So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌市白石区、豊平区のレコード店 [レコード店]

札幌市の狸小路商店街といえばレコード店の密集地、というのは過去の話です。
この2、3年で狸小路商店街のある札幌市中央区のレコード店はすっかり少なくなってしまいました。

札幌には中央区以外に、地下鉄南北線北18条駅(北区)、南北線平岸駅(豊平区)、東西線南郷通7丁目駅(白石区)などにもレコード店があります。
店の数は少ないのですが、それぞれ特長のある個性的なお店だと思います。

私はその中でも北18条駅の近くにあるレコード店「楽音舎」(北区北18条西5丁目)に行くことはあるのですが、白石区や豊平区のお店に行く機会はなかなかありませんでした。
しかし、先週末は時間があったので、久しぶりに白石区と豊平区のレコード店へ行ってきました。

まず訪問したのは、地下鉄東西線南郷通7丁目駅から歩いて10分弱ほどの場所にある「サイクルレコード」(白石区本郷通(南)5丁目南4-18)です。
このお店を訪問するのは初めてでしたが、商店街の中ではなく、どちらかといえば住宅地のような場所にあります。
このような立地で営業して大丈夫なのか?と余計な心配をしてしまいます。
店内はそれほど広くありませんが、レコード棚は非常に見やすく好印象です。
品揃えはオール・ジャンルで、在庫内容は国内盤がほとんどです。
古いR&Rやドゥーワップの再発盤などで輸入盤も僅かにありましたが、珍しい盤を見つけることはできませんでした。
ただ、全体的に価格帯はリーズナブルだと思います。
ちなみに店内の壁には、少し前に購入したDEL VIKINGSの『THEY SING...THEY SWING』のUSオリジナル盤が飾られていました。
しかし、値段を見ると1万円超えでした。
勿論、盤やジャケットの状態次第ですけど、これはちょっと高過ぎるかな?

次に訪問したのは、南郷通7丁目駅のすぐそばにある「文教堂書店」(白石区南道通8丁目北1-5大塚ビル1F)です。
こちらを訪問するのは半年ぶりくらいです。
このお店はその名の通り古本なども扱っています。
昔ながらの中古店というたたずまいのお店ですが、レコード棚はきちんと整理されていて見やすいです。
在庫内容は国内盤が中心です。
特にシングルやSP盤は掘り出し物が多数ありそうな雰囲気です。
どちらかといえば邦楽の方が充実している印象ですが、洋楽でも意外と面白い物が出てきたりします。
恐らくマニアの方の処分が多いお店なのでしょうね。
定期的に通うのは難しいけど、たまに訪問すると良い店だと思います。
今回は購入しようか迷った盤がいくつかあったのですが、結局収穫はありませんでした。

そして、南郷通7丁目駅から南北線平岸駅へ移動します。
前にも書いたかもしれませんが、札幌市の地下鉄を土日祝日に複数回乗る場合はドニチカ切符(520円)を買うと便利です。
地下鉄を3回以上乗ると通常の切符を買うよりもお得です。
ドニチカ切符は券売機で購入することができます。

地下鉄平岸駅から10分ほど歩くと、「PAGE ONE」(豊平区平岸1条9丁目2-17平岸ハイツ1F)があります。
このお店を訪れるのは1年ぶりです。
他の店と比べるとやや行きにくい場所にありますが、行ってみる価値がある店だと思います。
品揃えはオール・ジャンルで、在庫量はかなり豊富です。
ブリティッシュ・ビート系の珍しいUSオリジナル盤もありますし、数は少ないですがUKオリジナル盤もいくつかありました。
また、黒人音楽のオリジナル盤・再発盤も充実しています。
ただ、このお店は値段が高めなのが難点です。
ブリティッシュ・ビートのUSオリジナル盤の値段にしても、平均的な価格よりも3割ほど高く感じます。
人気盤や希少盤なら話は別ですが、ブリティッシュ・ビートのUSアルバムで3000円を超える値段だと買う気がなくなります。
黒人音楽のオリジナル盤にしても同様です。
興味深いレコードはいくつもあったのですが、価格面で躊躇してしまいました。
それに在庫が多いのは良いのですが、在庫の半分以上が壁面の棚に収納されています。
壁面の棚ではレコードの背表紙しか見えません。
しかも、棚にレコードがぎっしりと詰められているので、非常に探しにくいです。

