So-net無料ブログ作成
検索選択

DAVE CLARK FIVE "THE DAVE CLARK FIVE" [DC5 US盤]

DC5初の2枚組編集盤である本作は、DC5解散後の1971年にリリースされました。
P8100016.JPG

P8110001.JPG
DC5解散後に発売された2枚組の編集盤となると、彼らのキャリアを総括した内容と思いがちですが、実際にはそうでもありません。

本作の収録曲です。

SIDE1
1.GLAD ALL OVER
2.CAN'T YOU SEE THAT SHE'S MINE
3.I NEED LOVE
4.GOOD LOVE IS HARD TO FIND
5.TRY TOO HARD
SIDE2
1.BECAUSE
2.TIL THE RIGHT ONE COMES ALONG
3.HWENEVER YOU'RE AROUND
4.REMEMBER IT'S ME
5.WHEN I'M ALONE
SIDE3
1.HAVING AWILD WEEKEND
2.SITTING HERE BABY
3.CONCENTRATION BABY
4.PLEASE TELL ME WHY
5.INSIDE AND OUT
SIDE4
1.COME HOME
2.I'LL BE YOURS MY LOVE
3.FOREVER AND A DRY
4.BERNEDETTE
5.HURTING INSIDE

という全20曲が収録されていますが、彼らを代表するヒット曲のいくつか(「CATCH US IF YOU CAN」や「OVER AND OVER」、「EVERYBODY KNOWS」など)が抜け落ちています。
それどころか、所謂「ベスト盤」には普通なら選ばれないようなシングルのB面曲などが収録されています。

もうお気付きの方もおられると思いますが、これらは全てCLARK-SMITH(またはDAVE CLARK単独)クレジットの楽曲です。
この時期(71年)のDAVE CLARK(以下、面倒なので社長)はMIKE SMITHと組んでDAVE CLARK & FRIENDSなるユニットで活動していました。
そういった背景もあって、この編集盤にはCLARK-SMITH名義の曲だけをピックアップしたのかもしれませんね。

そのせいで、DC5の優れたコンポーザーでもあるこの2人の影が極めて薄いのは否めませんが、
P8120001.JPG

P8120002.JPG
ビジネスに徹する社長に情けなどはありません(苦笑)

また、(実際にそのような表記はありませんが)本作もSIDE1と3がアップ・テンポやミディアム・テンポの曲を集めた”GO!"サイド、SIDE2と4がスロー・テンポの曲を集めた”SLOW!"サイドと、後期DC5のアルバムにありがちな社長拘りの構成(笑)になっています。

それと、本作最大の目玉は全曲がリアル・ステレオで収録されていることです。
米EPICのアルバムでは67年の『5 BY 5』以降、UK盤では『THE BEST OF THE DAVE CLARK FIVE』以降はきちんとしたステレオ・ミックスになっていますが、それ以前のアルバムのステレオ盤は疑似ステレオ(UK盤はモノラルのみ)でした。
「I NEED LOVE」、「TIL THE RIGHT ONE COMES ALONG」、「WHENEVER YOU'RE AROUND」、「REMEMBER IT'S ME」、「WHEN I'M ALONE」、「HAVING A WILD WEEKEND」、「PLEASE TELL ME WHY」、「I'LL BE YOURS MY LOVE」、「FOREVER AND A DAY」、「HURTING INSIDE」のリアル・ステレオ・ミックスは本作が初登場です。

そういった物珍しさや、本作自体が全然売れなかった(全米チャート入りせず)こともあって、本作はDC5の米EPIC盤の中で最も希少価値の高い一枚だと思います。
P8110002.JPG

P8110003.JPG

P8110004.JPG

P8110005.JPG
このアルバムの購入金額は送料を含めて3800円くらいでした。
私のDC5のUS盤では最も高い金額になってしまいましたが、それでもこのアルバムとしては安い方だったと思います。

貴重なステレオ・ミックスの数曲は今でもここでしか聴けませんし、肝心の音質面も悪くありません。
少々入手困難ではありますが、探してみる価値があるアルバムだと思います!



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 4

JD

POPOSUKEさん、こんばんは。

僕もこのアルバムの入手が米国盤では一番の難関だったように思います。
全ての面が5曲しかなくあっと言う間に終わるし、全部でたったの20曲と曲数は少ないですが、全曲ステレオミックスでの収録で、しかも音質的にも非常に良く、ファンにとってはとても重要で貴重なアルバムですね。

それにしても3800円くらいとは安かったですね。僕が手に入れた頃は円高ではなかったので4500円以上しました。ジャケットはVGレベルだと言うのに……。

by JD (2012-08-12 05:07) 

poposuke

JDさん おはようございます

2枚組で収録曲がたったの20曲というのはあんまりですよね。
これなら1枚でも収録できそうです(笑)

>それにしても3800円くらいとは安かったですね。

国内ではほとんど見かけないアルバムですが、アメリカでも希少価値が高いのか、安くても$50以上で売られていることが多いみたいですね。

by poposuke (2012-08-18 09:35) 

poposuke

DEBDYLANさん おはようございます

nice!ありがとうございました♪


by poposuke (2012-08-18 09:36) 

poposuke

SORIさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪

by poposuke (2012-08-19 00:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。