So-net無料ブログ作成

ERIC BURDON AND WAR "THE BLACK-MAN'S BURDON" [ANIMALS]

かなり前の記事にも書いたことがありますけど、私にとってERIC BURDONは特別な存在のシンガーです。

もちろん、ANIMALS、ERIC BURDON & ANIMALS、ERIC BURDON & WARのアルバムは全て揃えています。

ただ、いくら特別な存在だからといっても、彼の全ての作品が良いとは思っておりません。

中には何度聴いても好きになれない作品もあります。
アルバム単位でいうとERIC BURDON & ANIMALSの『WINDS OF CHANGE』や陰気臭い『EVERYONE OF US』なんかはあまり好きになれないですし、曲単位では「朝日のあたる家」や「悲しき願い」も好きにはなれません。
こんなことを書くと「コイツはわかってないな~」なんて言われそうですけど、日本では上記2曲がANIMALSの代表作だと思われているからこそ、若い世代から懐メロ・バンド、または垢抜けないグループみたいに扱われているのではないでしょうか?
ANIMALSは知名度があるわりに過小評価されているグループだと思います。
彼らは上記2曲だけの存在ではありませんし、他の曲の魅力がきちんと伝わりさえすれば、ANIMALSやERIC BURDONの評価はかなり変わってくると思っております。

個人的にERIC BURDON絡みのアルバムでよく聴くのは、ANIMALSだと『ANIMALISM』、ERIC BURDON & ANIMALSだと『LOVE IS』、それと実質的なソロ作品『ERIC IS HERE』などです。

そして、それら以上によく聴くのが、ERIC BURDON & WARです。

私がERIC BURDONのライヴで一番印象に残ったのは、ERIC BURDON & WARのヒット曲「SPILL THE WINE」でした。
ただ、ERIC BURDON & WARの巷での評価はANIMALS以上に微妙です。
過小評価気味とはいえ、ANIMALSは音楽ファンの間でそれなりの話題にはなりますが、ERIC BURDON & WARは話題になること自体が少ないような気がします。
もちろん、ERIC BURDONから独立した後のWARの評価は非常に高いのですが・・・

それでも、ヒット曲「SPILL THE WINE」(70年 全米3位)を含む彼らの1stアルバム『ERIC BURDON DECLARES "WAR"』は結構売れたこともあって(全米18位)、それなりに評価されているように思います。

でも、この2作目はどうなのでしょうか?
dc040101.JPG
アルバム・タイトルに取っ付きにくさを感じる方もおられるかもしれません。

それに裏ジャケもちょっとやりすぎですし、
dc040102.JPG
見開き部はもっとやりすぎです(笑)
dc040103.JPG
もちろん、アルバムのコンセプトを考えたのはERIC BURDONです。
dc040104.JPG

1970年にリリースされた本作は2枚組ということも影響したのか、全米82位という結果に終わってしまいました。

本作も前作同様、ファンク、ラテン、アフロ、ジャズ、R&R、という様々な音楽がごった煮になっています。
本当はWARと組んで本格的なブルースをやりたかったかもしれないERIC BURDONですが、残念ながらそれは無理でした(笑)
しかし、彼らと組むことによって、結果的にコンプレックスであった(?)黒人音楽の壁を乗り越えることに成功したのだと思います。
この『THE BLACK-MAN'S BURDON』というアルバム・タイトルも、ERIC BURDONの黒人のようになりたいという悪あがきではなく、人種や音楽の枠をぶち壊すんだ!という強い意志の表れなのでしょう。
意味深な裏ジャケや見開きのデザインもそれを物語っています。
ちょっとやりすぎではありますけどね(笑)

また、「SPILL THE WINE」もそうでしたが、ERIC BURDONの即興性の強いヴォーカルはここでも健在です。
ERIC BURDONはWARのジャム・セッション中に即興で歌をのせるという方法で曲を仕上げていたみたいですが、こういったスタイルこそが彼らの真骨頂だと思いますし、そんなことが簡単に出来るERIC BURDONは本当に天性の才能を持ったシンガーなのだと思います。

