So-net無料ブログ作成
検索選択

スタジオ・ミュージシャン [DAVE CLARK FIVE]

DAVE CLARK FIVEのレコーディングではスタジオ・ミュージシャン(またはセッション・ミュージシャン)が起用されていたと言われています。

実際、スタジオ・ミュージシャンとして著名なドラマーのBOBBY GRAHAMは、DC5の曲の大半は自分が演奏したと主張しています。
また、DC5のレコーディングをサポートしていたLES REEDも同様の発言をしていたと思います。

60年代の英国でスタジオ・ミュージシャンが使わるのはそれほど珍しいことではありませんでしたが、DC5のリーダーでありドラマーでもあるDAVE CLARKはそれをはっきりと否定しています。
初期DC5の曲作りに関わっていたRON RYANも、レコーディングではDAVE CLARK自らがドラムを叩いていたと証言していますし、後期DC5を録音エンジニアとして支えたJOHN MACSWITHも同様の証言をしています。

それぞれ全く異なる説がありますが、一体どちらが正しいのでしょうか?

既に故人となってしまったBOBBY GRAHAMからは、真偽のほどを確かめることは出来ません。
しかし、LES REEDの発言はある程度の客観性があるとも言えます。
ただ、(別の機会に触れますが)DAVE CLARKとはかなり微妙な関係にあると思われるRON RYANの発言も信憑性が高いです。
エンジニアのJOHN MACSWITHはDAVE CLARKのドラムが巧かったので、DC5のレコーディングは常にスムーズに進んでいたとも言っています(笑)

ちなみにBOBBY GRAHAMはBRIAN EPSTEINから(PETE BESTの代わりに)BEATLESへの加入を打診されたとも主張している人です。
こちらの真偽のほどは定かでありませんけど、彼の主張の全てを真実とするのはどうかと思います。
勿論、全てが嘘と断定することもできません。

よくDC5がスタジオ・ミュージシャンを使っていた根拠として挙げられるのは、EMI契約以降とそれ以前ではサウンドが大きく異なっていることです。
EMI以前は非常にショボかったドラムの音が、EMI期からは前面に強調された”ラウド”な音になっています。
この劇的な変化はスタジオ・ミュージシャンの起用によるものだとされています。

それにTV出演時のDC5に”口パク”演奏が多かったことも理由にひとつになっています。
つまり彼らの演奏技術が拙かったので、スタジオ・ミュージシャンを使う必要があったということです。

あくまでも個人的な見解ですけど、DC5のレコーディングにスタジオ・ミュージシャンが使われることはあったと思っています。
しかし、それは部分的なもので、BOBBY GRAHAMが主張していたように”大半の曲で”というのはかなり怪しいと思っています。

私が以前から疑問に思っていることは、本当にスタジオ・ミュージシャンを使う必要があったのかということと、それを決めたのは誰かということです。

私個人の見解は(非常に長くなるので)別の機会に改めて記事にしたいと思っていますけど、DC5とスタジオ・ミュージシャンについて何か具体的なことを知っている方がおられましたらご教示願います!


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 7

hijack

poposukeさんこんばんは。
hijackです。
何の根拠もデータもありませんが、
私も、SMを使ったこともモチロンあるとおもいます。しかし、これはDC5が演奏出来ないとか、下手とかいう問題でないと思います。(そりゃ、スタジオ・ミュージシャンよりは下手でしょうが)
少なくともライブをこなすだけの演奏力は
あり、後のロックミュージシャンの中にも
DC5のライブに影響を受けた人もいるみたいですね。


by hijack (2013-06-10 18:22) 

hijack

書き忘れましたが、
もしマイクスミスがリーダーなら
スタジオ・ミュージシャンを使って
思い通りの音作りをしたかもしれませんね。
by hijack (2013-06-10 18:24) 

poposuke

hijackさん おはようございます

コメント返しが遅れてしまい申し訳ございませんでした(汗)

この記事の続きは次に書くつもりですが、もし社長がスタジオ・ミュージシャンを使っていたなら、理由は他と少し違っていたと思っています。
EMIとの契約以降のサウンドが劇的に変わったのは、スタジオ・ミュージシャンを使ったためだと断定しているブログもありますが、それは一方的なものの見方しかしていないと思います。
少なくとも全ての演奏をスタジオ・ミュージシャンがやっていたのは有り得ないでしょう。
「BITS AND PIECES」なんかのドラムは少々もたつき気味ですが、スタジオ・ミュージシャンならもっと上手く叩けたでしょう(笑)

>後のロックミュージシャンの中にもDC5のライブに影響を受けた人もいるみたいですね。

E STREET BANDのドラマーであるMAX WEINBERGもそのひとりですね。
たしか彼の社長へのインタビュー記事もあるので、このブログでもいずれ紹介してみたいと思います。
ただ、そのインタビューは英文なので、素人翻訳にはかなりの時間がかかりそうです(苦笑)

by poposuke (2013-06-16 08:51) 

poposuke

hijackさん おはようございます

MIKEは(恐らく)メンバーの中で最も音楽的な素養があった人だと思います。
しかし、彼はあまり自己主張をしない人だったので、その才能が存分に発揮されたとは言い難いですよね。
もし、DC5のプロデューサーが社長さんではなかったら、かなり違った展開になっていたのでしょうね。
でも、MIKEの人の良さも魅力のひとつなので、これで良かったのかもしれません(笑)

by poposuke (2013-06-16 09:03) 

poposuke

VooDoo-Boogieさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪


by poposuke (2013-06-16 09:05) 

poposuke

HAtAさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2013-06-30 23:01) 

poposuke

ぼんぼちぼちぼちさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2013-06-30 23:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。