So-net無料ブログ作成
独り言のようなもの ブログトップ
前の10件 | -

映画について [独り言のようなもの]

前の前の記事でも触れましたが、ブルーレイレコーダーを購入したのをきっかけに映画のDVDを数枚購入しました。
実はまだ全然見ていないのですが(苦笑)、この週末に娘といくつかの映画は見たいと思っております。

私の映画に対する知識は人並みかそれ以下だと思います。
基本的にレンタル店で映画のDVDは借りないですし、映画館へ観に行くのは年に2回だけです。
それも娘に強制的に連れて行かれるドラえもんとクレヨンしんちゃんの映画ですけどね(笑)
また、我が家ではケーブルテレビにも加入していますが、映画専門チャンネルはまず見ないです。
見るのはスポーツ専門チャンネルか娘が見ているアニメ専門チャンネルくらいです。
ちなみに音楽専門チャンネルも全然見ておりません(苦笑)
いったい何のためにケーブルテレビに加入したのでしょうね(笑)

ただ、私も映画のDVDを全く持っていなかったわけではありません。
あるのは『ブルース・ブラザーズ』や『ドリームガールズ』、『永遠のモータウン』のような音楽関連の映画ばかりでしたが・・・
あと『HAVING A WILD WEEKEND』や『FERRY CROSS THE MERSEY』なんていうのもありましたね(笑)
もちろんELVISやBEATLES、ROLLING STONES関連の映画、それに『ウッドストック』、『ラスト・ワルツ』などのDVDも音楽ファンの一人として当然持っております。

そんな私には特別好きな俳優さんもいなければ贔屓の映画監督もいません。
音楽映画以外には興味のある映画のジャンルもありません。
娘はアニメ映画や『バイオハザード』みたいな気持ち悪いやつ(笑)に関心があるみたいですけどね。

それでも、私が実家にいた頃は両親がレンタルビデオ店で借りてきた映画を一緒に観ていました。
私の両親、特に母親はかなりの映画好きで、今でも相当な数の映画を見ています。
今になって思うと、学生時代までの私はそれなりの本数の映画を見ていたと思います。
あまり内容は覚えていませんけどね(苦笑)

しかし、映画で得た知識は社会人になってから役に立つことが多かったと思います。
あくまでも私の経験上ですが、音楽の知識は一般社会であまり役に立たないことが多い(!?)ような気がしますけど、映画の知識はいろいろな場面で使えることが多いです。
少なくとも巷で名作とされている映画くらいは一般教養のひとつとして見ておくべきだと思います。
音楽とは違って(?)会話のネタとしても使えますしね(笑)
私の両親は特別な意図を持って学生時代の私にいろいろな映画を見せたわけではないかもしれませんが、今ではとても感謝しています。

ただ、今は親となった私が娘に同じようなことをしてきたかというと、そんなことは全くありませんでした(汗)
一応、娘は音楽に囲まれた環境で育ってきたと思いますけど、音楽は自分で何かを感じて聴くものだと思っております。
私の音楽の趣味を娘に押し付けるつもりは全くありません。
音楽はテレビやラジオ、それに街の中、お店の中、様々な場所で耳に入ってきます。
別に私が何かを与えなくても、娘がそこから勝手に好きなものを選択すれば良いと思います。
でも、映画は音楽と違って見ようとする意思がない限り自分の中に入ってきません。
やはりある程度のことは私が導いてやらなければいけないような気がします。
娘に映画の知識があれば別ですけど、興味があるのはアニメ映画くらいです(笑)
特定のものだけではなく、いろいろなジャンルの名作を見せておけば後は自分で好きなものを選んでいくでしょう。

続きを読む


タグ:映画 DVD
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

昔話 [独り言のようなもの]

今回は私の昔話をします。
高校の時の修学旅行の話です。
So-netブログへ移転する前にも少し触れたことですが・・・

私の高校の修学旅行は京都・奈良~東京というコースでした。
京都・奈良へは開業してまだ2年くらいだった青函トンネルを通る寝台列車に乗って行きました。
今時の修学旅行は飛行機で行くみたいですけどね(笑)
ちなみに中学校の修学旅行では青函連絡船に乗りました。
私達が青函連絡船の乗って修学旅行へ行く最後の世代だったのでしょうね。