しかし、3店舗も回って収穫が無いのも考えものです。
そこで、無理やり(?)探し出したのがこの2枚です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HELEN IN NASHVILLE [GIRL POP]

サブブログ『新・自己満足レコード館』で記事にするために、久しぶりにこのアルバムを聴きました。
P1080205.JPG
HELEN SHAPIROの『HELEN IN NASHVILLE』(1963年)です。
これは本当に素晴らしい作品です。

本作はアルバム・タイトルにあるようにナッシュビルで録音されました。
レコーディングにはセッション・ギタリストとして有名なGRADY MARTINや、ELVISのバック・ヴォーカルでお馴染みのJORDANAIRESが参加しています。
P1080208.JPG
プロデューサーは彼女をデビュー時から手掛けていたNORRIE PARAMORです。
説明不要ですが、彼はCLIFF RICHARDを大スターにした大物プロデューサーです。
本作でも彼女のために最高の録音環境とミュージシャン達、それにハズレのない良質な楽曲を用意しています。

このようにわざわざ海外まで行って制作されたのにもかかわらず、本作はあまり売れませんでした。
その原因はマージ―ビート・ブームです。
本作の収録前に行われた彼女がメインのパッケージ・ツアーで前座を務めていたのはBEATLESでした(彼女と「FROM ME TO YOU」や「MISERY」についてのエピソードは有名だと思います)。
しかし、本作が発売された頃にBEATLESは彼女を凌ぐほどの大スターになっていました。
彼女の支持層であったと思われる少年・少女達は、みんなBEATLESなど新しいビート・グループに乗り換えてしまったのでしょう。
ただ、あまり売れなかったからといって、本作の内容が悪いわけではありません。
むしろ60年代の英国産ガール・ポップのアルバムとしてはベスト5に入る内容だと思っています。

この時期には(DUSTY SPRINGFIELDが在籍していた)SPRINGFIELDSもナッシュビルでレコーディングをしています。
同じナッシュビル録音でもSPRINGFIELDSが本場のカントリーに挑戦したのに対して、こちらは王道のポップス路線です。
本作の収録曲は非常に質が高いですし、ナッシュビルの腕利きミュージシャン達もいい仕事をしています。
しかし、能天気なアメリカン・ポップスにはなっていません。
純アメリカ産サウンドのはずなのですが、どこから切っても”英国の音”になっています。
やはり、それは彼女の英国的な湿った歌声と高い歌唱力によるものでしょう!
これまでとは全く違った環境下でも堂々と歌い切ってしまう17歳。
本当に凄い才能としか言いようがありません。
でも、中身の良さと売上は必ずしも一致しないんですよね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年の初レコード [ELVIS PRESLEY]

今年の初レコードです。

ELVISの『ELVIS' GOLD RECORDS - Volume 2』です。
P1070211.JPG
これは地元のレコード店「楽音舎」(札幌市北区北18条西5丁目)で購入しました。
USオリジナルのステレオ盤で、購入金額は1980円でした。
ステレオ盤といっても、疑似ステレオですが・・・
P1070213.JPG
レーベルのデザインからすると、60年代中頃にプレスされた盤だと思われます。
P1070214.JPG
ジャケットに少しスレがあり、背表紙は傷んでいますが、盤面はまずまず良好です。
ジャケはVGクラス、盤はEX-くらいの状態でしょうか。
この状態でこの価格なら適正価格だと思います。

このアルバムはジャケットだけでも買う価値があります。
それに超有名ヒット曲満載のGOLDEN RECORDSの1作目よりも、こちらの方が内容的には上だと思います。
50年代のロックン・ローラーとしてのELVISを堪能したいなら、断然このアルバムでしょう!

それにしても、この疑似ステレオ盤はひどく破壊的な音です。
オーディオ的にはまるでダメな音ですが、この時期のELVISの猥雑なサウンドには合っているような気もします。
スピーカーの前で正座して聴くような内容のアルバムではないですしね!

