So-net無料ブログ作成
検索選択
DC5 US盤 ブログトップ

DAVE CLARK FIVE "THE DAVE CLARK FIVE" [DC5 US盤]

DC5初の2枚組編集盤である本作は、DC5解散後の1971年にリリースされました。
P8100016.JPG

P8110001.JPG
DC5解散後に発売された2枚組の編集盤となると、彼らのキャリアを総括した内容と思いがちですが、実際にはそうでもありません。

本作の収録曲です。

SIDE1
1.GLAD ALL OVER
2.CAN'T YOU SEE THAT SHE'S MINE
3.I NEED LOVE
4.GOOD LOVE IS HARD TO FIND
5.TRY TOO HARD
SIDE2
1.BECAUSE
2.TIL THE RIGHT ONE COMES ALONG
3.HWENEVER YOU'RE AROUND
4.REMEMBER IT'S ME
5.WHEN I'M ALONE
SIDE3
1.HAVING AWILD WEEKEND
2.SITTING HERE BABY
3.CONCENTRATION BABY
4.PLEASE TELL ME WHY
5.INSIDE AND OUT
SIDE4
1.COME HOME
2.I'LL BE YOURS MY LOVE
3.FOREVER AND A DRY
4.BERNEDETTE
5.HURTING INSIDE

という全20曲が収録されていますが、彼らを代表するヒット曲のいくつか(「CATCH US IF YOU CAN」や「OVER AND OVER」、「EVERYBODY KNOWS」など)が抜け落ちています。
それどころか、所謂「ベスト盤」には普通なら選ばれないようなシングルのB面曲などが収録されています。

もうお気付きの方もおられると思いますが、これらは全てCLARK-SMITH(またはDAVE CLARK単独)クレジットの楽曲です。
この時期(71年)のDAVE CLARK(以下、面倒なので社長)はMIKE SMITHと組んでDAVE CLARK & FRIENDSなるユニットで活動していました。
そういった背景もあって、この編集盤にはCLARK-SMITH名義の曲だけをピックアップしたのかもしれませんね。

そのせいで、DC5の優れたコンポーザーでもあるこの2人の影が極めて薄いのは否めませんが、
P8120001.JPG

P8120002.JPG
ビジネスに徹する社長に情けなどはありません(苦笑)

また、(実際にそのような表記はありませんが)本作もSIDE1と3がアップ・テンポやミディアム・テンポの曲を集めた”GO!"サイド、SIDE2と4がスロー・テンポの曲を集めた”SLOW!"サイドと、後期DC5のアルバムにありがちな社長拘りの構成(笑)になっています。

それと、本作最大の目玉は全曲がリアル・ステレオで収録されていることです。
米EPICのアルバムでは67年の『5 BY 5』以降、UK盤では『THE BEST OF THE DAVE CLARK FIVE』以降はきちんとしたステレオ・ミックスになっていますが、それ以前のアルバムのステレオ盤は疑似ステレオ(UK盤はモノラルのみ)でした。
「I NEED LOVE」、「TIL THE RIGHT ONE COMES ALONG」、「WHENEVER YOU'RE AROUND」、「REMEMBER IT'S ME」、「WHEN I'M ALONE」、「HAVING A WILD WEEKEND」、「PLEASE TELL ME WHY」、「I'LL BE YOURS MY LOVE」、「FOREVER AND A DAY」、「HURTING INSIDE」のリアル・ステレオ・ミックスは本作が初登場です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DC5 US EPIC盤コンプリート! [DC5 US盤]

ブログの更新が滞っておりましたが、ロンドン五輪ばかりを見ていて寝不足だったわけではありません。

むしろその逆で、最近は仕事で肉体労働ばかりが続いていたので、家に帰ると中学生の娘よりも早く寝ていました(苦笑)

そんなこんなでオリンピックにも音楽にも無縁な日々が続いていましたが、先日このレコードがアメリカから届きました。
P8100016.JPG
我らがDAVE CLARK FIVEの2枚組です。
最近はネット通販などでの買い物をなるべくしないようにしていましたが、国内で入手困難なレコードは例外です。
P8100019.JPG
これで米ERICから発売されたDC5のアルバムは完全制覇です!

でも、今までこんなアルバムすら持っていなかったのですから、やっぱり私はDC5のマニアやコレクターとは程遠い存在ですね(苦笑)


次回はこのアルバムについて詳しく取り上げようかと思います!


続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE DAVE CLARK FIVE AND THE PLAYBACKS "IT'S HAPPENING" [DC5 US盤]

最近はeBayなどでの買物を控えるようにしているのですが、これは例外でした。
P7240006.JPG
DC5と謎のグループPLAYBACKSの『IT'S HAPPENING』です。

このアルバムは前にも取り上げた
P7220002.JPG
コレや、
P7240005.JPG
コレと全く同じ内容です。

DC5の曲はEMIと契約する前に録音された「IN YOUR HEART」と「CHAQUITA」のみで、他は全てPLAYBACKSの曲です。
P7240008.JPG
P7240009.JPG
CUSTOMというレーベルは、上記の2枚のアルバムをリリースしていたCROWN RECORDSの系列レーベルみたいです。

本作はジャケットのデザインからすると60年代後半にリリースされたと思われますが、ハッキリいってマニアの方か変なモノが好きな人以外には全く不要なアルバムだと思います。
もちろん私は後者です(笑)

また、この手のアルバムにはありがちですけど、これの背表紙にもアルバム・タイトルやアーティスト名などの表記が一切ありません。
背表紙に表記の無いアルバムは疑ってかかれ、という格言がありますけど(笑)、このアルバムもあらゆる面で怪しさ満点です(苦笑)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DAVE CLARK FIVE USオリジナルアルバム解説 1967~68 [DC5 US盤]

すっかりご無沙汰になっていましたが、やっとDC5特集の最終章です。

1967年以降、彼らのアメリカでの人気は急落してしまいました。
この時期の彼らの作品には初期のような個性がないので聴く価値が少ない、という論調もあると思います。
しかし、作品自体は決して悪いわけではありません。
どのアルバムにも必ず光っている曲が収録されています。
売れなくなった=作品が悪い、ということには必ずしもならないと思います。

というわけで、残りのアルバム3枚を早速聴いてみたいと思います!


