So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

THE NASHVILLE TEENS 'TOBACCO ROAD' [BRITISH BEAT SINGLE]

久しぶりにこのシングル盤を聴いていました。
P2240007.JPG
NASHVILLE TEENSの「TOBACCO ROAD」(1964年 全英6位、全米14位)です。
P2240008.JPG
この曲を知ったのは中学生の時に見たブリティッシュ・ビートの映画『POP GEAR』でした。

私が中学生の頃は、週末になると父がよくレンタルビデオ店からビデオを借りてきていました。
父が借りてくるビデオの大半はコメディーや戦争物などの映画でしたが、中には音楽物のビデオもありました。
その当時VHSで発売されていた英国の音楽番組『READY STEADY GO!』などは、父が借りてきたビデオで見ました。
少々曖昧な記憶ですが、『POP GEAR』も父が借りてきたビデオで見たはずです。

『POP GEAR』には、最初と最後の場面に登場するBEATLESの他に、当時の私でも知っていたANIMALSやPETER & GORDONなども登場します。
しかし、ほとんどの出演者は知らない人達ばかりでした。

そんな知らない人達の中でも、この「TOBACCO ROAD」はどういうわけか強く印象に残っています。

この当時としては非常にハードなサウンド、EVERLY BROTHERSを意識したような(?)ツインボーカル、やさぐれ感でいっぱいの歌詞(ビデオには歌詞にも字幕が入っていた)など、この曲の特長は多いです。
しかし、ハードな演奏とヘロヘロなツインボーカルはアンバランスな感じもします。
そういったこの曲の異質な部分が印象に残ったのかもしれません。

私が『POP GEAR』で記憶に残っているもう一曲は、TOMMY QUICKLY & REMO FOURの「HUMPTY DUMPTY」です。
過去の記事でも触れていたと思いますが、この曲もちょっと変わっています。
当時の私はブルービートやスカなんて知りませんでしたからね。

ちなみに、NASHVILLE TEENSが『POP GEAR』で披露していたもう一曲の「GOOGLE EYE」は全く記憶に残っておりませんでした・・・

「TOBACCO ROAD」のB面はDC5でお馴染みのCHRIS KENNERカバー曲「I LIKE IT LIKE THAT」です。
P2240009.JPG
こちらもド迫力のDC5版と比べると脱力系(?)のツインボーカルが印象的です。
でも、サウンド的にはこちらの方がCHRIS KENNERのオリジナルに近いのかな?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。