So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

7月の買い物 [eBay]

7月は実店舗で購入したレコードが1枚もありませんでした。

私はできるだけ実店舗でレコードを購入したいと考えているのですが、先月はそのような時間が全くありませんでした。

下記のレコードは全てeBayか国内のネットオークションで購入した物です。

まずは、マージー・ビート最初期のアルバムであるHOWIE CASEY AND THE SENIORSの『TWIST AT THE TOP』です。
P8110010.JPG
これはよく見かけるWINGレーベルの廉価盤ではなく、オリジナル・ジャケットのFONTANAレーベル盤です。
CDでは既に持っているアルバムですが、意外と安い値段なので購入してしまいました。
このアルバムについてはそのうち単独の記事で取り上げたいですね!

『LIVERPOOL BEAT』は『TWIST AT THE TOP』と同じ出品者から同時購入しました。
P8110017.JPG
よくあるマージー・ビートのカバー企画アルバムですが、このアルバムは全く知りませんでした。
P8110020.JPG
歌っている人達についてもあまり知りません。
P8110018.JPG
THE TYPHOONSはヨーロッパのどこかの国で、出稼ぎアルバムを出していたと記憶しています。
P8110019.JPG

IAN WHITCOMBの3rdアルバムは未所有でした。
P8110016.JPG

THE NEW VAUDEVILLE BANDはUS盤を所有していましたが、UK1stと2ndは未所有でした。
P8110012.JPG

P8110013.JPG
IAN WHITCOMBもそうですが、このような古いミュージック・ホール風の音楽は嫌いではありません。

BIG JIM SULLIVANの『SITAR BEAT』はUSオリジナルのモノラル盤です。
P8110014.JPG
これもCDで持っていましたが、好きな作品なので購入してしまいました。
アメリカの出品者からの購入だったので、完全に送料負けでしたが・・・

DAVID GARRICKのライヴ・アルバムはカナダや西ドイツのみの発売だったと思います。
P8110011.JPG
これはカナダ盤です。
ちなみに、この時期の彼のバック・バンドはBADFINGERの前身であるIVEYSです。

AFTER TEAはオランダのサイケ・ポップ・グループですが、これは英DECCA系の廉価レーベルACE OF CLUB盤です。
P8110015.JPG
このUKオリジナル盤は割と高価なことが多いのですが、安い価格で落札することができました。
これもCDは所有しているんですけどね(苦笑)

以上がeBayで購入したレコードです。

残りは国内のネット・オークションで購入しました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

6月の買い物 [レコード店]

先々月の話になってしまいますが、6月に地元のレコード店で買い物をしてきました。

訪問した店は3店舗です。

「文教堂書店」(札幌市白石区南郷通8丁目北1-5)
「Page ONE」(札幌市豊平区平岸1条9丁目2-17)
「Beat Records」(札幌市中央区南2条西4丁目)

結論から言うと、最初の2店舗では収穫がありませんでした。
文教堂書店はマニアやコレクターの方の大量処分があると面白い品揃えになるのですが、今回は特に変わった物はありませんでした。

Page ONEは値段が高すぎますね。
私の感覚で2000円前後の物が2800~3000円くらいで売られています。
品揃えは豊富なんですけどね・・・

最後のBeat Recordsでは下記の4枚を購入しました。

まずは、DC5の『5BY 5』です。
P6240005.JPG
USオリジナルのモノラル盤ですが、前に所有していたモノラル盤はジャケットがボロくて処分したので買い直しました。
価格は2500円くらいでした。
内容的にはわざわざ買い直す必要があるかどうか疑問なアルバムですけどね(苦笑)

次は、THE ANGELSの『MY BOYFRIEND'S BACK』
P6240006.JPG
USオリジナルのモノラル盤ですが、裏ジャケにウォーター・ダメージがあるために価格は1000円でした。
問題があるのは裏ジャケだけだったので、非常に良い買い物だったと思います。

さらに、THE AMERICAN BREEDの1stアルバム。
P6240007.JPG
USオリジナルのステレオ盤で、価格は1200円でした。
この辺は不人気盤なのでしょうか?

