So-net無料ブログ作成
検索選択

追悼 リック・ハクスレー [DAVE CLARK FIVE]

恥ずかしいことについ最近まで知らなかったのですが、デイヴ・クラーク・ファイヴのベーシストとして活躍したリック・ハクスレーが2月11日に亡くなっていました。
101.jpeg
死因は肺気腫だったようで、享年72歳でした。
デニス・ペイトン、マイク・スミスに続いての訃報の言葉がありません・・・

リック・ハクスレーはDC5のメンバーの中で、唯一作曲に参加していませんでした。
また、リード・ヴォーカルをとることもありませんでした。
リーダーのデイヴ・クラーク社長ばかりが常に目立ってしまうDC5ですが、彼はそんなグループの中で最も地味なメンバーだったかもしれません。
しかし、彼はDC5にとって必要不可欠な存在でした。
デイヴ・クラークと共にグループを最初に立ち上げたのは彼です。
グループ結成当初の彼はギタリストとして活躍していましたが、レニー・デビッドソンの加入後はベースに転向し、以後はリズム隊の相棒としてドラムのリーダーをグループの解散まで支え続けます。
彼は派手な存在のベーシストではありませんでしたが、グループの主役であるドラムのリーダーやリード・シンガーのマイク・スミスを的確な演奏で上手く引き立てていました。
常にバンド・サウンドに徹していた彼ですが、初期DC5の”ラウド”なサウンドの構築に彼の骨太なベースは大きな役割を果たしていたと思います。

それに、映画『5人の週末』や『HOLD ON』で彼はコミカルな一面を見せてくれました。

「YOU GOT WHAT IT TAKES」の場面は『HOLD ON』の中で最も好きなシーンです。
こういった映像からは彼の人柄の良さが伝わってきます。


リック・ハクスレーの特集は日を改めてこのブログでやるつもりでいます。
彼のベースが印象的なDC5の曲はいくつもありますからね!
そんな記事を待っている人は恐らく何人もいないでしょうけど、それをやるのはこのブログの義務だと思います。
102.jpeg
私は彼の笑顔を忘れないよ!

nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 8

プリムローズ

実は、この記事を読むまでは、リックが亡くなられたのは知りませんでした。

08年3月の殿堂の表彰式の動画を見た時には元気そうだったのに…と思っていましたが、本当に残念です。

リックに哀悼の意を表します。
by プリムローズ (2013-05-21 01:06) 

poposuke

プリムローズさん こんばんは

この記事へのコメントはゼロだと思っていたので、コメントを頂けて非常に嬉しいです。

私もリックの姿を最後に見たのはロックの殿堂での映像でした。
その時はまだ元気そうに見えましたし、若い時と変わらぬ笑顔が印象的でした。
でも、ヘビースモーカーだった彼は長い間、肺の病気で苦しんでいたようです。
彼の死は本当に残念で悲しいですが、今頃はマイクやデニスと天国で楽しくセッションをやっていると思います。

by poposuke (2013-05-21 21:53) 

hijack

poposukeさんお久しぶりです。
DC5バカのhijackです。
私は、YOU TUBEで
Tribute to Rick Huxley. 1942 - 2013
というタイトルでCOME HOME
がアップされているのを見て知りました。
裏方に徹した、地味ながらも個性的な
ベーシストでしたね。
初期では、I KNOW YOUの重たいプレイと、曲をリードしている、I CRIED OVER YOUが印象に残っています。
また、RETURNで、2曲目と3曲目いずれも、BASSの押し出しからスタートするのも面白いですね。
後期では、GET TOGETHERのうねるBASSが印象的です。

>リック・ハクスレーの特集は日を改めてこのブログでやるつもりでいます。

楽しみにしております。


by hijack (2013-05-25 21:13) 

poposuke

hijackさん おはようございます

「I KNOW YOU」と「I CRIED OVER YOU」、「I NEED YOU, I LOVE YOU」の3曲は私も取り上げようとしていた曲でした。
DC5の曲を改めて聴いてみると、ベースラインが印象的な曲が本当に多いと実感します。
一説によるとDC5のベースは最初期を除くと全てスタジオ・ミュージシャンが弾いていると言われていますが、(個人的な見解ですけど)それは違っていると思っています。
私は演奏面のことには詳しくないですけど、彼のベースには手グセみたいなのがありますし、スタジオ・ミュージシャンならもっと巧く弾いただろうという箇所も多々あります(笑)
それにDC5のレコーディングでは、プロデューサーであり録音費用を払っている社長さんが全ての権限を握っているはずです。
そんな彼がスタジオ・ミュージシャンを使う理由が以前からイマイチ理解できません。
この辺の事情に詳しい人がおられたら教えて欲しいです。

次にブログを更新できるのは少し先になりそうですけど、リック・ハクスレーの特集については必ずやるつもりです。
もう少々お待ち下さいね!

by poposuke (2013-05-27 07:14) 

poposuke

VooDoo-Boogieさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪


by poposuke (2013-06-08 10:24) 

bamukerotwo

ずっと以前にコメントを書かせていただきました、bamukerotwoです。
私もこの記事を読んで初めてリック・ハクスレーが亡くなった事を知りました。私のようなリアルタイムで彼らの曲に接していない者にとっては受け入れなければならない現実なのが悲しいです。

久しぶりに今日はDC5の、特にお気に入りのバラード(I CRIED OVER YOUやFOREVER AND A DAYやI MISS YOUなんかを鬼のように聴きまくっていました) 曲名のづづり間違ってたらすみません。

私事ですが、ちょうど1年前に父が73歳で亡くなり、父の事と共に曲を聴きながらDC5の亡き2人の事を想っていたら、さらに悲しい知らせとは。
言葉もありません。
リック・ハクスレーの特集、是非お願い致します。待っております。
加えて、可能なら教えていただきたいのですが、DC5のインストばかりを集めたレコードをユーチューブで見つけたのですが、このレコードについて教えて下さい。無理だとは思いますが、欲しいです。


by bamukerotwo (2014-11-09 00:56) 

bamukerotwo

訂正
I cried over youはcrying over youの間違いでした。(汗)

by bamukerotwo (2014-11-09 01:08) 

poposuke

bamukerotwoさん コメント返しが遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。

DC5のインスト曲を集めたアルバムは私も知らなかったのですが、『INSTRUMENTAL ALBUM』というタイトルで2010年にリリースされていたようです。
CDなどの現物は見たことがないので、恐らくiTunesストアなどで販売されていると思います。
ちなみに曲数は全15曲で、iTunessでの価格は1800円でした。

リック・ハクスレーの特集は必ず記事にしたいと思っています。
もう少々お待ちください!

by poposuke (2016-03-26 09:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。