So-net無料ブログ作成
検索選択
BRITISH BEAT SINGLE ブログトップ
前の10件 | 次の10件

DOWLANDS 'ALL MY LOVING' [BRITISH BEAT SINGLE]

このシングルは前に少しだけ取り上げたことがありましたね。
img020.jpg
DOWLANDSの「ALL MY LOVING」です。
m_dc082401[1].jpg
1963年に彼らの1stシングルとしてリリースされた本作は全英33位まで上昇しました。

DOWLANDSはDAVEとGORDONのDOWNLAND兄弟と、そのバック・バンドであるSOUNDTRACKSによるユニット(?)です。
このユニットのプロデュースを手掛けたのは奇才JOE MEEKです。
また、バック・バンドのSOUNDTRACKSには、後にKING CRIMSONのメンバーになる人達も参加していました。

言うまでもないことですが、「ALL MY LOVING」はBEATLESのカバーです。
BRIAN EPSTEINやGEORGE MARTINが絡んでいないBEATLESカバーとしては、かなり早い時期の作品だと思います。
ただ、彼らはデビュー前のBEATLESとパッケージ・ツアーでドサ回りした経験があるので、BEATLESとの交流も多少はあったのかもしれません。

そんなDOWLANDS版「ALL MY LOVING」ですが、JOE MEEK特有のスペーシーでぶっ飛んだサウンドではなく、妙にまったりとした脱力系カバーになっています。
はっきり言って本家BEATLES版の方が圧倒的にカッコ良く聴こえますけど、これはこれで彼らの個性がしっかり発揮されているような気がします。
BEATLESと同じEMI系アーティストのカバーとは全く違った雰囲気に仕上がっているのが面白いですね!

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GEORGE BEAN 'SECRET LOVE' [BRITISH BEAT SINGLE]

最近は”ブリティッシュ・ビート”とは程遠い内容が続いていたので、久しぶりにブリティッシュ・ビート系のシングル盤を取り上げてみたいと思います。

img019.jpg
GEORGE BEANの「SECRET LOVE / LONELY WEEKENDS」です。
dc031301.JPG
GEORGE BEANのデビュー作であるこのシングルは、1963年にリリースされました。

実は、このGEORGE BEANという人ことを私は詳しく知りません。
私が知っていることといえば、彼がDECCAから4枚、英CBSから数枚のシングルを残しているということと、DECCA時代の曲をROLLING STONESのマネージャー兼プロデューサーであったANDREW LOOG OLDHAMがプロデュースしていたということです。

このデビュー・シングルもANDREW LOOG OLDHAMがプロデュースしています。
このシングルが発売されたのは、STONESの2ndシングル「I WANNA BE YOUR MAN」と同時期で、彼がSTONES以外のアーティストを手掛けたのはこれが最初だと思われます。

このシングルはA面B面共にちょっと屈折した感じの英国流ポップです。
これはある意味、ANDREW LOOG OLDHAMの趣味が丸出しのシングルだと思います。

B面の「LONELY WEEKENDS」です。
http://www.youtube.com/watch?v=xCwIr26y-KI

STONESのプロデューサーとしては”不良性”というイメージを重視していた彼ですが、プロデューサーとして本当にやりたかったのはこういう音だったのかもしれませんね。
このような彼の音楽的な志向が後のIMMEDIATEレーベルの設立に繋がっていったのだと思います。

続きを読む


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

MERSEYS 'SORROW' [BRITISH BEAT SINGLE]

1966年のマージー・ビート、第三弾です。

今度は”1966年モデル”のマージー・ビートです。
img007.jpg
MERSEYSの「SORROW」です。
dc012203.JPG
MERSEYSは地元リヴァプールでポストBEATLESとして騒がれたMERSEYBEATSの残党二人(BILLY KINSLEYとTONY CRANE)によって結成されたポップ・デュオです。

彼らのデビュー作でもあるこのシングルは全英4位まで上昇しました。
この時期のマージー勢としては特大ヒットです。
後にこの曲はDAVID BOWIEが取り上げたことで、もっと有名になります。

この曲のオリジナルは「HANG ON SLOOPY」の大ヒットでお馴染みのアメリカの4人組ロック・グループMcCOYSです。
作者はMcCOYSをプロデュースしていたプロデューサー/コンポーザー・チーム、F.G.G.プロダクションズです。
F.G.G.プロダクションズは偽オーストラリア人名義のインチキ・ユニットSTRANGELOVESとしての活動でも知られています。

