So-net無料ブログ作成
検索選択

GERRY & THE PACEMAKERS [MERSEY BEAT]

今日はおまけのブログ『新・自己満足レコード館』で、GERRY & PACEMAKERSの1stアルバムを取り上げました。

そして、次回はこの傑作アルバムが登場予定です。
dc021922.JPG
この『FERRY CROSS THE MERSEY』は同名映画のサントラ盤ですが、同じようなアルバムであるBEATLESの『A HARD DAY'S NIGHT』や『HELP!』と比べても遜色ない内容です。
というか、個人的には『HELP!』だったら、こちらの方が断然上だと思っています。

それは映画でも同様です。

映画『A HARD DAY'S NIGHT』を面白いと思われた方なら、この映画だって楽しめるはずです。

中華料理店でいきなり歌い出す、お行儀の悪い彼らも実に魅力的です(笑)

最後の方には熱狂のバンド・コンテストのシーンもあります!


この映画は日本語字幕が無くても大体の内容が理解できてしまうという素晴らしい作品です(笑)

でも、映画『A HARD DAY'S NIGHT』や『HELP!』をきちんと観た方はかなり多いと思いますけど、この映画の全編を観た方はどのくらいいるのでしょうか?
この映画は日本で未公開でしたし、(正規では)DVD化されていないので、全てを観た方は意外と少ないと思います。
多分、YouTubeなどでは断片的にしか観ることができないと思います。

ブート(?)DVDなら容易に入手できるんですけどね・・・
img143.jpg
このDVDなら1000円くらいで入手可能だと思います。

この映画はマージー・ビートのドキュメント的な要素はもちろんですけど、当時の英国の空気を感じるのには最適な作品だと思います。
そして何よりも挿入曲が素晴らしい!
オッサンみたいな顔で”アイドル”をやっているGERRY MARSDENを眺めているだけでも、楽しい気分になれますしね!(笑)


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 6

JD

POPOSUKEさん、こんばんは。

この映画、AmazonUKでDVDをwish listに入れたまま何年か経過してしまいまいました。
もう少し早ければ正規で買えたみたいなのですが。
いつかは必ず観てみたいです。

US盤LPは収録アーティストが違うので、米国上映版はアーティストの差し替えもあるのかな?
そういうのも気になっています。

そう言えば事後報告で申し訳ないですが、Supremesの記事に便乗させてもらいました。
どうもありがとうございました。
by JD (2012-02-25 02:50) 

poposuke

JDさん こんにちは

過去には映画の正規DVDも出ていたのですね!
映画の内容ですが、彼らのキャラクターを反映させているせいか、コメディー的な要素が強いです。
それでも、最後のバンド・コンテストのシーンなどは非常に迫力がありますし、某社長さん主演の映画よりは”ビート・グループ”らしい好内容の映画だと思います♪

USアルバムに収録されているビート・グループ3組はバンド・コンテストのシーンで登場します。
FOURMOSTやCILLA BLACKも同じシーンで出演していますけど、先の3組とはかなり扱いが違っていますね(笑)
FOURMOSTはPACEMAKERSのライバル・バンド的な扱いで、CILLA BLACKはトラブルに巻き込まれたPACEMAKERSのピンチヒッター役で出てきます。
特にCILLA BLACKのシーンは必要以上に長いです(笑)
多分、映画の内容は英米ともに同じだと思いますよ!

by poposuke (2012-02-25 12:47) 

poposuke

shin.sionさん こんにちは

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2012-02-25 13:02) 

poposuke

タッチおじさんさん こんにちは

nice!ありがとうございます♪


by poposuke (2012-02-25 13:02) 

poposuke

HAtAさん こんにちは

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2012-02-25 13:03) 

poposuke

マチャさん こんにちは

nice!ありがとうございます♪
by poposuke (2012-02-26 13:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。