So-net無料ブログ作成
検索選択

ブートDVD [DVD]

この前の日曜日はDVD鑑賞をしました。

まずはDC5の映像集『GLAD ALL OVER AGAIN』

実際の映像の音声は差し替えられておりますけどね(苦笑)

READY STEADY GO!の『OTIS REDDING SPECIAL』、


『SOUNDS OF MOTOWN』、


1964年と65年のNME POLL WINNERS CONCERT、


『THE BIG TNT SHOW』、


最後にDC5の『HOLD ON』です。


これらの共通点は全て60年代の映像であること、そして未だに正式なDVD化がなされていないということです。

『THE BIG TNT SHOW』だけは『TAMI SHOW』と組み合わせた(ちょっと怪しい?)DVDが発売されていましたが、他は全てブートのDVDです。

基本的に私はブートDVDが好きではありません。
素晴らしい映像や音楽の権利に対しては、きちんとした対価を支払うのがそれらを楽しむ方の義務だと思っています。

でも、いつまで経っても正規のDVDが発売されないのなら話は違ってきます。

これらの映像の大半は過去にVHSやLDで発売されたことがありますが、いまさら中古のVHSやLDを購入する気にはなれません。
そもそもLDなんかは再生機自体がありません(苦笑)
そうなると不本意ながらもブートDVDに頼るしかありません。

それにしても、貴重な映像をお蔵入りさせたままなのは非常に勿体ないことです!
ましてや一度はVHSやLDで発売された映像ばかりです。
権利関係の利害なんかがいろいろあるのかもしれませんけど、関係者にやる気と熱意さえあればDVD化も不可能ではないでしょう!

勿論、これらの映像がきちんとDVD化されるのなら、ブートのDVDなんかは不要です。
私も正規盤のDVDに買い替えるつもりです。

ただ、上記の映像のうち4つの権利を握っているのが某社長さんというのが問題です。
このブログで社長といえば一人しかいませんよね(苦笑)
社長はお金に全然困っていなさそうなので、DVD化なんかには興味を示さないかもしれません。

当分の間はブートDVDやYouTube上で楽しむしか方法はなさそうですね・・・


タグ:DVD ブート
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 8

プリムローズ

リージョンの事もあり、輸入DVDには手を出しませんでしたが、最近リージョンフリーのプレイヤーを購入して映像作品を楽しむようになりました。

作品の権利や再発した作品の採算が取れるのかといった難しい現実がありますが、現存する貴重な映像が公式に発売されればいいのに…と思います。

ほとんどが非公式なのは分かっていますが、動画サイトが頼りです。
by プリムローズ (2012-08-24 01:40) 

poposuke

プリムローズさん こんばんは

リージョンフリーのDVDプレイヤーを購入されましたか!
輸入盤の方が国内盤よりも値段が安いですし、国内盤が未発売のDVDも沢山ありますからね♪
楽しみの幅が広がりますし、すぐに元が取れると思います。

>作品の権利や再発した作品の採算が取れるのかといった難しい現実がありますが、現存する貴重な映像が公式に発売されればいいのに…と思います。

記事中の映像のDVD化は、権利関係云々よりも採算面の方が難しいような気がします。
どれも今となっては貴重で歴史的価値のある映像だと思いますが、必ずしも売れるとは限らないですよね。
最初から一部のマニアにしか売れないと分かっている映像なら、リスクを背負ってまでDVD化する会社は少ないと思います。
特にNMEコンサートなんかは権利が複雑そうですし・・・

でも、せめて権利関係がハッキリしているRSG関連の映像くらいは、きちんとDVD化して欲しいものです。
それも社長さんのやる気次第ですけど、やっぱり可能性は低いですね(苦笑)


by poposuke (2012-08-24 21:43) 

グリンクリン

ハ~ッ 懐かしぃーーーー 
特別なファンではないのですが、
Otis Redding、The Supremes、
特にRonettesで Be My Baby
不思議なうれしさ。。。

今日は台風が近づいていますが、いい感じの時間でした。
ありがとう~
by グリンクリン (2012-08-25 13:54) 

poposuke

グリンクリンさん こんにちは

nice!&コメントありがとうございます♪

個人的にSUPREMESはこの曲の頃が一番好きですし、「RESPECT」はOTISの中でも好きな曲のひとつです!
RONETTESは貴重なライヴ映像ですが、これだけを見たいがためにブートのDVDを購入してしまいました(笑)


by poposuke (2012-08-25 17:20) 

Speakeasy

こんにちは、そしてコメント欄では、初めまして!

