So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌レコード店ツアー 2016 [レコード店]

連休中に地元のレコード店巡りをしてきました。

今回は前の「札幌レコード店ツアー」で行かなかったお店を中心に訪問しようと考えていました。

そうなると、選択肢は札幌市の中心街から離れた場所のお店になります。

そこで、最初に訪問したのは「文教堂書店」(白石区南郷通8丁目北1-5)です。
この店を訪れるのは初めてでしたが、地下鉄東西線の南郷7丁目駅の3番出口を出ると、歩いてすぐの場所にありました。
このお店は店名でもお分かりように、古本屋さんも併設しています。
中古レコードやCDを扱う方の店内はそれほど広くありませんでしたが、連休中ということもあってかお客さんの数は多かったです。
肝心な品揃えですが、邦楽と洋楽の比率は半々くらいで、ジャズやクラッシクは少ない印象です。
ただ、洋楽は国内盤がほとんどで、輸入盤の在庫はごく僅かでした。
今回このお店での収穫はありませんでしたが、邦楽・洋楽共にシングル盤の在庫は豊富なので、国内のシングル盤を中心に集めている方には思わぬ掘り出し物があるかもしれません。

次は「音楽創庫タナカ 」(中央区南22条西9丁目1-38電車通り)に移動します。
札幌市内の大体のお店は地下鉄駅の最寄にありますが、このお店は市電でしか行けません。
なので、地下鉄の南郷7丁目駅から大通駅に向かい、地上で市電に乗り換えます。
大通駅からは西4丁目の停留所が近いでしょう。
昨年から札幌の市電はループ化されていますが、お店がある東屯田通り停留所はどちらの方向に乗っても所要時間はあまり変わらないと思います。
とはいえ、私が市電に乗るのは10年ぶりくらいです。いくら地元でも久しぶりに乗ると緊張しましたね(笑)
ちなみに市電の料金は大人170円の定額です。市電に乗ってから小銭を持っていないのに気付いて少し焦りましたが、今はSuicaなども使えます。

「音楽創庫タナカ 」も訪問するのは初めてのお店です。
お店は東屯田通りの停留所を降りるとすぐに見つかりました。
パッと見は小さいお店ですが、店内は意外と奥行きがあり、品揃えもオール・ジャンルで結構充実していました。
洋楽は国内盤が中心ですが、少ないながら輸入盤もいくつかありました。
ただ、海外からの仕入れではなく、地元のコレクターが処分したような感じがします。
全体的な在庫数が多いので、1時間ほど店内で探索していましたが、ここでの収穫は2枚でした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

盛岡レコード店 再訪問 [レコード店]

週明けからは出張が続きます。
大宮泊まりの日が多いのですが、大宮のレコード店にはこの前行ったばかりです。
今回は空いている時間があったとしても、レコード店へは行かずにおとなしくしていると思います。
少しばかりレコードにお金を使い過ぎたような気もしますしね・・・

そういえば先々週は出張で岩手県の盛岡市にいました。
盛岡も年に数回は出張で訪れる場所です。

盛岡のレコード店については、2年半ほど前に本ブログで記事にしました(『盛岡レコード店ツアー その2』)。
今回も少しだけ時間があったので、NEAT RECORDS(盛岡市内丸6-13 Est.21ビル1F)とACTION TIME VISION(盛岡市大通1-4-10照井ビル4F)に行ってきました。

しかし、今回は残念ながらやや期待外れでした。

前に訪問した時はどちらの店も穴場的な雰囲気がありましたが、今回は明らかに品揃えが薄くなっていました。
どうやら仙台市でレコード市が開催されており、2店共にそちらへ出店していたようです。
(現時点で仙台市のレコード市は終了しています)
そのため、前回と比べていまひとつな在庫状況でしたが、それぞれのお店で2枚ずつ、計4枚のレコードを購入してきました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大宮のレコード店 [レコード店]

さいたま市の大宮もほぼ毎月くらいのペースで訪れる場所です。
大宮は北関東や東北、北陸地方へ移動するのに便利な場所なので、出張の際には拠点にすることが多いです。

大宮には何度も訪れてはいるのですが、レコード店を探したことは一度もありませんでした。
仕事で来ているので空き時間が無いということもありますが、もし時間があったとしても、ここなら都内へ移動してしまうでしょうしね(笑)