最後は、EARL VAN DYKE AND THE SOUL BROTHERSの『THAT MOTOWN SOUND』です。
P6240008.JPG
USオリジナルのステレオ盤で、価格は2000円でした。
これはインスト・アルバムですが、非常に興味深い内容でした。
買って良かったアルバムです。

また、6月には渋谷の某ディスクユニオンでも買い物をしました。

そちらの収穫は下記の5枚です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Discogsでの買い物 その2 [雑記]

先日、Discogsで試験的に中古レコードを2枚購入しました。

そのうち1枚はアメリカの出品者からの購入でした。
P7220007.JPG
これは盤がG+、ジャケットがVGという微妙な評価でしたが、特に大きな問題はありませんでした。
盤も小キズはありましたけど、普通に聴けましたしね。
試験的な買い物にしては色々な意味で危険度が高いような気もしますが、これはこれで面白いアルバムでした。
金額面では確実に高い買い物でしたけどね(苦笑)

もう1枚はイギリスの出品者からの買い物でした。
P7280008.JPG

P7280009.JPG
JOE BROWNの『A PICTURE OF YOU』です。
BEATLESファン、特にGEORGE HARRISONのファンの方にはお馴染みの人ですね。
JOE BROWNは英PICCADILLYから出ていたライヴ・アルバムを持っていたのですが、彼の代表曲である「A PICTURE OF YOU」が収録されている本作はなぜか未所有でした。

このアルバムは送料を含めて1400円ほどでした。
これも送料負けしてしまいましたが(苦笑)、総額でこれくらいなら損した気はしません。
やはり送料が高すぎるアメリカよりも、イギリスからの方が買いやすいかもしれませんね。
盤とジャケットの評価は共にVG+ということでしたけど、このクラスの評価なら問題は無さそうです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Discogsでの買い物 [雑記]

Discogsは便利な音楽データベースサイトです。
中には本当かな?という情報もありますが、調べ物をする際には重宝しています。
また、レコードやアーティストの情報以外にも、中古レコードの市場価格を知る目安にもなっています。
DiscogsにはレコードやCDの売買ができるマーケットプレイス機能がありますからね。

しかし、私は今までDiscogsのマーケットプレイス機能を使用したことがありませんでした。
Discogsのマーケットプレイスは商品の状態が分かりにくいのが難点です。
eBayなどと違って商品の画像がありませんし、状態説明も十分とは言えません。
それに海外からの高い送料を加味すると、リスクの高い買い物だと思います。

それでも品揃えが豊富なのは魅力です。
国内の店舗やeBayでは簡単に見つからない商品でも、Discogsでは容易に見つかることが多々あります。
特に国内で話題になることが少ない盤は店頭で見かける確率も低いので、多少のリスクがあったとしても欲しくなってしまいます。

そこで、ものは試しにDiscogsで買い物をしてみることにしました。
Discogsのアカウント作成は非常に簡単です。
表記も日本語ですし、eBayと比べると格段に敷居が低いと思います。
商品代金の支払いはPayPalで行いますが、PayPalのアカウントを既に持っているので問題ありませんでした。
商品の状態はM、NM、VG+、VG、G+、F、Pで表記されています。
やはりVG+以上の商品が無難なのでしょうね。
出品者も評価(フィードバック)の高い人を選んだ方が良さそうです。

今回、Discogsで試験的に購入したレコードは2枚です。
1枚は国内の店舗で滅多に見かけない盤、もう1枚は送料を含めても価格が安かった盤です。
それ以外の盤なら、わざわざリスクの高いDiscogsで買い物をする必要はありません。
前者の盤はアメリカから、後者の盤はイギリスの出品者からの購入しました。
このうちアメリカからの盤は先日手元にと届きました。

それはこのアルバムです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE NASHVILLE TEENS 'TOBACCO ROAD' [BRITISH BEAT SINGLE]

久しぶりにこのシングル盤を聴いていました。
P2240007.JPG
NASHVILLE TEENSの「TOBACCO ROAD」(1964年 全英6位、全米14位)です。
P2240008.JPG
この曲を知ったのは中学生の時に見たブリティッシュ・ビートの映画『POP GEAR』でした。

私が中学生の頃は、週末になると父がよくレンタルビデオ店からビデオを借りてきていました。
父が借りてくるビデオの大半はコメディーや戦争物などの映画でしたが、中には音楽物のビデオもありました。
その当時VHSで発売されていた英国の音楽番組『READY STEADY GO!』などは、父が借りてきたビデオで見ました。
少々曖昧な記憶ですが、『POP GEAR』も父が借りてきたビデオで見たはずです。