自分もブリティシュ・ビートが大好きですが、残念ながらDC5については、ベスト盤1枚を持っているだけなので、多くを語れません(笑)

スカ、ブルービートにも大変興味があり、Amazonでディスク・ガイド本を中古で取り寄せたりしているのですが、お金が無いので音源にまで手が届きません(笑と言うより、涙)

話が横道(ボヤキ)へ逸れました!修正!

映像の数々、興味深く観させてもらいました。DC5の「Inside And Out」が印象に残りました。ファッションや音からして60年代の後半だと思われますが、ストリングスの導入や、ほんの少しのサイケデリックな味付けが、雰囲気を作っていますね。

また、面白い映像、話題期待しています。

by Speakeasy (2012-08-26 23:56) 

poposuke

Speakeasyさん こんばんは

コメントありがとうございます♪

残念なことにDC5はオリジナル・アルバムが正規にCD化される可能性が極めて低いです。
ただ、半ブートの怪しい3イン1CDなら今でも入手可能ですよ(笑)
「INSIDE AND OUT」は1967年の曲で、DC5の中では少し変わった雰囲気の曲ですが、上記のような半ブートですと『5 BY 5/YOU GOT WHAT IT TAKES/EVERYBODY KNOWS』という3イン1CDに収録されています。

>スカ、ブルービートにも大変興味があり、Amazonでディスク・ガイド本を中古で取り寄せたりしているのですが、お金が無いので音源にまで手が届きません

私はブルー・ビートやスカをブリティッシュ・ビートの流れで聴いています。
両者には関連性がいくつもありますからね!
でも、あまり深入りすると帰って来れなくなりそうな世界なので、ほどほどに聴いています(笑)

>また、面白い映像、話題期待しています。

かなり偏った内容のブログではありますが、今後とも宜しくお願いします!

by poposuke (2012-08-27 00:23) 

プリムローズ

リージョンフリーのプレイヤーを買ったのは、日本のプレイヤーで再生できないリージョン1のDVDを購入した為です。
(ちなみに、ジェリーとペースメーカーズでした。)

記事の中の作品は全て持っていませんが、この中で特に見てみたいのは、以下の作品です。
「GLAD ALL OVER AGAIN

「NME POLL WINNERS CONCERT」(64年・65年)
「HOLD ON」
(動画サイトで一部は見た可能性があると思います)

「レディー・ステディー・ゴー」等の現存する音楽番組シリーズや60年代ミュージシャン出演映画作品も、いつかはきちんとした形でDVD化されればいいのですが…

その点、「BeatClub」のVol.1とVol.2は本当にありがたい作品だと思います。
by プリムローズ (2012-08-31 01:57) 

poposuke

プリムローズさん おはようございます

NMEコンサートや『HOLD ON !』はYouTube上で探せば見ることができると思いますが、動画サイトですといつ削除されるかわかりませんし、ちゃんとDVD化してほしいですよね。
『GLAD ALL OVER AGAIN』は部分的に動画サイトにアップされていますが、全部を見るのは不可能だと思います。
そうかといって今更VHSやLDを買うのも考えものです。

>60年代ミュージシャン出演映画作品も、いつかはきちんとした形でDVD化されればいいのですが…

DC5やPACEMAKERS、HERMAN'S HERMITSの主演映画は一応DVD化されていますけど、どれも海外盤しか存在しないので日本語字幕が無いのが辛いですよね。

>その点、「BeatClub」のVol.1とVol.2は本当にありがたい作品だと思います。

同感です!BEAT-CLUBのDVD化は本当に素晴らしいと思います。
まだ全部を見ておりませんけどね(汗)

by poposuke (2012-08-31 07:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。