So-net無料ブログ作成
検索選択

MIKE FURBER & THE BOWERY BOYS "JUST A POOR BOY" [BRITISH BEAT CD]

私はこのアルバムがCD化されていたことを知りませんでした。
002.jpg
MIKE FURBER & THE BOWERY BOYSが残した唯一のアルバム、『JUST A POOR BOY』です。

本作の主役であるMIKE FURBERは当時18歳でした。
彼はロンドン出身ですが、幼少期にオーストラリアに移住し、当地の仲間達とビート・グループBOWERY BOYSを結成しました。
1965年にレコード・デビューした彼らは「JUST A POOR BOY」をはじめとする数枚のシングルを全豪チャート入りさせました。
その勢いで翌1966年にリリースされたのが、デビュー・アルバムである本作です。

私はこのアルバムの存在を知ってはいたのですが、CD化されていたことを全く知りませんでした。
それを知ったのは、いつもお世話になっているもりたんさんのブログです。
もりたんさん貴重な情報ありがとうございました!

というわけで、早速AmazonでこのCDを購入しました。
このCDはサイケやガレージものに強いradio activeから出ていたのですが、大変不親切なことに曲名などのクレジットがどこにもありませんでした。

参考に曲名・曲順を記しておきます。

1. STOP
2. YOU'RE BACK AGAIN
3. LOVE TALK
4. TAKE THIS HAMMER
5. IT'S GONNA WORK OUT FINE
6. MAILMAN BRING ME NO MORE BLUES
7. JUST A POOR BOY
8. THAT'S WHEN HAPPINESS BEGAN
9. YOU STOLE MY LOVE
10. DIDDY WAH DIDDY
11. MERCY, MERCY
12. IF YOU NEED ME SIDE

ほとんどがカバー曲ですね。
9曲目の「YOU STOLE MY LOVE」はシングルとして発売され全豪チャート入りしましたが、これはGRAHAM GOULDMANが在籍していたMOCKINGBIRDSのカバーです。


普通、18歳のリード・シンガーが在籍しているビート・グループのデビュー作というと、若さと勢いに任せたような暑苦しい(?)作品が多いと思います。
しかし、彼らの場合はちょっと陰があるというか、斜めから物を見たような雰囲気があります。
例えは悪いですけど、彼らには欧州諸国をドサ回りしていたブリティッシュ・ビート・グループと共通したやさぐれた匂いがします。
別に彼らはドサ回りでオーストラリアに来たわけではありませんけどね(笑)
全体的にはガレージ風の曲が多いですけど、中には妙にポップな曲もあって、良い意味でバラエティーに富んだアルバムだと思います。
個人的には結構楽しめる内容でした!

ちなみにその後のMIKE FURBERはソロ歌手になり、70年代はミュージカルなどで活躍したようです。

しかし、彼は73年に24歳の若さで自ら命を絶ってしまいました・・・合掌

ブリティッシュ・ビート好きの方なら彼らの作品を聴いてみる価値があると思いますよ!

でも、彼らは”ブリティッシュ・ビート”の範疇に入るのでしょうか?(苦笑)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

もりたん

おぉ!記事に私の名前が出ている~!
どうもありがとうございます♪

トラックバックもさせていただいちゃいました!
もしかしたら2度送信してしまったかも…(汗)
ダブっていましたらお手数ですが削除のほうヨロシクお願いします…('A`)

そうですよね、マイク・ファーバーはブリティッシュビート系ですから、ポポスケさんの専門分野ですよね!
私はこれはジャケで知ったのですが(ジャケ好きなので!笑)、
聴いてみたら良い曲満載でジャケ買いしてヨカッタと思いました!

マイクさん、若くして亡くなられて、とても残念です…
彼はルックスがキュートだから、アイドル的に見られてたような感じですけど
甘いルックスのわりには黒っぽいやさぐれボーカルで私好みです♪
良いボーカリストですね☆


by もりたん (2012-07-21 18:36) 

poposuke

もりたんさん こんばんは

コメント&トラックバックありがとうございます♪

もりたんさんはジャケ買いでしたか!
私はもりたんさんの記事でCD化していることを知りました。
おかげ様で良い買い物ができたと思います♪

>彼はルックスがキュートだから、アイドル的に見られてたような感じですけど

残された映像を見る限りは完全にアイドル的な扱いですよね。
なんせデビュー時はまだ十代でしたしね。

>甘いルックスのわりには黒っぽいやさぐれボーカルで私好みです♪

彼はもの凄く歌が上手いというわけではないですし、本格派のような”黒っぽさ”ではないですよね。
でも、若くして独特な雰囲気を持っていますし、私も好きなタイプのヴォーカリストですよ♪

by poposuke (2012-07-22 23:43) 

poposuke

DEBDYLANさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪


by poposuke (2012-07-22 23:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。