So-net無料ブログ作成

大阪出張 [レコード店]

先日は大阪出張でした。

大阪へは仕事で頻繁に行きますが、大阪市内のレコード店にはあまり行ったことがありません。
もちろん空き時間が無いということもありますけど、大阪の場合は訪問先が決まっており、その近くにはレコード店が存在しないのも大きな理由のひとつです。

しかし、先日の出張は少しだけ時間がありました。
大阪での仕事が終わり、他の地域へ移動するためにJR大阪駅に行ったのですが、駅に着いた時点で私が指定席を取っていた列車の出発時間は1時間半ほど後でした。
中途半端な時間ではありましたが、私一人の出張だったので、梅田のレコード店なら訪問できるかもしれないと思いました。

そう考えたものの、私は梅田近辺のお店を全く知りません。
大阪でも心斎橋などのお店には以前行ったことがあるのですが・・・
そこで、ネット検索をすると、梅田地区では大阪で有名な(?)DISC J.J.本店などの店名が出てきたのですが、時刻は午前11時前です。
残念ながら開店時間が午後のお店には行けそうにありません。
それに同じ梅田地区とはいえ、お店間の距離が少し離れているので、限られた時間の中では行く店を絞った方が良いと判断しました。

そんなこんなで行こうと決めたのが、Music inn(大阪市北区角田町1-10 くろふねビル2F)というお店です。
ここならJR大阪駅から歩いて行けそうな距離ですし、開店時間も午前11時からです。

Music innには11時ちょうどに着くことができました。
しかし、どういうわけかお店は開いていませんでした。
店の外看板にあった開店時間は11:00~とありましたし、店のHPも同様でしたが、店のドアには営業時間12:00~の文字が・・・
実際に開店していないのを見ると12時オープンが正しいのでしょう。
他のお店に移動する時間もないですし、諦めてJR大阪駅まで戻ることにしました。

でも、こういったお店で開店時間が多少遅れるのはよくあること(?)です。
そう思い直し引き返してみると、案の定ちゃんと開店していました(苦笑)
ただ、その時点で時間は11時半近くになっています。
店に滞在できる時間は20~30分くらいです。
本当はじっくりと店内を探索したかったのですが、大急ぎで探し出したのがこの2枚です。

まずは、PETER & GORDONの『KNIGHT IN RUSTY ARMOUR』です。
P5210206.JPG
USオリジナルのステレオ盤で値段は2300円でした。
これでPETER & GORDONのUSアルバムで空いていたパズルが少し埋まります。

もう1枚は、WILD ONESのライヴ・アルバム『THE ARTHUR SOUND』です。
P5210205.JPG
当然ですけど、某若大将命名のGSとは別グループです(笑)
こちらもUSオリジナル盤で値段は2500円でした。
これは以前盛岡のレコード店で見かけて、買おうかどうか迷ったアルバムです。
2500円は少し高いような気がしましたけど、ここで再会したのも何かの縁だと思って購入しました。

Music innは初めて訪問したお店ですが、品揃えは素晴らしかったです。
各ジャンルのオリジナル盤は豊富にありましたし、ブリティッシュ・ビート物のUK&USオリジナル盤も結構な種類がありました。
これだけの品揃えは海外からの仕入れがなければ出来ないでしょうし、地元のコレクターやマニアの方の処分先でもあるのでしょうね。
そんな中でちょっとだけ気になったのは、私が購入した2枚も含めてですが、USオリジナル盤の価格帯が全体的に少しだけ高めだったことです。
しかし、大阪中心街の立地であれだけの在庫を持っていれば、それも仕方ないのかもしれません。
一応、私なりの市場価格もありますけど、eBayなどの取引を一度経験してしまうと、実際の店頭価格と差異が出てしまうのは否めませんしね。
それでも、これだけ内容が充実している店は大変貴重です。
今回はあまり時間が無かったので、また機会があれば訪れてみたいです!


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

lts

poposukeさん、素晴らしいリポート、ありがとうございます。

Music inn には自分がまだ学生だったころ2~3回行ったことがあります。確かに凄いレコ埋蔵量&ほとんどUSオリジナルというグレート・ストックでした。そうか、あの頃から全く変わってないんですね。今もまだ円安基調なので、輸入による仕入れ総額が高くなってしまうのかもしれませんが…自分が行った時も値段は結構張ってましたよ。

DISC JJ 梅田店って、今はあのDisk Union 大阪店に変わったんじゃないでしょうか?関西在住ではないので良く分かりませんが。購入された2枚とも美品そうだし、ナイスレコだと思います。あ~こういう話を聞いてしまうと、本当に旅に行きたくなります(もちろんレコ屋巡り巡礼の旅)。

また出張レコ屋巡りレポート、お願いします。
by lts (2016-05-29 09:47) 

poposuke

ltsさん こんばんは

コメント返しが遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

今回は少ない時間の中、行き当たりばったりで訪問したお店が当たりだったので非常に幸運でした。

>購入された2枚とも美品そうだし、ナイスレコだと思います。

実は先日WILD ONESのレコードが地元の店でかなり安く売られているのを発見してしまいました。
そちらはジャケットの状態がややイマイチだったので、自分の判断が正しかったと言い聞かせていますが、ちょっとだけショックでした(苦笑)

ちなみに、そこではSMALL FACESの『FROM THE BEGINNING』の独オリジナル盤がありました。
値段は6800円でしたが、やはりジャケットにはラミネート・コーティングが施されていました。

>また出張レコ屋巡りレポート、お願いします。

次の出張先はレコード店が存在しない所なので、次回はまた地元の記事になると思います(笑)

by poposuke (2016-06-04 18:35) 

poposuke

Speakeasyさん こんばんは

nice!ありがとうございます!

by poposuke (2016-06-04 18:36) 

lts

こんばんは。

>値段は6800円でしたが、やはりジャケットにはラミネート・コーティングが…

やはり(涙)。こちらもいろいろ調べたんですが、やはり独ラミネがオリジナルのようです。ラミネ盤も入手します(安かったら)。レポートありがとうございました。
by lts (2016-06-08 23:03) 

poposuke

ltsさん こんにちは

独盤は相場感がよくわかりませんね。
地元の店の6800円は高いのか安いのか・・・
私の家にある独オリジナル盤はブリティッシュ・ビート関連のStar-club盤くらいです。

by poposuke (2016-06-11 11:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0