So-net無料ブログ作成
検索選択

CHICK GRAHAM AND THE COASTERS 'I KNOW' [BRITISH BEAT SINGLE]

”ブリティッシュ・ビート”における天才少年といえば、バーミンガムの天才少年STEVE WINWOODが真っ先に思い浮かびますが、リバプールの天才少年CHICK GRAHAMを思い浮かべる方も全国に3人くらいはいるかもしれません。

ちなみに私は当然前者です(笑)

SPENCER DAVIS GROUPでデビューしたSTEVE少年は大人も顔負けの超実力派シンガーでした。
彼の歌声を聴いたBEATLESのRINGO STARRが、彼を”本場の人”だと思ってしまったことは有名です。
また、彼はキーボード、ギター奏者としての腕前も高く評価されていました。

それに対して、リバプールの天才少年はこんな感じです。

CHICK GRAHAMことGRAHAM JENNINGS少年は、STEVE少年のような大人びたヴォーカリストではありません。
見た目を裏切らない(?)ボーイソプラノ歌手です。
彼はこの映像の時点(1963年)で15歳でしたが、全然15歳には見えません。
STEVE少年とは別の意味で、ですけどね。

恐らく、GRAHAM少年は地元リバプールで天才少年と騒がれていたのでしょう。
GRAHAM少年はリバプールのセミ・プロ・バンドCOASTERSをバックに付けて、地元のライヴ・ハウスなどで活動していました。
COASTERSは、元々BILLY KRAMER & COASTERSとして活動していたグループです。
勿論、BILLY KRAMERとは、BILLY J. KRAMERのことです。
(違っているかもしれませんが)グループのリード・ギタリスト、ARTHUR ASHTONはBILLYの兄弟(親戚かな?)だったと思います。
COASTERSはBRIAN EPSTEINとの契約話があった際に、”セミ・プロとして活動することを望んだ”(BILLY J. KRAMER 『LISTEN』のライナーより)ため、フロント・マンであるBILLY J.と袂を分かっていました。

そんな彼らに目を付けたのは、当時、各地のビート・グループと手当たり次第に契約していたDECCAレコードです。
何故、DECCAがビート・グループと手当たり次第に契約していたのかは説明不要ですね(笑)
今まではセミ・プロとしての活動を望んでいたCOASTERSも、全国的なスターになったBILLY J. KRAMERの活躍に刺激を受けたのか、今度はGRAHAM少年と共にDECCAと契約します。

そして、DECCAから1964年にリリースされたデビュー・シングルが「I KNOW」です。
img028.jpg
偶然にも、BILLY J. KRAMERにも同じタイトルの曲がありますが、同名異曲です。
dc050101.JPG

残念ながら、このシングルはチャート入りせずに終わりました。

1964年といえば、まだマージー・ビート・ブームが続いていましたが、ROLLING STONESなどのロンドンR&B勢が台頭してきた時期でもあります。
BEATLESをはじめとするマージー・ビートが人気を得たのは、曲の良さ、ルックス、ファッション・センスなど、いろいろな要因があると思いますが、一番大きな要因は若者達がマージー・ビートに何か新しい息吹を感じたからだと思います。
この時期の流行に敏感な若者達が次に新しい息吹を感じたのは、ロンドンR&B勢やモッズ勢でした。

そんな状況の中で、この曲はちょっとツライように感じます。
この曲はGRAHAM少年の声質や見た目のイメージに合っていると思いますし、曲自体も良く出来ていると思います。
しかし、この曲から何か新しいものは感じられません。
GRAHAM少年にはそれなりの話題性もあったと思いますし、イカツイ大人が多い中で清涼感のあるボーイソプラノも悪くないと思います。
でも、ちょっとデビュー時期が悪かったのかな?というような気がします。

この後の彼らはもう一枚のシングルをDECCAから出して、音楽シーンから消えてしまいます。
声変わりをして太い声にでもなってしまったのでしょうか?

ただ、これもマージー・ビートの一部であるのは間違いないですし、マージー・ビートに興味がある方ならお勧めできるシングルだと思います。
どちらかといえばB面の「EDUCATION」の方が、ブリティッシュ・ビート好きの方にはしっくりくるかもしれませんね!


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 11

poposuke

musemistyさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2010-05-09 23:12) 

poposuke

muzikさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2010-05-09 23:13) 

poposuke

may_rさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪

by poposuke (2010-05-09 23:13) 

poposuke

dorobouhigeさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪


by poposuke (2010-05-09 23:14) 

poposuke

shinさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2010-05-09 23:15) 

poposuke

Studio-Ozさん おはようございます

nice!ありがとうございました♪



by poposuke (2010-05-10 07:18) 

poposuke

タケルさん おはようございます

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2010-05-10 07:19) 

H Kosuge

僕もSTEVE WINWOODならわかるんですが。。。
by H Kosuge (2010-05-11 03:37) 

poposuke

H Kosugeさん 

こちらにもnice!&コメントありがとうございます。

チック・グラハムは一般的にほとんど知られていないと思います。
でも、熱心なマージー・ビート・ファンの方々の間では結構人気があるみたいですよ♪
ちなみに、私はジャケット写真の中でタバコばかり吸っている不良な(?)スティーヴ少年が好きです(笑)

by poposuke (2010-05-11 22:50) 

reds20061222

僕も最近買って改めてその声に魅了されました。今度記事ろうかと思っています。
熱心なブリティッシュ・ビートファンには大人気ですよね。
汚い心が洗われるとても素晴らしいシングルです。
by reds20061222 (2010-05-14 20:44) 

poposuke

redsさん こんにちは

このシングルを20年前に聴いていたとしたら、今とは違った印象だったと思います。
多分、昔の私なら確実に受け入れない種類のシングルだったと思います。

でも、今の私はこのシングルにマージー・ビートの奥深さを感じます。
こういったシングルがあったからこそ、マージー・ビート・ブームが盛り上がったのだと思います。
もし、リバプールの音楽シーンが薄っぺらいものであったら、今に語り継がれることはなかったのでしょうね。

>今度記事ろうかと思っています。

redsさんなら私と違って愛情溢れた記事になることでしょう!
今から楽しみにしております♪

by poposuke (2010-05-15 13:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。