So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌市白石区、豊平区のレコード店 [レコード店]

札幌市の狸小路商店街といえばレコード店の密集地、というのは過去の話です。
この2、3年で狸小路商店街のある札幌市中央区のレコード店はすっかり少なくなってしまいました。

札幌には中央区以外に、地下鉄南北線北18条駅(北区)、南北線平岸駅(豊平区)、東西線南郷通7丁目駅(白石区)などにもレコード店があります。
店の数は少ないのですが、それぞれ特長のある個性的なお店だと思います。

私はその中でも北18条駅の近くにあるレコード店「楽音舎」(北区北18条西5丁目)に行くことはあるのですが、白石区や豊平区のお店に行く機会はなかなかありませんでした。
しかし、先週末は時間があったので、久しぶりに白石区と豊平区のレコード店へ行ってきました。

まず訪問したのは、地下鉄東西線南郷通7丁目駅から歩いて10分弱ほどの場所にある「サイクルレコード」(白石区本郷通(南)5丁目南4-18)です。
このお店を訪問するのは初めてでしたが、商店街の中ではなく、どちらかといえば住宅地のような場所にあります。
このような立地で営業して大丈夫なのか?と余計な心配をしてしまいます。
店内はそれほど広くありませんが、レコード棚は非常に見やすく好印象です。
品揃えはオール・ジャンルで、在庫内容は国内盤がほとんどです。
古いR&Rやドゥーワップの再発盤などで輸入盤も僅かにありましたが、珍しい盤を見つけることはできませんでした。
ただ、全体的に価格帯はリーズナブルだと思います。
ちなみに店内の壁には、少し前に購入したDEL VIKINGSの『THEY SING...THEY SWING』のUSオリジナル盤が飾られていました。
しかし、値段を見ると1万円超えでした。
勿論、盤やジャケットの状態次第ですけど、これはちょっと高過ぎるかな?

次に訪問したのは、南郷通7丁目駅のすぐそばにある「文教堂書店」(白石区南道通8丁目北1-5大塚ビル1F)です。
こちらを訪問するのは半年ぶりくらいです。
このお店はその名の通り古本なども扱っています。
昔ながらの中古店というたたずまいのお店ですが、レコード棚はきちんと整理されていて見やすいです。
在庫内容は国内盤が中心です。
特にシングルやSP盤は掘り出し物が多数ありそうな雰囲気です。
どちらかといえば邦楽の方が充実している印象ですが、洋楽でも意外と面白い物が出てきたりします。
恐らくマニアの方の処分が多いお店なのでしょうね。
定期的に通うのは難しいけど、たまに訪問すると良い店だと思います。
今回は購入しようか迷った盤がいくつかあったのですが、結局収穫はありませんでした。

そして、南郷通7丁目駅から南北線平岸駅へ移動します。
前にも書いたかもしれませんが、札幌市の地下鉄を土日祝日に複数回乗る場合はドニチカ切符(520円)を買うと便利です。
地下鉄を3回以上乗ると通常の切符を買うよりもお得です。
ドニチカ切符は券売機で購入することができます。

地下鉄平岸駅から10分ほど歩くと、「PAGE ONE」(豊平区平岸1条9丁目2-17平岸ハイツ1F)があります。
このお店を訪れるのは1年ぶりです。
他の店と比べるとやや行きにくい場所にありますが、行ってみる価値がある店だと思います。
品揃えはオール・ジャンルで、在庫量はかなり豊富です。
ブリティッシュ・ビート系の珍しいUSオリジナル盤もありますし、数は少ないですがUKオリジナル盤もいくつかありました。
また、黒人音楽のオリジナル盤・再発盤も充実しています。
ただ、このお店は値段が高めなのが難点です。
ブリティッシュ・ビートのUSオリジナル盤の値段にしても、平均的な価格よりも3割ほど高く感じます。
人気盤や希少盤なら話は別ですが、ブリティッシュ・ビートのUSアルバムで3000円を超える値段だと買う気がなくなります。
黒人音楽のオリジナル盤にしても同様です。
興味深いレコードはいくつもあったのですが、価格面で躊躇してしまいました。
それに在庫が多いのは良いのですが、在庫の半分以上が壁面の棚に収納されています。
壁面の棚ではレコードの背表紙しか見えません。
しかも、棚にレコードがぎっしりと詰められているので、非常に探しにくいです。

しかし、3店舗も回って収穫が無いのも考えものです。
そこで、無理やり(?)探し出したのがこの2枚です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。