So-net無料ブログ作成
検索選択

FOURMOST "THE FOURMOST SOUND" [MERSEY BEAT]

先日入手したFOURMOSTの1stEPです。
img148.jpg
1964年にリリースされた本作は全英15位を記録しました。

このEPの収録曲は、
dc031701.JPG
彼らの2ndシングル「I'M IN LOVE」(全英17位)のA・B面と、
dc031702.JPG
デビュー・シングル「HELLO LITTLE GIRL」(全英9位)のA・B面です。

BEATLESファンの方ならご存知でしょうが、「HELLO LITTLE GIRL」と「I'M IN LOVE」はLENNON-McCARTNEYの提供曲です。
元々、「HELLO LITTLE GIRL」はGERRY & PACEMAKERSの3rdシングル用として、「I'M IN LOVE」はBILLY J. KRAMER WITH DAKOTAS用のシングルとしてレコーディングまでされていましたが、両方ともお蔵入りになってしまったため、最終的に同じBRIAN EPSTEINのマネージメント下でデビューすることになったFOURMOSTに振り分けられることになりました。

ちなみにPACEMAKERS版の「HELLO LITTLE GIRL」はかなり良い出来です。
そのままシングルとしてリリースされたとしても大ヒットしたと思われますけど、PACEMAKERSはライバル・バンドの曲なんてやりたくなかったのでしょうね。
代わりにリリースされたのが「YOU'LL NEVER WALK ALONE」です。
今ではサッカー・ファンにすっかりお馴染みの曲ですね。

BILLY J. KRAMER版の「I'M IN LOVE」も決して悪くはない出来です。
この時期のBILLY Jにしては珍しく(未完成テイクということもあるのでしょうが)ちょっとシャウト気味に荒々しく歌っています。
でも、結局ボツになってしまったのは、そんな彼の荒っぽい歌い方がマネージメントや制作者側のイメージしていたものとは違っていたからなのでしょうね。
BRIAN EPSTEINやGEORGE MARTINは彼をクルーナー系シンガーとして売り出したかったのだと思います。
その方がBEATLESやPACEMAKERSとの住み分けが確実にできますからね。
BILLY J自身はR&Bシンガーを目指していたみたいですが・・・
あと、デビュー・シングルから3曲続けてLENNON-McCARTNEY提供曲だったのも問題があったのかもしれません。
それで、代わりに出たシングルが「LITTLE CHILDREN」。
彼の代表曲のひとつでもありますが、個人的にはちょっと・・・

FOURMOST版の「HELLO LITTLE GIRL」と「I'M IN LOVE」ですが、「HELLO LITTLE GIRL」は仕上りが端正すぎて、やや物足りない感じがします。
どちらかといえば、「I'M IN LOVE」の方が彼らのイメージに合っているような気がします。
この曲はどこを切っても典型的なJOHN LENNONの曲ですが、彼らの個性もしっかり発揮されていると思います!
それにシングルではB面だった「RESPECTABLE」のカバーもなかなか良いです。
でも、この曲はビート・グループなら誰がカバーしてもカッコ良く聴こえるかな!?

また、BEATLES版の「HELLO LITTLE GIRL」は『アンソロジー』に収録されていますが、BEATLES版「I'M IN LOVE」は公式にレコーディングされていなかったはずです。
BEATLESが『WITH THE BEATLES』や『A HARD DAY'S NIGHT』辺りで正式に取り上げていたらどうなっていたのでしょうか?
そんなことを考えながら、このEPを聴くのも楽しいかもしれませんね!


nice!(13)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 13

コメント 17

JD

POPOSUKEさん、こんばんは。

BILLY J.の「I'M IN LOVE」ですが、没になったのはうまく歌えなかった(ものにできなかった)からだと、この曲が初出となったCDのライナーにBILLY J.本人がコメントを寄せています。
録音当日はJohn Lennon立会いのもと、「I'll keep you satisfied」と「I'M IN LOVE」を録音したのですが、残念ながらその日に両方をものにすることはできなかった、とのコメントです。
うまく行ってれば、また両面Lennon-McCartney作品になっていたかもしれません。

CDのライナーには、KeyがBILLY J.には合っておらず、20テイク以上を費やした後にKeyを変えるとすんなりとうまくいった「Bad to me」と似たケースだとの指摘も。
「I'M IN LOVE」は32テイク目が発表されたものです。

91年5月にミキシングされたので、十分聴けるテイクになっていますが、音数からして、セッション時点で発表見合わせが確定したのではないかと僕は思っています。
by JD (2012-03-19 04:36) 

リリコ

"Hello Little Girl"好きな曲の1つです^^
入手されたとは羨ましいです~~(>_<)
by リリコ (2012-03-24 12:24) 

poposuke

JDさん こんばんは

コメント返しが遅れてしまい申し訳ございませんでした。

BILLY J.は声域が広くありませんから、キーが合わない曲は苦し紛れで(?)シャウト気味になりがちです。
BILLY J.版の「I'M IN LOVE」もそんな感じだと思います。

最終的に曲の可否を決めるのはGEORGE MARTINだと思いますが、これ以上やってもダメだと判断したのでしょうか?
他の曲のようにキーを変えたり、曲のテンポを変更するなりの方法があったと思うのですが・・・
ただ単に30テイクもやって疲れただけかもしれませんね(笑)

by poposuke (2012-03-26 00:06) 

poposuke

リリコさん こんばんは

コメント返しが遅れてしまい申し訳ございませんでした。

「HELLO LITTLE GIRL」のシングルは以前から持っていたのですが、「I'M IN LOVE」は未所有でした。
多分、このEPを買うよりも、「I'M IN LOVE」のシングルを買った方が安上がりだったと思います(笑)
でも、ピクチャー・スリーブ付きのEPは趣きがあって良い感じですよ♪

by poposuke (2012-03-26 00:13) 

poposuke

ハマコウさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪

by poposuke (2012-03-26 00:14) 

poposuke

マチャさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:15) 

poposuke

(。・_・。)2kさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪


by poposuke (2012-03-26 00:15) 

poposuke

DEBDYLANさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:16) 

poposuke

ぷーちゃんさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:17) 

poposuke

VooDoo-Boogieさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:18) 

poposuke

そらへいさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:19) 

poposuke

HAtAさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:20) 

poposuke

えーちゃんaaaさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:21) 

poposuke

りぼんさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪

by poposuke (2012-03-26 00:21) 

poposuke

ゆきママさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:22) 

poposuke

arashiさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:23) 

poposuke

siroyagi2さん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2012-03-26 00:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。