寝台列車の中ではウォークマンでCLASHの『SANDINISTA!』と、JOE STRUMMERのソロ・アルバム『EARTHQUAKE WEATHER』を聴いていました。
『SANDINISTA!』はその独特な世界観と真夜中の寝台列車の雰囲気とが不思議とマッチしていたのを今でもよく覚えています。
JOE STRUMMERのソロは評判があまり良くなかったように記憶していますが、当時の私は結構気に入っていました。
そうです。
高校生の私はパンク少年でした。

京都・奈良は基本的に団体行動でした。
そこで何を見たかという記憶はあまり残っていません。
私は歴史が好きなんですけどね・・・自主的に見たいと思ったものでなければ記憶に残りにくいのかもしれません。
しかし、東京ではグループ別に自由行動する時間がありました。
そこで私は単独で新宿のレコード店を回ることにしました。
今も昔も私には協調性が足りないみたいです(苦笑)
地元札幌のレコード店には今も品揃えや価格面で少なからず不満がありますけど、当時は今よりも不満が多かったはずです。
当時はネット通販もネットオークションもありませんでしたからね。
札幌では欲しくても入手できなかったレコードやCDも、東京でなら簡単に見つかるのではないかと期待していました。

ちなみに東京へ行くのはその時が初めてでしたが、事前の下調べをほとんどしないで行き当たりばったりの行動をしていました。
今になって考えると少し無鉄砲な行動でしたけど、私は今でも出張先で思いつきのレコード店回りをして迷子になることがあります(笑)
大人になってもあまり進歩していないのかもしれませんね(笑)

そんな修学旅行の際に購入したレコードは以下の3枚です。
予算は一万円までと事前に決めていました。

まずはSIRENの『STRANGE LOCOMOTION』。
P1030001.JPG
DANDELIONレーベルのUKオリジナル盤です。
P1030003.JPG
これは4000円か4500円くらいだったと思います。

次はJUICY LUCYの『LIE BACK AND ENJOY IT』。
P1030004.JPG
米ATCOのUSオリジナル盤です。
P1030006.JPG
これは3000円か3500円だったと思います。
今の相場なら高過ぎる価格かもしれませんね。

最後がKEEF HARTLEY BANDの『SEVENTY SECOND BRAVE』。
P1030007.JPG
米DERAMのUSオリジナル盤です。
P1030009.JPG
これは2500円でした。
これも今の相場なら少し高めかもしれません。

当時の私はUK盤とかUS盤とかの拘りはありませんでした。
というか、そんなことは興味が無かったですし、よく分かっておりませんでした。
高校生でそんな拘りがあったら可愛げがないですよね(笑)
そもそも修学旅行でこんなレコードを買う高校生なんて全然可愛くないですけどね(苦笑)
それにどう見てもパンク少年が買うアルバムでもないですし(笑)

この3枚は当時CD化されていなかったはずですし、地元ではいくら探しても入手できなかったアルバムです。

ただ、この3枚は今の私なら絶対に買わないはずです。
実際、ここ数年間でこれらのアルバムを聴くこと機会はほとんどありませんでした。
私の音楽の嗜好も高校生の頃とは少し違うものになってしまいました。
もちろん昔からずっと聴き続けている音楽もあるのですが・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

急な出張、急な出費 [独り言のようなもの]

この忙しい時期に急な出張が入ってしまいました。
今週末は世間一般だと三連休みたいですけど、これで連休の前半は見事につぶれてしまいます。
もうそんなことは慣れていますけどね・・・(苦笑)
今週の出張は東京都内ですが、空き時間が妙にたくさんあるので時間の調整に困りそうです。
本来なら空き時間を利用して都内のレコード店回りをしたいところですけど、今月は予算をすっかり使い果たしてしまいました。
今回はおとなしくしておいた方が良さそうです(苦笑)

それに、今月は急な出費がありそうな気配です。

長年使い続けてきたターンテーブルDP-37Fの調子が悪くなってしまいました。
PB190003.JPG
これは20数年の間、酷使してきましたからね。
ただ、調子が悪いといってもフルオート機能に少し難があるだけで、手動で使う分には問題がありません。
なので、このままちょっと我慢して使い続けるか、他の機種に切り替えるか非常に悩んでいます。
他の機種に切り替えるとしても、今は深刻な財政難なので買うのは中古品になってしまいそうですが・・・

今回の出張中にどうするのかをじっくり考えます!


