So-net無料ブログ作成

THE EYES "THE ARRIVAL OF THE EYES" [BRITISH BEAT]

ここ最近はターンテーブルを動かしていないことに気が付きました。

この数週間はレコードを全く購入していなかったこともありますが、聴くのはCDばかりでした。

でも、たまにはターンテーブルを動かしてやらなければいけないな~と思って、先ほどEPを2枚選んで聴きました。
こういう時にEPは手頃で良いです。
シングルだと短すぎるし、LPだと気が重い時には長すぎます。

まず最初に聴いたEPがコレでした。
11.jpeg
THE EYESの『THE ARRIVAL OF THE EYES』です。
勿論、これは1966年にリリースされたEPの再発盤です。
というか、オリジナル盤の現物なんて見たことがありません(苦笑)

このブログをお読みの方ならご存知かと思いますけど、EYESはTHE WHOのライバル・グループとして売りだされたウエスト・ロンドン出身の5人組モッズ・バンドでした。
彼らはこのEPと、変名グループPUPILS名義でROLLING STONESのトリビュート・アルバムを一枚残しています。
しかし、残念なことに彼らは全然売れませんでした。

このEPにも収録されている彼らの自作曲は非常にカッコ良いのですが、演奏はヨレヨレで荒っぽいですし、プロダクションは雑すぎます。
曲の良し悪し以前にメジャーな存在には絶対になり得ないサウンドだと思います(笑)
彼らのライバル(?)であったWHOやSMALL FACESが売れたのは、勢いや荒々しさの中にもポップで聴きやすい部分が所々にあったからだと思います。

ただ、これはフリーク・ビートというか、ガレージ・バンドが好きな方にはたまらないサウンドだと思います。
雰囲気的にはブリティッシュ・ビートやモッズというよりも、(66年の)アメリカのガレージ・バンドがコピーしたTHE WHOみたいな感じです。
このEPにも含まれている「I'M ROWED OUT」や「MY DEGERRATION」(「MY GENERATION」のアンサー・ソング?)などは明らかにWHOを意識した曲です。
それらを何の先入観もなしに聴くとSHADOWS OF KNIGHTとかCOUNT FIVEなんかの親戚だと思ってしまいそうですけど(笑)、翳りがあって湿り気のある独特のサウンドはやっぱり英国的かもしれません。
個人的にこういう音は嫌いではありません。
むしろ好きな方です(笑)

このEPを聴いたのはしばらくぶりでしたが、60年代のガレージ・バンドを集中的に聴きたくなってきましたね!

もう一枚のEPはコレでした。
12.jpeg
説明不要のDUSTY SPRINGFIELDの1stEPです!
これはEYESと違って安心して聴けるEPです(笑)
有名なタイトル曲の他に、私の好きなこんな曲も収録されています!

ARTHUR ALEXANDERのカバーですけど、これはEPだけにしか収録されなかった曲です。
こんなのがあるからEPは侮れないのです!

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 6

グリンクリン

Dusty Springfield はこんな女性だったのですね、、
髪型もファッションやメイクも当時こんなのが流行っていましたね、、

by グリンクリン (2012-09-11 18:57) 

poposuke

グリンクリンさん こんばんは

nice!&コメントありがとうございます♪

あくまで個人的な見解ですけど、60年代英国の女性シンガーの中で最も実力があったのは彼女だと思います。
どんな曲を歌わせても圧倒的な存在感があります。

>髪型もファッションやメイクも当時こんなのが流行っていましたね、、

彼女はアイドルというより大人の女性といった雰囲気ですが、当時のファッションなどを見るのも楽しいですよね♪

by poposuke (2012-09-11 22:57) 

poposuke

DEBDYLANさん

こちらにもnice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-09-11 23:16) 

Speakeasy

「My Generation」のアンサー・ソング「My Degeneration」がとても気になったので、YouTubeで探しました(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=jvwhSY1FHzI

途中でボ・ディドリー・ビートを使ってみたり、いろいろ試行錯誤が伺えますが、確かにガレージっぽい!

http://www.youtube.com/watch?v=TxzrjPycTs0

「I'm Rowed Out」の方がより、ガレージ、フリーク・ビートしてますね。

いや~、楽しかったです。ありがとう。

by Speakeasy (2012-09-13 23:06) 

poposuke

Speakeasyさん こんにちは

nice!&コメントありがとうございます♪

彼らはPUPILSなる変名バンド名義でROLLING STONESのカバー・アルバムも出しています。
その当時にはよくある廉価企画盤でしたが、STONES以上にラフでやさぐれたカバー曲はそっち系の音が好きな人にとって一聴の価値があると思いますよ!

このEPやSTONESのカバー・アルバムは編集盤CDで聴くことができます。
Speakeasyさんも機会があれば是非!

by poposuke (2012-09-15 12:24) 

poposuke

ぷーちゃんさん おはようございます

nice!ありがとうございました♪

by poposuke (2012-09-16 09:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0