『POP GEAR』には、最初と最後の場面に登場するBEATLESの他に、当時の私でも知っていたANIMALSやPETER & GORDONなども登場します。
しかし、ほとんどの出演者は知らない人達ばかりでした。

そんな知らない人達の中でも、この「TOBACCO ROAD」はどういうわけか強く印象に残っています。

この当時としては非常にハードなサウンド、EVERLY BROTHERSを意識したような(?)ツインボーカル、やさぐれ感でいっぱいの歌詞(ビデオには歌詞にも字幕が入っていた)など、この曲の特長は多いです。
しかし、ハードな演奏とヘロヘロなツインボーカルはアンバランスな感じもします。
そういったこの曲の異質な部分が印象に残ったのかもしれません。

私が『POP GEAR』で記憶に残っているもう一曲は、TOMMY QUICKLY & REMO FOURの「HUMPTY DUMPTY」です。
過去の記事でも触れていたと思いますが、この曲もちょっと変わっています。
当時の私はブルービートやスカなんて知りませんでしたからね。

ちなみに、NASHVILLE TEENSが『POP GEAR』で披露していたもう一曲の「GOOGLE EYE」は全く記憶に残っておりませんでした・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今年購入したレコード [レコードの話]

去年もそうでしたが、今年もあまりCDやレコードを買えそうにありません。

今年に入ってから購入したのは中古のCDを1枚だけ、レコードは下記の5枚だけです。

これらはどれも東京の店舗で購入した物です。
購入価格は忘れてしまいましたが、全て2000円未満でした。

まず最初は、GANTSの2ndアルバム『GANTS GALORE』です。
P2040013.JPG
USオリジナルのモノラル盤です。
これは以前から探していたアルバムですが、見つかる時は意外とあっさり見つかるものです。

次はSAM THE SHAM & THE PHARAOHSの4作目(だったかな?)『LI'L RED RIDING HOOD』です。
P2040014.JPG
USオリジナルのモノラル盤ですが、これもどういうわけか持っていませんでした。
特に探していたアルバムではありませんでしたが、大ヒット曲が収録されているので聴いてみる価値はありそうです。

続いて、KEITHの『98.6/AIN'T GONNA LIE』です。
P2040016.JPG
これは良いアルバムですね!
以前はこういった軟弱(?)なサウンドが嫌いでしたが、今はとても心地よく感じます。

CHAD & JEREMYの米COLUMBIA移籍後一作目、『I DON'T WANT TO LOSE YOU BABY』は既にCDで持っていたアルバムです。
P2040015.JPG
USオリジナルのステレオ盤ですが、値段が安かったのでついつい購入してしまいました。
確か1000円未満だったと思います。

最後はSHADOWSの1stアルバムです。
P2040017.JPG
レーベルが”BLUE COLUMBIA”なので、60年代中頃にプレスされた盤です。
P2040018.JPG
そういったこともあって、値段は1300円くらいでした。
この重要作を今まで持っていなかったのはちょっと問題ですね・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

今年の収穫 [レコードの話]

今年はここ数年で最もレコードやCDを買わなかった年でした。
他の出費が多かったのもありますが、私の狭い家では収納場所が限界に近づいています。

そんな状況で購入したレコードは厳選された物のはずですが、実際はそうでもありませんでした。
どちらかと言えばハズレの内容が多かったように思います。

その中でも買って良かったレコードのベスト3はこんなところです。

まずは、前から探していたHELEN SHAPIROの4作目。
PC300007.JPG
内容が良いのはナッシュヴィル録音の前作ですが、カッコいいのは断然こっちです。
値段は少し高かったですけど、それだけの価値はありました。

こちらは全く期待していなかったアルバムです。
PC230001.JPG
BARRY ST. JOHNの『ACCORDING TO ST. JOHN』ですが、「ノーザン・ソウル」というキーワードでレコードを探されている方なら絶対に”買い”の作品です。
ANDREW OLDHAMプロデュースのDECCA期のシングルとは全く印象が異なっています。

BELMONTSの『CARNIVAL OF HITS』はCDも所有していますが、これはレコードで聴くべきだと思います。
PC300012.JPG
音が全然違います。
それに紙ジャケCDは大人の事情(?)でジャケットも違っていますしね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

札幌市レコード店 新規オープン [レコード店]