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

二枚のアルバム [独り言のようなもの]

私には中学生の娘がいます。

前にもどこかの記事に書いたと思いますけど、娘は私の趣味に全く興味がありません。
むしろ知らず知らずのうちに増殖していったレコードやCDには嫌悪感を持っているかもしれません(苦笑)

娘は常に何かしらの音楽が鳴っている環境で育ってきたので、家の中が無音状態になるのは嫌なようですが、特定の音楽を好むといったことはありません。
小さい頃からピアノを習ってきていますし、音楽そのものに娘が無関心ということはないですけど、父親の趣味には昔から興味がないようです。
娘の幼い時からレコードやCDには絶対に触るなと言い聞かせてきたからでしょうか(笑)

まあ、娘は娘、私は私なので、娘に私の趣味を理解してもらおうなんてことは全然思っておりません。

そんな娘には私が死んだ後のレコードやCDの処分を任せております。
どうやら娘は今から売る気で満々のようですが(笑)、どうせなら高く売ってほしいものです。
売る場所さえ間違えなければ、ちょっとした生活費の足しくらいにはなるでしょう。
そのための商品知識くらいは娘に引き継ぐ必要があるかもしれませんね(苦笑)

ただ、娘は二枚のアルバムだけは売らずに残しておくつもりのようです。

続きを読む


タグ:CD レコード
nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

学生時代の友人達 [独り言のようなもの]

今日は昼間からお酒を飲んでいました。
それも仕事のひとつなのです(苦笑)
少しお酒を飲みすぎたせいなのか、さっきまで頭が割れるように痛かったのですが、ようやく落ち着いてきました。
しかし、今の状態ではとても音楽を聴く気分になりません。
というわけで、今日はレコードやCDの紹介ではなく、個人的な昔話でもしたいと思います。

私の学生時代、音楽好きの友人が何人かおりました。
音楽好きといっても、彼らの好みはそれぞれ別々でした。
ヘビー・メタル好きがいれば、70年代のブリティッシュ・ハード・ロック好きもいる
ユーロ・ビートおたくがいれば、アイドル狂いもいる
パンク少年もいれば、ヒット・チャートマニアもいる
そして、ビート・ロック好きのパンク少年。
それは私か(笑)

みんなの音楽的な志向はバラバラでしたけど、非常に仲が良かったですし、何よりも互いの趣味を尊重し合っていました。
特定の誰かの趣味を「センスが悪い」などと貶すような人はいませんでした。
彼らとはレコードやCDを貸し借りして互いの知識や情報を共有したり、レコード店巡りやライヴに行ったりもしました。
今になって思えば本当に有意義な時を過ごせたと思います。

私の学生時代の音楽的な趣味はある程度偏っていました。
でも、そんな私の視野を広げてくれたのは友人達です。
そこで音楽の楽しさを知ったからこそ、私は今も音楽を聴き続けているのだと思います。

続きを読む


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

閉店 [独り言のようなもの]

閉店といっても、このブログの店じまいをするわけではありません(笑)

今日になって気が付いたのですが、私の地元にある中古レコード店が閉店していました。
どうやら2年以上も前に閉店していたようです。
そのお店は私が高校生の頃から長年世話になってきただけに、閉店することを知っていれば最期を見届けたかったです・・・

そんな私も最近はネットでの買物ばかりで、実店舗に行く機会は激減しています。
中古レコード店が次々に閉店していくのも、そういった時代の流れもあるのでしょうね。
それに一時期はDJブームに乗って、レコード店でも若い方をよく見かけたものですが、最近ではそうでもないように感じます。
別に今はレコードが無くてもDJはできちゃいますからね。

それでもレコードという偉大な文化遺産を次の世代に伝えていくためにも、今生き残っているお店には頑張ってほしいものです。

と言うだけではなく、私も実際に店舗で買物する機会を少し増やさないとダメですね(笑)

私も微力ながら地元のお店を応援していきたいと思います!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

地元のレコード店巡り [独り言のようなもの]

まだまだ寒い日もありますけど、着実に春が近付いているように感じます。

この近年、寒さに耐えられなくなってしまったせいか、私は冬が苦手になってしまいました。
子供の頃は雪が降ったりすると嬉しかったものですけどね(笑)
寒いのが嫌なこともあって、3月中に仕事や日常の買い物以外で外出したのは、娘と映画を観に行ったのと、娘のピアノの発表会だけでした。