とは言っても、本当はモノラル盤が欲しいですね。
ただ、国内の店でUSオリジナルのモノラル盤を見かけることはほとんどありませんし、eBayでも状態の良い物は結構高い値段です。
GOLDEN RECORDSの1作目は国内でもよく見かけますし、値段も手頃なんですけどね。
USオリジナルのモノラル盤は今年の課題です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

蒲田のレコード店 [レコード店]

先週は日帰り出張で東京に行っていました。

東京には飛行機で午前中に入り、夕方前に仕事が終わっていました。
帰りの飛行機の出発時間は午後7時前です。
羽田空港には午後6時頃に着いていれば問題ありません。
元々、空き時間があれば最寄りのレコード店にでも寄って行こうかと考えましたが、その時点の時刻は午後4時ちょっと前です。
場所はJR品川駅の近くでしたが、新宿や池袋などのレコード店へ行くのには中途半端な状況でした。

そんな時に役立ったのが先日記事にしたレコード+CDマップです。
今回は出張は日帰りだったので空き時間があるのか微妙でしたが、もしものために本を持参してきました(笑)
早速レコード+CDマップで調べてみると、JR蒲田駅の近くに「えとせとらレコード蒲田店」というお店がありました。
品川駅から蒲田駅まではすぐに行けますし、店から京急蒲田駅まで歩いて行けば羽田空港は目前です。
そんなわけで、えとせとらレコード蒲田店へ向かいました。

えとせとらレコード蒲田店(大田区蒲田5-48-1)はJR蒲田駅から歩いて5分ほどの場所にありました。
蒲田という土地柄もあるのかもしれませんが、何となく昭和の匂いがするお店です。
実際、店内の品揃えも邦楽が中心です。
特に邦楽のシングル盤はかなりの品揃えです。
そういった物が好きな方には宝の山のような店だと思います。

しかし、店内の広さと在庫量が全く比例していませんでした。
店内はあまり広いと言えませんが、大量の在庫は整理しきれていないようで山積みされています。
また、通路幅も非常に狭く、店内ではカニのように横向きになって移動しなければいけません。
他のお客さんが来たらすれ違うのは不可能です。
邦楽以外のジャンルの在庫もそれなりに多く、店内を探索してみる価値はあるように感じましたが、そのような状況の中で全ての商品を確認するのは至難の技です。

それでも店内に1時間ほど滞在して2枚のレコードを探し出しました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマスケーキ [レコード店]

私の昨年後半のレコードやCDの購入先は某AmazonやY●hoo!オークション、eBayが中心でした。

地元の実店舗で買い物したのは、6月に音楽ブログ『analog Beat』の管理人であるJDさんとご一緒に数店訪問したのが最後でした。
数少ない地元の店を応援したいという気持ちはあるのですが、昨年の後半はすっかり出不精になっていました。

そのまま年内は地元のレコード店に行くことはないと思っていましたが、クリスマスイヴの日に急遽クリスマスケーキを買うことになってしまい、そのついでにレコード店にも立ち寄ってきました。
大きなスーパーなどではクリスマスイヴの当日でも予約無しでケーキが買えそうですけど、どうせならデパート地下のお菓子屋さんなどで買った方が良いと考えたので、地下鉄に乗って街中まで出掛けてきました。
勿論、ついでにレコード店に立ち寄る口実ですけどね(笑)

地下鉄の大通駅で降りて、デパートの地下でケーキが売られているのを確認してから、レコード店へと向かいます。
以前、地下鉄大通駅周辺にはRecords-RecordsやKING KONG札幌店などのお店がありましたが、すっかり軒数が減ってしまいました。
残念なことに今なら2店だけで用が済んでしまいます。

まず訪問したのは「フレッシュ・エアー」(中央区南2条西7丁目)です。
このお店は当ブログでも何度か登場していますが、品揃えの良さは水準以上だと思います。
ただ、価格帯は首都圏のお店と比べると少々高めです。
この日は年末ということもあって20%オフのセールを行っていましたが、在庫内容も前に訪れた時とあまり変わっていませんでした。
結局、ここでの収穫はありませんでした。

次に訪問したのは「Beat Records」(中央区南2条西4丁目16乙井ビルB1F)です。
このお店はロック系の品揃えはそれほどでもありませんが、ソウルやジャズの品揃えは非常に充実しています。
こちらも全体的に平均以上のお店だと思うので、行ってみる価値はあると思います。

ここでは、前回JDさんと訪問した時に気になっていたレコードを買おうと考えていたのですが、残念ながら売り切れていました。
その代りに購入したのが、この2枚です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。