So-net無料ブログ作成

YARDBIRDS "FOR YOUR LOVE" [BRITISH BEAT]

YARDBIRDSのアメリカでのファースト・アルバムです。

1206003005.jpg
1965年にリリースされ、全米96位を記録した本作は
「FOR YOUR LOVE」(全米6位)、
が収録されています。

本作のジャケット写真にはJEFF BECKが写っていますが、収録曲の3分の2はERIC CLAPTON在籍時の録音です。
どの曲がERIC CLAPTONで、どの曲がJEFF BECKかというのは聴けばすぐにわかります。
ギターの音の変な方がJEFF BECKです。

ERIC CLAPTON在籍時の曲も勿論いいのですが、やはりカッコいいのはJEFF BECKのギターが大活躍する曲です。
特に「I'M NOT TALKING」や「I AIN'T DONE WRONG」などにおける、ハードでメタリックな質感は、他の同時代のビート・グループには無い強力な個性だと思います。

あまり良い評価を受けないKEITH RELFのヴォーカルもここではいい感じですし、バックの演奏にも勢いが感じられます。

本作は「FOR YOUR LOVE」の大ヒットを受けて、急遽アメリカで発売された編集盤ですが、選曲や曲順が非常に良いので、個人的にはYARDBIRDSのスタジオ録音アルバムの中では最も気に入っています。

このアルバムはYARDBIRDSがR&Bやブルースのコピー・バンドから先鋭的なビート・グループに昇華する瞬間を捉えた貴重なアルバムです。
本作にはROLLING STONESのUS盤などと同様の歴史的価値があると思います。


私が所有しているのはステレオ盤です。
ジャケット等に表記はありませんが、このステレオ盤は擬似ステレオのようです。
1206003017.jpg
マトリックスは両面1です。

ところで、私の所有している盤はカウンターフィット盤(正規盤を完全コピーした偽物)なのでしょうか?
YARDBIRDSのUS盤にはカウンターフィット盤が多いとされています。
この盤の具体的な購入金額は忘れていまいましたが、安い値段だったので少々怪しい感じがしています。

価格の他にも怪しげな点がいくつか見られます。

まず、ジャケットの色(特に黒い色の部分)がやや薄く、リングウェアーを着色補正したような跡が見えます。
ジャケットの紙質も60年代半ば頃のEPIC盤とは少し異なっており、どちらかといえば70年代以降のジャケットの風合いに近いような感じです。
付属していたインナー・スリーブは白のプレーンタイプの物だったので、65年当時の物でないのは間違いないと思います。
これは60年代末以降に発売された再発盤なのでしょうか?よくわかりません・・・

音の方は典型的な擬似ステレオの音ではありますが、それほど悪くはありません。
特に音質面での劣化があるわけでもなく、それなりに迫力のある音です。

レーベルはイエロー・ラベルですが、やや紙質が粗いような感じはします。
ただ、それほど大きな違いではなく、US盤なら許容範囲(?)の物です。
一応マトリックス刻印も機械打ちになっているのですが・・・

私はこの盤についてあまり詳しくないので、もし詳細を知っている方がおられれば是非とも情報提供をお願い致します。



と、ここまでが一年前に書いた記事です。
以下はその数ヵ月後に書き足した記事です。


少し前になるのですが、USオリジナルのモノラル盤を購入しました。
1212707819.jpg

今まで所有していたステレオ盤にはカウンターフィット盤疑惑がありましたが、今回のモノラル盤は正真正銘のオリジナル盤です。
1212707831.jpg

ジャケットの比較です。
1212707841.jpg
左がモノラル盤のジャケットで、右がステレオ盤のジャケットです。
色の違いが一目瞭然ですね。
ステレオ盤ジャケットの色はあまりにも薄すぎます。
やはり、このステレオ盤はオリジナル盤のジャケットをコピーして作られたカウンターフィットなのでしょうか?

また、このモノラル盤の音質面は、ただただ”凄い”の一言です。
以前、YARDBIRDSのUS3rd、『OVER UNDER SIDEWAYS DOWN』のモノラル盤を聴いた時もあまりの凄さにびっくりしましたが、この盤も大変素晴らしい音質だと思います。
特にハードな質感のJEFF BECK在籍時の曲は必要以上に迫力がありますね!

YARDBIRDSの場合、米EPICのモノラル盤は”当り”が多いのかもしれません。
ただ、US盤の場合は盤の個体差による”ハズレ”が多いのも事実ですが・・・

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

chan_yukky

こんばんは♪

自分は【Yardbirds】に限らず、US盤(アナログ)は殆ど持ってないし、
あまり試聴する機会もありませんでした。やはりUS盤もUK盤同様、
初回プレスに近いほど、音が良いのですか?超基本的な質問で、
ご免なさい^^;
by chan_yukky (2009-04-23 01:15) 

poposuke

chan_yukkyさん おはようございます

US盤も基本的にはUK盤と同じですよ♪

US盤は音の鮮度という点においては、さすがにUK盤よりも劣ってしまいますが、音の迫力という部分ではUK盤を上回っている場合があります。
特にこのEPIC盤や、STONESなどでお馴染みのLONDONレーベルのモノラル盤はUK盤を凌駕するくらい凄い迫力ですよ!
US盤にはUK盤のような音の繊細さ皆無ですが(笑)、単純明快に迫力のある音を楽しみたいのなら、非常に魅力的だと思います。

ただ、擬似ステレオ盤には音質的にヒドイものが多いです(苦笑)
聴くなら断然モノラル盤がオススメです。

このYARDBIRDSやBEATLESなどの人気盤にはカウンターフィット盤が存在するなど、どこかいかがわしい(?)感もあるUS盤ですが、独自の編集やジャケットなど、捨て難い魅力も満載だと思いますよ!


by poposuke (2009-04-23 07:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。