しかし、その反動で暖かくなると外に出たくなります(笑)
ちょうど今は冬眠から目覚めた感じです。

今、非常に行きたいと思っているのは、地元のレコード店巡りです。

私はここ数年、レコードやCDをネット通販またはネットオークションで購入しています。
私が主に利用しているeBayや各国のAmazonは入手困難だと思っていたものでも意外と簡単に見つかったりしますし、価格も安いことが多いです。
これらは私のレコード&CD収集の世界を確実に広くしましたけど、実際にレコードを手に取って探したりできないことには寂しさを感じます。

そういえば去年は実店舗に一度も行かなかったと思います(汗)
もう少し暖かくなったら、久しぶりに地元のレコード店を回ってみたいですね!
いつも娘を連れて行くと邪魔ばかりされるので(苦笑)、今度はひとりでじっくりと探索してみたいと思います。

でも、地元にはハシゴが出来るほどのレコード店が今でもあるのかな?(苦笑)

nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日も無駄遣い・・・ [独り言のようなもの]

昨日まで盛岡出張でした。

去年の今頃、私は盛岡駅で震災に遭遇しました。

それ以降、東北へは出張で何度か訪れてはおりましたが、盛岡は一年ぶりでした。

あれからもう一年も経ったのですね。
盛岡には数日間、缶詰状態になりましたが、盛岡の人達には大変温かくして頂きました。
長時間の停電や断水、食料不足の中で、よそ者の私が数日間なんとかしのげたのも、皆さんの親切のおかげです。
それから一年経って、地震そのものの記憶よりも、人々の温かさの方が記憶に残っています。


ところで、3月は毎週出張の予定が入っています。
2月中は頑張ってブログの更新をしてきたつもりですが、これからはあまりブログの更新ができないと思われます。
それでも、ブログのタイトルどおりに、週末を中心にブログの更新をしていきたいと思っております!


またまた話が飛びますが(笑)、私の今年の目標(?)はレコードやCDを必要最低限しか買わないことでした。
今年は他にお金の使い道がたくさんありますからね。
しかし、今日、LP3枚とシングル1枚、CD4枚をまとめて買ってしまいました・・・
今日は出張帰りで疲れていたせいか、判断力がかなり鈍っていたみたいですね(苦笑)

その内訳はこんな感じです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

30年ぶりに聴いたアルバム [独り言のようなもの]

30年ってことはなかったかな?(苦笑)
それでも20数年ぶりに聴くアルバムです。
dc080503.JPG
当時はカセットテープでしたけどね・・・

今はレコードです。
dc080501.JPG

私がはじめて聴いたBEATLESのフル・アルバムはこのライヴ盤でした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KYU SAKAMOTO 'GOOD TIMING' [独り言のようなもの]

特定の音楽に興味を持つことがない私の娘ですが、この曲は唯一の例外です。
dc112302.JPG
「上を向いて歩こう」、ではなくて、
dc112307.JPG
「GOOD TIMING」です。

前にもどこかに書きましたけど、これは私の兄が好きな曲です。
娘は兄(伯父)が大好きです。
現在、兄は遠くに住んでいるので、年に一度くらいしか私に家にはやってきませんが、この曲=兄というイメージがあるらしく、兄を思い出すとこの曲をかけろとリクエストしてきます。

http://www.youtube.com/watch?v=gddw7ETT6Bo

そんな私の娘ですが、寝る時には何か音楽が流れていないと嫌がります。
それは小さい頃から音楽を子守唄のように聴いてきたからでしょうね。

それに娘の勉強中に私が大音量で音楽をかけていても、全く動じることがありません。
さすが私の娘です(笑)

娘には私が死んだらレコードやCDをあげることにしています。
他に大した財産はありませんからね。
娘は私のレコードやCDを売ると、ある程度の金額になることを知っているらしく、今から売る気で満々です(笑)
どうせ売るなら高く売って欲しいものですね(苦笑)

私は娘からあちらに世界に持っていくレコードやCDを一枚だけ選んでおけと言われています。
たった一枚だけか・・・(苦笑)
非常に難しい課題ですね(笑)

nice!(4)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 独り言のようなもの ブログトップ