しかし、先日珍しく時間がありました。
都内で仕事をしてから宿泊先がある大宮へ移動してきたのですが、夕方以降の予定が何もありませんでした。
いつもなら夜は仕事関係の方と食事をすることが多いのですが、今回は私が風邪気味だったのでお断りしていました。
自分はともかくとして、相手に風邪をうつしてはいけませんからね(笑)
そこで、どこかで夕食を食べるついでに、大宮地区のレコード店を訪ねてみることにしました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

福井のレコード店 [レコード店]

福井市は仕事で何度も訪問している場所のひとつです。
大体、年に5、6度ほどは福井への出張があります。
しかし、福井県内の観光名所などに行ったことは一度もありません。
仕事で訪れているのですから、当然といえば当然ですが、何度も行っている割には何も知らなかったりします。

先月も出張で福井市に行ったのですが、珍しく空き時間ができました。
宿泊先で休んでいても良かったのですが、せっかくなので福井市内を散策することにしました。
しかし、時間は既に午後6時近くになっています。
車を使った出張ではないので、あまり遠い所には行けません。

そこで、福井市内のレコード店に行ってみようと思い付きました。
早速市内のレコード店について調べてみると、FLAMINGO RECORDS(福井市羽水2-132)というお店が出てきました。
ただ、お店の所在地が私の宿泊先があるJR福井駅周辺かと思いきや、福井駅からひとつ先の越前花堂駅から歩いて10~15分ほどの場所でした。
この日の福井は天候が悪く、雪が積もっています。
少しだけ躊躇しましたが、ここで行かねば必ず後悔するような気がしたので、出掛けてみることにしました。

越前花堂駅に着くと既に周囲は真っ暗です。
それに、また雪が降り出しています。
地図を頼りに店へと向かいましたが、雪道が思った以上に歩きにくく、すぐに心が折れそうになりました。
私は福井よりも冬が厳しい場所で生まれ育ちましたが、こちらの雪は湿り気が多く、水たまりの中を歩いている感じです。
しかも、今回は仕事で来ていたので、履いている靴は革のビジネスシューズです。
北海道のサラサラした雪なら問題ありませんが、この湿った雪の中を長時間歩くと靴に水が浸み込んできます。
最初からこのような状況になることが分かっていれば、防水仕様の靴を履いてきたのですが、思いつきで行動していますからね(苦笑)

越前花堂駅を出てから15分ほどでFLAMINGO RECORDSに辿り着きました。
道の状態が良ければ10分ほど歩けば着きそうな距離でしたが、雪道に苦戦してしまいました。
店舗は思っていたよりも大きく、郊外の立地ということもあって駐車場も完備されています。
店内も通路幅が広くなっており、落ち着いた雰囲気で物探しができそうです。

しかし、帰りのJRの時間を考えると、お店に滞在できる時間は1時間くらいです。
早速、店内を物色してみました。
品揃えはオール・ジャンルで、どのカテゴリーもそれなりの在庫数があります。
海外盤はUS盤が中心で、UK盤はほとんどありませんでした。
価格は私が思っている市場価格よりも若干ですが全般的に高い印象です。
例えばですけど、DC5の『5 BY 5』のUSオリジナル・モノラル盤は2900円くらいでした。
『5 BY 5』はUSアルバムの中でも割と出にくいタイトルですし、盤やジャケットの状態も良かったのですが、私の感覚だと2000円台前半くらいの値段です。
その価格なら多分買っていたと思うのですが、他にも買おうかどうか迷ったけど価格面で見送った盤がいくつかありました。
全体的な品揃えは悪くないですし、じっくり探すと掘り出し物がありそうな感じはしますが、中々「これは!」という盤に巡り合えませんでした・・・

それでも、雪の中を苦労して辿り着いたお店です。
また雪道を手ぶらで歩いて帰ることなどはあり得ないことです!

