珍妙なBEATLES賛歌のシングル「WE LOVE THE BEATLES」(1964年)も入っています!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