本作では再びこの曲も取り上げています。


前作『ERIC BURDON DECLARES "WAR"』と本作、どちらも非常に素晴らしい出来ですが、はっきり言って前作の方が聴きやすいです。
でも、度々聴きたくなるのは本作の方です。

学生時代にERIC BURDONのライヴを体感した私はすぐにERIC BURDON & WARのアルバムを探しました。
しかし、当時は本作も前作もCD化されていなかったため、仕方なくどちらも国内アナログ盤を入手しました。
それもライヴから2、3年後のことです(笑)

でも、今ではどちらもCDで簡単に入手可能です。
ERIC BURDON & WARの作品は、ANIMALS(またはERIC BURDON)=「朝日のあたる家」「悲しき願い」、と思っている方々に是非とも聴いてほしいと思います!
きっとERIC BURDONの違った魅力や才能を発見することができると思いますよ!


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 8

poposuke

DEBDYLANさん 

こちらにもnice!ありがとうございます♪

by poposuke (2012-04-03 07:10) 

poposuke

ハマコウさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2012-04-03 07:11) 

poposuke

(。・_・。)2kさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪


by poposuke (2012-04-03 07:12) 

t-izu

poposukeさん、こんにちは

この2枚組は、私が初めてリアル・タイムで購入したERIC BURDONのアルバムです。国内盤で4000円、おそらくお年玉でも突っ込んだんだと思いますが、そうまでしたのは、MICK JAGGERと並ぶ伝説のロック・シンガーの最新作を聴きたかったからで、やりすぎの内ジャケは知りませんでした(笑)。

ここで伝説という言葉を使いましたが、当時既にE.Burdonの存在は、60年代からアニマルズを聴いてきたコアなファンを別にすれば、一般的には過去の人になりつつあった様に記憶しています。もっとも私が子供だったせいでそう感じただけかも知れませんが。

poposukeさんがおっしゃるように、アニマルズは「朝日のあたる家」や「悲しき願い」だけじゃありませんし、poposukeさんが上げたアルバムは今なお聴く価値があることに強く共感します。

反面、Burdonという人は70年代の新しいロックの波にうまく乗れなかったなぁ、という思いも強くします。WARに逃げられた(?)後、70年代半ばに発表された2作も力作ではあるものの、もうひとつピンと来ませんでした。

最後に大枚をはたいた上記のアルバムですが、長尺な曲が多いうえBurdonのヴォーカルは呪文のようで、長らくその魅力が理解できませんでしたが、今はBurdon関係では好きな一枚です。
by t-izu (2012-04-05 11:44) 

poposuke

t-izuさん こんばんは

このアルバムは最初に聴くには少々取っ付きにくいかもしれませんね(笑)
私が最初に聴いたアルバムは『WINDS OF CHANGE』でした。
当時、国内盤はそれしか売られていなかったと思いますけど、あまりに暗~い感じの内容だったので(苦笑)非常にがっかりしたのを覚えています。
ちなみに今でもその印象は変わりません(笑)

>Burdonという人は70年代の新しいロックの波にうまく乗れなかったなぁ、という思いも強くします。

同感です。
本作の時点ではむしろ最先端を行っていたと思いますけど、それ以降は彼のいろんな意味での不器用さが災いしている感じがしますね。

>大枚をはたいた上記のアルバムですが、長尺な曲が多いうえBurdonのヴォーカルは呪文のようで、長らくその魅力が理解できませんでしたが、今はBurdon関係では好きな一枚です。

私も最初はイマイチな感じがしましたけど、聴けば聴くほど味が出てくるアルバムだと思いますよ♪

by poposuke (2012-04-05 22:50) 

poposuke

ぷーちゃんさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2012-04-05 22:51) 

poposuke

マチャさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪
by poposuke (2012-04-05 22:52) 

poposuke

HAtAさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪
by poposuke (2012-04-05 22:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0