そんなわけで、お店の中を1時間かけて探した成果がこの2枚です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

閉店 [レコード店]

「閉店」といってもこのブログを閉鎖するわけではありません。
長い間、閉店に近い状態ではありましたけどね・・・

2012年の夏頃でしたが、このブログで「札幌レコード店ツアー」というのを記事にしました。

これは、いつもお世話になっているブログ『analog Beat』の管理人であるJDさんと私で、札幌市内のレコード店巡りをした記事です。
勿論、この時は私自身が楽しかったということもありますが、札幌を訪問される方がレコード店を回る際に少しでもお役に立てればという意味合いも込めて記事にしました。

しかし、この記事も今となってはあまり役に立たないものになっています。

この時はJDさんと私で6軒のレコード店を訪問したのですが、現時点でこの中の2店舗が閉店、1店舗が3月中に閉店する予定となっています。

閉店したのはMILK RECORDSとKING KONG札幌店で、閉店予定なのはRecords-Recordsです。
MILK RECORDSは昨年の夏の時点で無くなっていましたし、KING KONGは昨年末に閉店してしまったようです。

KING KONGでは昨年の秋頃に古いスカやカリプソの再発盤数枚を割引き価格で購入しましたが、今考えるとあれは閉店前の在庫処分だったのでしょうね。
MILK RECORDSはソウルとジャズの専門店的な要素が強いお店でしたが、それらの品揃えは素晴らしかったので残念です。
(追記:MILK RECORDSは移転して営業中。店名は「Beat Records」に変わっています。)

私は昨年末にRecords-Recordsで古いR&Bやドゥーワップの再発盤を数枚購入していました。
その際に、お店の方から入居している建物が老朽化しているので、年明け早々に近隣の仮店舗へ引っ越しするという話を聞いていましたが、まさか仮店舗のままで閉店してしまうとは・・・

このお店は私が高校生の頃から世話になってきただけに、閉店は非常にショックでした。
基本的に幅広いジャンルを品揃えしていたお店ですが、私の認識では60年代のUSガレージやサイケ物に強く、私が所有しているそれらのレコードやCDの多くはこのお店で購入した物です。
また、B級ブリティッシュ・ビートの再発盤や古いR&Rやブルースの中古盤なども数多く購入してきました。

不思議なもので、ネットで購入した物はどの時期にどこから買ったかなんてあまり覚えていないですけど、実店舗で購入したレコードはいつどこで買ったのかをほぼ記憶しています。
レコードには単に音の記録だけではなく、自分の記憶なども溝に刻み込まれているような気がします。
私がRecords-Recordsで購入したレコードは3桁以上あると思いますが、その分の想い入れも大きかっただけに閉店は非常に残念です。

ここ数年、レコードがブームだと言われていますが、次々と店舗が閉店するのを目にしていると本当かな?と思ってしまいます。
実際、レコードの生産量も増えているのでしょうし、いろいろな媒体でレコードが話題になることも多いです。
しかし、潤っているのは新品やその周辺だけであって、(中古が中心の)実店舗には厳しい状況が続いているのでしょうね。
中古を含めたレコード業界全体が潤わないと、本当のブームとは言えないと思うのですが・・・

でも、そんなことを嘆いていても仕方ありません。
私に出来ることは札幌で営業を続けている店舗を微力ながらも応援することです。
ネット通販やネット・オークションに押され気味の実店舗ですが、やはり現物を手にして買った物は同じレコードでも想い入れが違ってきます。
それに”ジャケ買い”は現物を目にしないと起こりにくい現象でもあります(笑)
札幌市内には前回の記事で取り上げなかった店もありますし、郊外には存在は知っていたけど訪問したことの無い店もいくつかあります。
それに私の知らない店もまだあるかもしれません。

もう少し暖かくなり雪が解けたら、改訂版の「札幌レコード店ツアー」をやろうかと考えています。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

盛岡レコード店ツアー その2 [レコード店]

盛岡で訪問したレコード店です。

Knowledge Records(盛岡市大通3-7-3 1F)
ディスクノート盛岡(盛岡市大通2-8-14 MOSSビル4F)
NEAT RECORDS(盛岡市内丸6-13 Est.21ビル1F)
ACTION TIME VISION(盛岡市大通1-4-10照井ビル4F)

私は盛岡で駅前の宿を拠点にしていますが、この4店舗の中で駅から最も近いお店はKnowledge Recordsです。
このKnowledge Recordsは盛岡市のメインストリート(?)である大通りに面しているので、非常に見つけやすかったのですが、残念なことに訪問した日(水曜日)はお休みでした・・・
次の機会に期待です。

続いて訪れたのはディスクノート盛岡です。
このお店が入居しているMOSSビルは大通りに面しておりませんが、大きな商業施設なのですぐに見つけることができました。
ここはオールジャンルの品揃えをしているお店でしたが、どちらかといえばジャズに力を入れているようでした。
その反面、私がいつも聴いているような音楽(ブリティッシュ・ビートやガレージ物)の品揃えは薄いように感じました。
今回の私のテーマはブリティッシュ・ビート系のUSアルバム、具体的にはANIMALSやPETER & GORDONの未所有タイトルなんかを探すことだったので、ちょっと期待外れでした。
しかし、私の裏テーマ(?)であるスカやロック・ステディの品揃えはわりと豊富でした。
WAILERSの1stアルバムのジャマイカ・オリジナル盤なんかもありましたしね!

このお店で購入したレコードです。
P9140011.JPG
ジャマイカ・ヒルトン・ホテルお抱えバンド(?)、HILTONAIRESの『BIG BAMBOO』です。

ジャマイカ盤なのでレーベルはこんな感じです(笑)
P9140012.JPG
価格は1500円ほどでしたが、前から探していたレコードなので満足しております!

その次に訪れたのはNEAT RECORDSです。
盛岡駅から最も遠い場所にあるお店ですが、ここも表通りに面しているので分かりやすいと思います。
このお店もオールジャンルの品揃えでしたが、ブリティッシュ・ビートやガレージ、サイケなどのUSオリジナル盤が結構ありました。
ブリティッシュ・ビート系ですと、DC5やPETER & GORDONの諸作、GERRY & PACEMAKERSの『I'LL BE THERE』、KINKSの『KONTROVERSY』のUSオリジナル盤などです。
既に所有している物が大半でしたが、ここは意外と穴場かもしれません。

このお店で購入したレコードです。
P9140013.JPG
サンフランシスコのサイケ・バンド、MORNING GLORYの『TWO SUNS WORTH』です。

プロモ盤です。
P9140015.JPG
広告インナー・スリーブも付属していました。
P9140014.JPG
価格は1480円、高いのか安いのかよく分かりません・・・
実はこのグループについても全然詳しくないのですが(汗)、女性ヴォーカリストが在籍しているサイケ・グループなのでJEFFERSON AIRPLANEみたいな感じでしょうか?
これから聴いてみます!

最後に訪問したのがACTION TIME VISIONです。
このお店は大通り沿いの小さな雑居ビルの4階にあるのですが、今回のお店の中では最も見つけにくいと思います。
また、エレベーターの扉が開くとすぐに店内という、非常に入りにくい雰囲気のお店でもあります(笑)
しかし、品揃えは悪くありませんでした。
ブリティッシュ・ビート系はイマイチでしたが、60年代のアメリカ物の品揃えはとても充実していました。

このお店で購入したレコードです。
P9140016.JPG
名前だけは知っていたアメリカのガレージ・バンド、DENNY AND THE RICH KIDSのUSオリジナル盤です。

メジャー・レーベルRCA VICTORから1966年にリリースされたライヴ・アルバムです。
P9140017.JPG
価格は1890円、ちょっと微妙な値段でしたけど内容は悪くなかったので良しとします!

盛岡のレコード店は質・量共に悪くないと思います。
人口30万ほどの都市でこれだけのお店があるのは立派です!

続きを読む


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

盛岡レコード店ツアー その1 [レコード店]

今週は出張で盛岡に行っていました。

盛岡は出張で行く機会が多い場所です。
しかし、今まで盛岡のレコード店に立ち寄ったことは一度もありませんでした。
同じ東北地区でも仙台のレコード店には何度か行きましたけど、盛岡の出張では時間的な余裕がありませんでした。
ところが、今回の出張では予定外の空き時間が出来たので、盛岡市内のレコード店を回ってみることにしました。
急な事だったのでお店の下調べはできませんでしたが、それでも4軒のレコード店を見つけることができました。

今回の収穫です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年はじめてのレコード店 [レコード店]

今日は娘の文房具を買いに街中まで出掛けてきました。

そしていつものことですが、レコード店にも寄り道してきました(笑)

でも、うるさい娘が一緒でしたし、時間もあまりありませんでした。
そのため店内にいるのは10分だけという制限時間を付けられてしまいました(苦笑)

そんなわけで立ち寄れたレコード店は2軒だけになりました。

まずは私が昔から世話になっているお店「Records-Records」からです。
今回の私のテーマはブリティッシュ・ビート系グループのUSアルバムを探すことでした。
しかし、ここでの収穫はゼロでした。
前に来た時と品揃えがほとんど変わっていなかったのは残念です。

そして、次に立ち寄ったのは「KING KONG」札幌店です。
ここでも同じテーマに沿ったレコードを探していたのですが・・・
P1200001.JPG
全く関係ないのを買っちゃいました(笑)
購入金額は2800円。
やや微妙な金額ですね・・・

でも、これの相場はeBayでも安くても$40~50くらいです。
それに日本までの送料を加味すると実質5000円以上にはなるでしょう。
そう考えるとこれも良い買い物だったのかもしれませんね!

nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

地元での年内最後の買い物 [レコード店]

先週の日曜日は娘が通っているピアノ教室の催し物があって街まで行ってきました。

私は寒くなると家の近所くらいしか外出しなくなるので、街中まで行くのは久しぶりでした。
正直なところ街中まで出掛けるのは少々面倒だったのですが、何という偶然か催し物の会場のすぐ裏手には中古レコード店「フレッシュ・エアー」がありました(笑)
当然ですが、ピアノの催し物が終わった後でお店に立ち寄りことを企んでいました。

ただ、催し物が終わってみると外はもう真っ暗です。
それでも、疲れているしお腹も空いているから早く帰りたいという娘をなだめすかし、フレッシュ・エアー行きを強行しました(笑)
しかし、いつものことではありますが、店内では娘の強烈な妨害工作にあいました(苦笑)
お店や他のお客さんの迷惑になってはいけないので、店内にいるのは10分だけという約束をして黙ってもらいました(笑)
フレッシュ・エアーは行き慣れたお店ですから探す時間が10分もあれば大丈夫かと思いきや、肝心なことを忘れていました。
事前にお金を下ろすのを忘れたのです。不覚でした・・・
財布の中を見ると持ち合わせが少なかったので、結局フレッシュ・エアーで買えたのは安レコードが2枚だけでした。

そのうちの一枚がコレです。
PC160001.JPG
HONEYCOMBSのUSアルバム『HERE ARE THE HONEYCOMBS』です。
これは彼らのUK1stアルバム『THE HONEYCOMBS』と内容は一緒で、違うのはアルバムのタイトルとジャケットだけです。
ハッキリ言ってUK1stを持っていれば不要な一枚ですけど、このUSアルバムはステレオ盤ということもあって、話のネタに購入してみました。
すると、予想していた通りこのステレオ盤は疑似ステレオでした。
しかもヒドイ音です(苦笑)
ただ、JOE MEEKが生み出すキテレツなサウンドと疑似ステレオの音は意外なほどよくマッチしています(笑)


もう一枚はHERMAN'S HERMITSのUS1stアルバムです。
PC160003.JPG
このアルバムは何故か今まで持っておりませんでした。
これの内容的なものはともかくとしても、1965年のアメリカにおける英国勢を代表するアルバムなのは間違いありませんからね。
お子様向けの作品だとかは関係無しに、ブリティッシュ・ビート好きならやっぱり持っている必要があるでしょう!

この曲も当然入っていますしね!
何だかんだ言ってもこの曲は大好きです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ちょっと呆れています [レコード店]

今日はかなりどうでもいい話です。

少し前にAmazonのマーケットプレイスで中古の紙ジャケCDを購入しました。
そのCDは盤面は良好で(別にいらないけれど)帯付きということでしたが、いざ届いてみるとちょっとした問題がありました。
どういうわけかCDの中には同じアーティストの別アルバムの解説が入っていたのです。
勿論それでは困るので、私はその旨をAmazonを通して出品者に連絡しました。

すると、出品者である某有名レコード・チェーン店の担当の方から返信メールがきました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。