5 BY 5 (全米119位) ★★
dc021002.JPG
これはDC5をはじめて聴こうとされる方には最もお薦めすることができないアルバムです。
収録曲は全て彼のオリジナルですが、あまり”ポップ”ではありません。
唯一の(小)ヒット・シングルである、「NINETEEN DAYS」(全米48位)にしても、あまり一般受けするような内容とは言えません。
他の収録曲にしても、曲の出来自体はそれほど悪くないのですが、全体的に地味で抜きん出た曲が少ないように思います。
また、全体的にガレージ色が強まっており、それと同時にマイナーな感じも漂ってきています。
ここでの彼らには昨年までの超メジャーな雰囲気はありません。

このアルバムは初心者向けではないかもしれませんが、ガレージ~フリーク・ビート好きの方には楽しめるかもしれません。
DC5のB級バンド的な面が好きな方には堪らない内容だと思います。
そのような方は少ないと思われますが・・・(苦笑)


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DAVE CLARK FIVE USオリジナルアルバム解説 1966 [DC5 US盤]

今回はDC5が1966年にリリースしたアルバムです。
この中にはベスト盤が2枚含まれています。

THE DAVE CLARK FIVE'S GREATEST HITS (全米9位) ★
dc011405.JPG
DC5初のベスト・アルバムです。
最新のヒット曲「OVER AND OVER」(全米1位)など、全10曲を収録しています。

このベスト盤、『GLAD ALL OVER AGAIN』や『THE HITS』のCDをお持ちの方には不要だと思います。
ここに収録されている曲はそれらで全て聴くことが出来ます。
それに今までのオリジナル・アルバムでも、「OVER AND OVER」以外の曲は全て聴くことが出来ます。
そもそも、このアルバム最大の売りである、「OVER AND OVER」自体がそれほど魅力のある曲ではありません。

本作はDC5のアナログ盤を全て揃えたいというマニアの方向けです。
どうしてもアナログでDC5を聴きたいという方には、同タイトルのUK盤が収録曲も多くお薦めです。
このUS盤の良いところは、UK盤の4分の1くらいの値段で購入可能ということくらいでしょうか?

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DAVE CLARK FIVE USオリジナルアルバム解説 1965 [DC5 US盤]

今回はDC5が1965年にリリースしたアルバムです。

最もDC5の脂がのっていた時期なので、どのアルバムも力作揃いです。

COAST TO COAST (全米6位) ★★★★
dc010306.JPG
DC5のラウド・ビートの完成形である、「ANY WAY YOU WANT IT」(全米14位)が収録されているアルバムです。
インパクト大のこの曲を聴くだけでも本作は”買い”だと思います。
それに本作には「EVERYBODY KNOWS(I STILL LOVE YOU)」(全米15位)などの佳曲も揃っています。
本作も全曲オリジナル楽曲ですが、全体的なクオリティーはかなり高いと思います。
DC5流のラウド・ビートから、彼らお得意のロッカ・バラードまでもがバランス良く収められています。
これはお薦めできる内容のアルバムです。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DAVE CLARK FIVE USオリジナルアルバム解説 1964 [DC5 US盤]

DAVE CLARK FIVE(以下DC5)のUSオリジナル・アルバム特集です。

DC5は1964年から68年にかけて、(ベスト盤を含む)14枚のアルバムをアメリカで発表しています。

ここでは、それらを1964年、65年、66年、67~68年の4回に分けて紹介していきたいと思います。

まずは1964年にリリースされた3枚のアルバムからです。

一応、私なりに★印を付けてみましたが、特に深い意味はありませんので無視して下さい(笑)

GLAD ALL OVER  (全米3位) ★★★★★
dc010302.JPG
記念すべきDC5の1stアルバム。
やはり最初に聴くのはコレからでしょう!

DC5の最大の魅力は、彼らが言うところの”ラウド”なサウンドだと思います。
このラウドなサウンドとは、リズム・セクションがこれでもかと強調され、サックスがけたたましく鳴り響くという必要以上に騒々しいサウンドです。
そして、そこにブリティッシュ・ビート史上最強のシンガーであるMIKE SMITHのシャウト・ヴォーカルが乗っかってきます。
そんな彼らのラウド・ビートが最もド派手に展開されているのが本作なのです!

本作には、「GLAD ALL OVER」(全米4位)、「BITS AND PIECES」(全米4位)、「DO YOU LOVE ME」(全米11位)という、彼らを代表する三大ヒット曲が収録されています。
そして、MIKE SMITHのシャウト・ヴォーカルが光る黒っぽい曲や、彼らの隠れた持ち味のひとつであるガレージ色の強い曲も含まれています。
本作の中にはイマイチな曲もいくつかは存在しますが、それを差し引いても充分過ぎるほどにカッコ良く、魅力的だと思います。
DC5の全アルバムの中で最もビート・ロック色が濃いのは本作だと思います。
そんな本作はブリティッシュ・ビート好きの方なら必聴です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
DC5 US盤 ブログトップ