So-net無料ブログ作成

今年の収穫 [レコードの話]

今年はここ数年で最もレコードやCDを買わなかった年でした。
他の出費が多かったのもありますが、私の狭い家では収納場所が限界に近づいています。

そんな状況で購入したレコードは厳選された物のはずですが、実際はそうでもありませんでした。
どちらかと言えばハズレの内容が多かったように思います。

その中でも買って良かったレコードのベスト3はこんなところです。

まずは、前から探していたHELEN SHAPIROの4作目。
PC300007.JPG
内容が良いのはナッシュヴィル録音の前作ですが、カッコいいのは断然こっちです。
値段は少し高かったですけど、それだけの価値はありました。

こちらは全く期待していなかったアルバムです。
PC230001.JPG
BARRY ST. JOHNの『ACCORDING TO ST. JOHN』ですが、「ノーザン・ソウル」というキーワードでレコードを探されている方なら絶対に”買い”の作品です。
ANDREW OLDHAMプロデュースのDECCA期のシングルとは全く印象が異なっています。

BELMONTSの『CARNIVAL OF HITS』はCDも所有していますが、これはレコードで聴くべきだと思います。
PC300012.JPG
音が全然違います。
それに紙ジャケCDは大人の事情(?)でジャケットも違っていますしね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

札幌市レコード店 新規オープン [レコード店]

私は全く知らなかったのですが、札幌市内にレコード店がオープンしていました。

店名は「ファイブ・ワン」、住所は札幌市中央区南2条西1丁目第3広和ビル2Fです。
この店は地下鉄南北線平岸駅の近くにある「Page ONE」の姉妹店(?)のようで、今年7月にオープンしています。

これで狸小路商店街周辺にあるレコード店は、1丁目に「ファイブ・ワン」、2丁目に「KING KONG」、(狸小路商店街から1本外れた通りの)4丁目に「BEAT RECORDS」、7丁目に「フレッシュ・エアー」と、ようやくハシゴすることができる環境になりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CAROL DEENE "A LOVE AFFAIR" [GIRL POP]

つい最近まで、このアルバムの存在は全く知りませんでした。
PC100007.JPG
CAROL DEENEの『A LOVE AFFAIR』です。

WORLD RECORD CLUBから1970年にリリースされています。
PC100008.JPG

PC100009.JPG

CAROL DEENEは1961年に17歳でデビューし、「NORMAN」(1962年、全英24位)、「JOHNNY GET ANGRY」(62年、全英32位)、「SOME PEOPLE」(62年、全英25位)の中ヒットを出しています。
この後に巻き起こる空前のビート・グループ・ブームによって、60年代初頭にデビューした他のティーン・アイドル達と同様、彼女の人気は失速してしまいますが、その後も英HMVやCOLUMBIAなどからコンスタントにシングルを出し続けます。

そんな彼女は60年代の終わりと共にそのままフェードアウトしてしまったものと思い込んでいたのですが、まさかこのようなアルバムを残していたとは・・・
メジャーなEMI系の中でも、ややマイナーなWORLD RECORD CLUBからのリリースというのも盲点でした。

60年代初頭から半ばにかけて人気があったティーン・アイドルではBILLIE DAVISも似たような経歴です。
ただ、BILLE DAVISが英DECCAから同じ1970年にリリースしたアルバムは今やレア盤として人気ですし、CD化もされています。
それに対して、CAROL DEENEの本作はCD化されていないですし、中古市場で人気があるとも思えません。
私はこのアルバムをeBay UKで偶然見かけたのですが、送料も含めた価格は2700円ほどでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。