McCOYSのオリジナルは比較的シンプルなアレンジのフォーク・ロックですが、MERSEYS版は絵に描いたようなポップ・サイケに生まれ変わっています。


これぞ1966年バージョンのマージー・ビートです!
MERSEYS版「SORROW」が発売されたのは66年の春です。
まだアメリカ西海岸でのマイナーなムーヴメントであったサイケの要素をいち早く取り上げたセンスはさすがです。
とはいっても、彼らはこの曲がヒットしただけの一発屋に終わってしまいましたが・・・

ちなみにこのシングルのプロデュースはKIT LAMBERTです。
ご存知の方も多いと思いますが、彼はWHOのマネージャー兼プロデューサーだった人です。
このシングルは彼のベスト・ワークだと思います。

また、これも多くの方がご存知かと思いますが、MERSEYS版「SORROW」はBEATLESのこの曲にも多大な影響を与えています。


続きを読む


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SEARCHERS 'TAKE IT OR LEAVE IT' [BRITISH BEAT SINGLE]

昨日に引き続き”1966年のマージー・ビート”の代表的なシングル盤を取り上げます。
img006.jpg
SEARCHERSの「TAKE IT OR LEAVE IT」です。
dc011901.JPG
このシングルの全英チャート最高位は31位でした。
往年のSEARCHRS人気と比較すると低すぎる順位ですが、この時期のマージー勢全体としては健闘した部類に入ると思います。
他のマージー系グループの多くはチャート入りすらしなかったのですから・・・

この曲のオリジナルは言わずと知れたROLLING STONESです。
このSEARCHERS版も基本的な部分はオリジナルと同じですが、コーラスやギターの音なんかは実にSEARCHERSらしく仕上がっています。
ただ、少々意外性に欠けるというか、当たり前すぎるカバー曲になっているような気がします。
以前のカバー曲では原曲の良い部分を生かしつつも彼らなりの自己主張をしっかりやってきたのですが、ここではそういった部分が希薄です。
この曲はけっして悪い出来のカバーではないと思うのですが、どうしても彼らにはそれ以上のものを求めてしまいます。
個人的にはSEARCHERS版よりも、オリジナルのSTONES版の方が良いと思っています。


続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GERRY & PACEMAKERS 'LA LA LA' [BRITISH BEAT SINGLE]

”マージー・ビート”の最盛期は1963年から64年にかけての時期でした。

1965年に入ると、ロンドンなど他地域出身のR&B系グループやモッズ系グループに人気が奪われてしまったこともあり、多くのマージー系ビート・グループが失速してしまいます。

翌66年になると、大半のマージー系グループは音楽シーンの表舞台から去ってしまいます。
全英チャートの最前線で生き残っていたのは本家本元のBEATLESくらいでしょうか。
もっとも、この時期のBEATLESは既に”マージー・ビート”の枠から外れていたのかもしれませんが・・・

では、1966年に優れたマージー・ビートは存在しなかったのでしょうか?

けっしてそんなことはありません!
”変革の年”であった1966年にも、しっかりマージー・サウンドは生きていたのです!

その一例がこのシングルです。
img005.jpg
GERRY & PACEMAKERSの「LA LA LA」です。
dc011701.JPG
B面は「WITHOUT YOU」です。
両面ともにGERRY MERSDENのオリジナル曲です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

SEARCHERS '(I'LL BE) MISSING YOU' [BRITISH BEAT SINGLE]

ここ数日は忙しくてなかなか音楽を聴く時間がありません。

そんな中で数日ぶりに聴いたシングル盤です。
img003.jpg

SEACHERSの「WHEN YOU WALK IN THE ROOM」です。
dc011401.JPG
ブリティッシュ・ビート・ファンなら説明不要ですね!
彼らを代表する曲のひとつです(1964年、全英3位)

この曲のオリジナルは才女、JACKIE DeSHANNONです。

SEARCHERS版も素晴らしいですけど、JACKIE嬢のオリジナルもなかなかいいですね!
というか、最近はオリジナルの方が好きです。

個人的にはそれよりもベンチャーズ版の方が好きです!
さらにそれ以上にBILLY J. KRAMER版の方がいいですね!
誰も賛同してくれないでしょうけど(苦笑)

そんなことはどうでもいいのですが、このシングル盤で本当に聴きたかったのはA面ではなくB面でした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

MANFRED MANN 'SHA LA LA' [BRITISH BEAT SINGLE]

このブログの中でも何度か触れていますが、私には小学校高学年の娘がいます。

娘は赤ちゃんの頃から音楽に囲まれた生活を送ってきたはずですが、父の聴く音楽には全く興味がありません。

それどころか、テレビで歌番組なんかをやっていると、「くだらない」と言ってチャンネルを変えてしまいますし、学校の友達とも好きな歌手の話などは全くしないようです。

どうやら、音楽自体にそれほど関心がないみたいです。

そんな娘ですが、いくつかの例外があります。

そのひとつがこの曲です。


MAFRED MANNの「SHA LA LA」です。
娘はこの曲が大好きです。

娘がこの曲を好きになったのは、このCDが原因です。
画像 003.jpg
東芝EMIから出ていた『シャ・ラ・ラ』というCDです。
7、8年前の私はこのCDを愛聴しておりました。
車の中でも常に聴いていたので、とりわけポップなこの曲が幼い娘の印象に残ったようです。
一時期は車に乗ると、必ずこの曲をかけろと騒いでいました(笑)

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ST. LOUIS UNION 'GIRL' [BRITISH BEAT SINGLE]

このシングルの元ネタは説明不要ですね。
dc092701.JPG
ST. LOUIS UNIONのデビュー・シングル、「GIRL」です。

ST. LOUIS UNIONはマンチェスター出身の6人組のビート・グループです。
期待の大型新人として英DECCAからデビューした彼らですが、この曲こそ全英11位とヒットしたものの、その後は失速してしまいます。
結局、彼らは三枚のシングルをリリースしただけで終わってしまいました。

ところで、彼らはデビュー曲として何故この曲を選択したのでしょうか?
あくまでも私の勝手な憶測ですが、このデビュー曲はレコード会社やマネージメント側から押し付けられた(?)のだと思います。
このデビュー曲は結果的にそれなりのヒットにはなったものの、彼らの本領が発揮されているとは言えません。
むしろ、この軟弱(?)なデビュー曲によって、彼らの魅力は半減してしまったと思います。
彼ら本来の姿は硬派なR&B系のビート・グループなのですから・・・

彼らの本質を見事に捉えているのはB面だと思います。
dc092702.JPG
こっちの方がA面よりも断然カッコいいです!
こちらをA面にした方が良かったのに・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

I SHOULD HAVE KNOWN BETTER [BRITISH BEAT SINGLE]

最近、私はMONO BOXのせいでBEATLES一色です。

特に『MONO MASTERS』を中心に聴いてきたせいもあって、ここ数日の間はBEATLESのシングルばかりを聴いています。

つい先程まで聴いていたのはこのシングルです。
dc092501.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SNOBS 'BUCKLE SHOE STOMP' [BRITISH BEAT SINGLE]

今日も新しい記事です。

今日は朝からBEATLESのシングル盤を聴きまくっていたので、BEATLESの記事にしようかと思ったのですが、昨日に引き続きマイナーなシングル盤を取り上げます。

-----------------------------------------------------------------------------

皆さんは”かつら”と”ビート・グループ”といえば何を連想しますか?

ブリティッシュ・ビート好きの多くの方は”かつらビートルズ”ことHULLABALLOOSを思い浮かべると思います(本当か!?)。

1202084880[1].jpg

しかし、1964年のブリティッシュ・ビート・シーンにはHULLABALLOOSもビックリな”かつら”ビート・グループがいたのです。

それが、英DECCAに唯一のシングルを残したSONBSです。
dc062802.JPG

SONBSは4人組のビート・グループです。
彼らは18世紀のジョージ王朝風のかつら&衣装という奇抜な格好と、ストレートなビート・サウンドがウリでした。
日本ならちょんまげのズラに裃姿で演奏、といったところでしょうか?(ちょっと違うか・・・)
しかし、当時のイギリスではそんなイロモノが受け入れられる余地はなく、たった一枚のシングルをリリースしただけに終わってしまいました。
同じかつらビート・グループのHULLABALLOOSも本国イギリスでは全然受けませんでしたからね・・・

しかし、彼らは本場イギリスのビート・グループなら何でもウケた(?)北欧はフィンランドで人気者になります。
その後の彼らは北欧をベースに活躍していたようです。

ホントにあっぱれなB級ビート・グループ人生ですね(笑)

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | 次の10件 BRITISH BEAT SINGLE ブログトップ