私は全く知らなかったのですが、札幌市内にレコード店がオープンしていました。

店名は「ファイブ・ワン」、住所は札幌市中央区南2条西1丁目第3広和ビル2Fです。
この店は地下鉄南北線平岸駅の近くにある「Page ONE」の姉妹店(?)のようで、今年7月にオープンしています。

これで狸小路商店街周辺にあるレコード店は、1丁目に「ファイブ・ワン」、2丁目に「KING KONG」、(狸小路商店街から1本外れた通りの)4丁目に「BEAT RECORDS」、7丁目に「フレッシュ・エアー」と、ようやくハシゴすることができる環境になりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CAROL DEENE "A LOVE AFFAIR" [GIRL POP]

つい最近まで、このアルバムの存在は全く知りませんでした。
PC100007.JPG
CAROL DEENEの『A LOVE AFFAIR』です。

WORLD RECORD CLUBから1970年にリリースされています。
PC100008.JPG

PC100009.JPG

CAROL DEENEは1961年に17歳でデビューし、「NORMAN」(1962年、全英24位)、「JOHNNY GET ANGRY」(62年、全英32位)、「SOME PEOPLE」(62年、全英25位)の中ヒットを出しています。
この後に巻き起こる空前のビート・グループ・ブームによって、60年代初頭にデビューした他のティーン・アイドル達と同様、彼女の人気は失速してしまいますが、その後も英HMVやCOLUMBIAなどからコンスタントにシングルを出し続けます。

そんな彼女は60年代の終わりと共にそのままフェードアウトしてしまったものと思い込んでいたのですが、まさかこのようなアルバムを残していたとは・・・
メジャーなEMI系の中でも、ややマイナーなWORLD RECORD CLUBからのリリースというのも盲点でした。

60年代初頭から半ばにかけて人気があったティーン・アイドルではBILLIE DAVISも似たような経歴です。
ただ、BILLE DAVISが英DECCAから同じ1970年にリリースしたアルバムは今やレア盤として人気ですし、CD化もされています。
それに対して、CAROL DEENEの本作はCD化されていないですし、中古市場で人気があるとも思えません。
私はこのアルバムをeBay UKで偶然見かけたのですが、送料も含めた価格は2700円ほどでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE VERNONS GIRLS 'FUNNY ALL OVER' [GIRL POP]

前回の記事でLADYBIRDSやBREAKAWAYSについて触れたので、今回はその母体であるVERNONS GIRLSを取り上げます。

VERNONS GIRLSは50年代半ばにリヴァプールのサッカーくじ会社のキャンペーン・ガール(?)として結成されました。
当初、グループには数十人のメンバーが在籍しており、(当然ですが)サッカーくじのキャンペーン・ガールとしての仕事が中心でした。
しかし、58年にはテレビの音楽番組へのレギュラー出演が決まり、そのために16人のメンバーが選抜されます。
テレビ番組の出演後は英PARLOPHONEからレコードを発売するなどの活躍が続いたのですが、62年にはメンバーの離脱や結婚で3人編成のグループになってしまいました。

トリオ・グループとなったVERNONS GIRLSは心機一転、英DECCAと契約して、「LOVER PLEASE」(1962年、全英16位)、「YOU KNOW WHAT I MEAN」(再発売された「LOVER PLEASE」との両A面で全英39位)のヒットを出します。

それに続いて発売されたのがこのシングルです。
PB120001.JPG
「FUNNY ALL OVER」(1962年、全英31位)です。
PB120002.JPG
この曲は小ヒットしましたが、出来は可もなく不可もなくです。

どちらかといえばオルガンが入ったB面の方が良い曲だと思います。
PB120003.JPG

この後の彼女達はヒット曲が出なくなってしまいます。
しかし、ビート・ブーム期になって出されたシングル、「TOMORROW IS ANOTHER DAY」(1963年)や「ONLY YOU CAN DO IT」(1964年)は、全英チャート入りこそ逃しましたが、ガール・ポップ好きの方も納得する質の高いシングルだと思います。
個人的には初期のヒット曲よりも売れなくなってからのシングル曲の方が気に入っています。

それらは、この便利なRPMからの編集CD『WE LOVE THE VERNONS GIRLS 1962-1964』に収録されています。
PB120004.JPG
このCDにはDECCA在籍時の全曲が収録されていますし、さらに詳しい解説まで付いているという素晴らしい仕事ぶりです。
勿論、マニアには人気の珍妙なBEATLES賛歌のシングル「WE LOVE THE BEATLES」(1964年)も入っています!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -