So-net無料ブログ作成
検索選択
レコードの話 ブログトップ
- | 次の10件

メ直盤 その2 [レコードの話]

昨日から出張に出ています。

今日は写真も無いし、ネタも考えつかないので、前回の焼き直し的な記事です。

dc012311.JPG
ROLLING STONESの『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』のメ直盤です。

もちろんジャケットは3Dになっています。
dc042502-bee55.jpg

裏ジャケです。
dc042521-21cc5.jpg
ジャケット製作はRobert Stace社です。

こちらも『BEGGARS BANQUET』のメ直盤と同じように、”DECCA”のロゴが”LONDON”のロゴに変更されています。
dc042523-72b2d.jpg
また、裏ジャケ右下のレコード番号もNPS 2に変わっております。

レーベルは輸出仕様のLONDONレーベルになっています。
dc012313.JPG
UKオリジナルのステレオ盤と同様、グリーンのレーベルです。
この時期のレーベル面には深溝があります。

通常、DECCAの輸出仕様盤のインナー・スリーブはそれ専用の物が使われるのですが、このアルバムは例外的にUKオリジナルと同じ紅白サイケ・インナー・スリーブが使われています。
dc042525-92580.jpg

もちろん、国内盤なので日本語解説も付いています。
dc042527-c98a2.jpg
解説は『BEGGARS BANQUET』と同じ亀淵昭信氏です。

忘れてましたが、ジャケットはちゃんと見開きになっています。
dc042504-58108.jpg

ちなみにこのメ直盤にはソノシートなどのオマケはありません(笑)

続きを読む


メ直盤 [レコードの話]

今日聴いていたレコードです。
dc012302.JPG
ROLLING STONESの『BEGGARS BANQUET』のUKステレオ盤です。

このステレオ盤は本当に良い音です。
個人的な見解ですが、60年代のUKステレオ盤なら英DECCAの音が一番良いと思います。

でも、このステレオ盤はUK盤と言いつつも、実は国内で発売されたものです。

メーカー直輸入盤、所謂”メ直盤”です。
dc012307.JPG
レーベルは輸出仕様のLONDONレーベルになっています。

ジャケットは英国製でラミネート・コーティングが施されておりますが、”DECCA”のロゴではなく”LONDON”のロゴに差し替えられています。
dc012303.JPG
レコード番号もPSから始まるものに変わっています。

ちなみに通常ならこんな感じです。
dc012305.JPG

付属しているインナー・スリーブも輸出仕様の物が使われています。
dc012304.JPG

一応、これでも”日本盤”なので、解説も付いております。
dc012308.JPG

当時、この盤を購入された方はラッキーだったと思います。
この名盤をこんなに素晴らしい音で聴けたのですから!

それに現在でもこのメ直盤は非常にお買い得な盤です。

このメ直盤の購入価格は3000円くらいでした。
同程度のOPEN DECCA盤なら確実に万単位になると思いますが、どちらも中身は同じです。
違うのはレーベルやジャケットのロゴ、インナー・スリーブだけです。
そんなものには拘らない音質重視の方にリーズナブルなメ直盤はオススメです。

ただ、これがオマケに付いている盤は少し値段が高いようです。
dc012309.JPG
MICK JAGGERへの電話インタビューが収録されたソノシートです。
dc012310.JPG
もちろんインタビューは英語で行われています。
なので、私がこのソノシートを聴いたのは一回だけです。
私のヒアリング能力では何を言っているのかよく分かりませんからね(苦笑)

このソノシートが付属していて、さらに帯まで付いていたら、OPEN DECCA盤以上の値段になると思われます。

続きを読む


- | 次の10件 レコードの話 ブログトップ