So-net無料ブログ作成

またまた閉店? [レコード店]

先週はいつもお世話になっている音楽ブログ『analog Beat』の管理人であるJDさんとご一緒に、札幌市のレコード店回りをしたのですが、その前に週には次週の下見も兼ねて札幌市中央区のまだ行ったことのないレコード店回りをしていました。
そこでは(純然たる新規とは言えないお店ですが)、Beat Recordsの品揃えの良さを確認できたのが収穫でした。
実際、買い物をするつもりは全く無かったのにレコードを2枚買ってしまいましたしね(苦笑)

また、先々週は新規のレコード店だけではなく、馴染みのレコード店にも行っていました。
とはいっても、札幌市中央区のレコード店は相次いで閉店してしまったので軒数が減っています。
その時訪問したのは「フレッシュ・エアー」(中央区南2条西7丁目)と「発見洞」(中央区南3条西4丁目アルシュビル4F)の2軒でした。

「フレッシュ・エアー」は定期的に通っている店です。
同じ中央区内のRecords-RecordsやKING KONG札幌店が閉店してしまった現在、札幌市内で最もお勧めできるのはこの店になると思います。
この店ではコレクターやマニアの方の大量処分や海外からの仕入れルートもあると思うのですが、最近は品揃えに大きな変化がありませんでした。
そんなこともあって、先々週もあまり期待をせずに訪れたのですが、新規の入荷があったようで品揃えが少し変わっていました。
その中にはいくつか興味深い盤もあったのですが、値段がちょっと高過ぎでしたね。
これは札幌市内のお店全体に言えることですけど、輸入盤の平均価格は少し高めです。
「フレッシュ・エアー」ではたまに2割引きセールなどが開催されますが、それでちょうど良いくらいの価格になると思います。

「フレッシュ・エアー」には下見目的で行きました。
なので、特に買い物はしなかったのですが、先日大阪出張の際に購入したWILD ONESのアルバムが1000円ほど安く売られていたのにはショックを受けました。
大阪でも2500円は少し高いな~と思いつつ購入したのですが、まさか地元でこんなに安い物を見つけるとは・・・世の中こんなものですね。

「フレッシュ・エアー」を出た後は、同じ狸小路沿いにある「発見洞」へ向かいました。

「発見洞」は狸小路4丁目のアルシュビル4階にあるのですが、何と店が無くなっていました!
ビルの看板や案内坂にはまだ店名がありましたし、ビルの4階フロアー自体が改装中のようにも見えたので一時的な休業かもしれませんが、もしかすると完全閉店のような気もします。

「発見洞」は名物店主で有名(?)なお店です。

続きを読む


続・札幌レコード店ツアー2016 [レコード店]

先日、いつもお世話になっている音楽ブログ『analog Beat』の管理人であるJDさんが仕事で札幌に来られていました。

JDさんが来札されたのは4年前に当ブログで記事にした「札幌レコード店ツアー」以来のことです。
今回も4年前と同様、JDさんに同行して札幌市内のレコード店回りをすることになりました。

しかし、現在と4年前とでは状況が大きく変わっています。
大変残念なことに、この4年の間にRecords-RecordsやKING KONG札幌店など、多くのレコード店が閉店してしまいました。
なので、前回と同じルートを回ることは出来ません。

そこで、前の記事の札幌市中央区で新規開拓(?)した店を含めた、レコード店回りのスケジュールを事前に考えました。
当日はJDさんと午前中に札幌駅近くの宿泊先で待ち合わせることになっていましたが、午後3時には札幌駅から次の仕事先に移動するとのことでした。
ただ、ほとんどのレコード店の開店時間は午前11時以降ですし、昼食や移動時間を考えると、それほど多くの時間はありません。

それらを考慮して練り上げたスケジュール案です。

地下鉄札幌駅 → 地下鉄大通駅 → 市電西4丁目停留所 → 市電東屯田通停留所 → 「音楽創庫タナカ 」(中央区南22条西9丁目1-38電車通り) → 市電すすきの停留所 → 地下鉄すすきの駅 → 地下鉄平岸駅 → 「Page ONE」(豊平区平岸1条9丁目2-17) → 地下鉄大通駅 → 「Beat Records」(中央区南2条西4丁目) → 「フレッシュ・エアー」(中央区南2条西7丁目) → 地下鉄札幌駅 → JR札幌駅

本当は地下鉄東西線南郷7丁目駅近くの「文教堂書店」(白石区南郷通8丁目北1-5)にも行きたかったのですが、この店は札幌駅からは遠すぎますし、国内盤中心の品揃えがJDさんには合わないであろうと判断してカットしました。
また、地下鉄南北線北18条駅近くの「Be-Club」(北区北18条西4丁目)と「楽音舎」(北区北18条西5丁目)は前回のツアー時に訪問したので、時間があれば行くことにしました。

そして、レコード店ツアーの当日を迎えました。

続きを読む


レコード店新規開拓 [レコード店]

ここ最近、札幌市中央区ではレコード店の閉店が続いていますが、中央区には私がまだ行ったことのない店もいくつかあります。

そこで、先週末はレコード店の新規開拓をすべく、それらの店を一通り回ってきました。

しかし、そのうち1店舗は既に無くなっており、残りの4店も営業こそしていましたが、ジャズや邦楽の専門店であったりしたので、私が探し求めているようなレコードやCDは全くありませんでした。
先日閉店してしまったRecords-RecordsやKING KONG札幌店は、私にとって”使える”お店でした。
今回はその代わりになるような新しい店を探そうと思ったのですが、現実はなかなか厳しいです。

勿論、”使える”店や良い店の定義は人それぞれです。
それは聴いている音楽によっても異なりますし、集めているレコード・CDの種類によっても違ってきます。
シングル盤を中心に集めている方もいれば、国内盤ばかり集めている方もいますし、オリジナル盤志向の方もいます。
当然、集めているジャンルの強い所が良い店なのでしょう。
私にとっての良い店は、やはりオール・ジャンルで輸入盤も国内盤もバランスよく品揃えされている店ですが、残念ながら札幌にはそういった店は少なくなってしまいました。

でも、今回は収穫が無かった訳ではありません。

続きを読む