So-net無料ブログ作成
検索選択

ROLLING STONES 'CHILD OF THE MOON' [ROLLING STONES]

先日、おまけのブログでこのアルバムを記事にしました。
dc030301.JPG

このアルバムを聴いていたら、久しぶりにこのシングルを聴きたくなりました。
img017.jpg
「JUMPIN' JACK FLASH」です。
dc030601.JPG
私の『THROUGH THE PAST,DARKLY』はUKオリジナルのステレオ盤ですが、このシングル盤はモノラルで収録されています。
以前、BEATLESのシングルについての記事でも同じようなことを書きましたけど、シングル盤からはその時代の空気がダイレクトに伝わってきます。
同じ曲でも『THROUGH THE PAST,DARKLY』のステレオ盤からはそのような空気は希薄ですし、聴いたことはありませんが『THROUGH THE PAST,DARKLY』のモノラル盤でも、多分シングル盤と同じ雰囲気にはならないと思います。

私は本当に素晴らしい曲なら、どんなフォーマットで聴いても同じように素晴らしく聴こえます。
UKオリジナル盤で聴いても、AMラジオで聴いても、その曲の本質は変わらないと思います。
ただ、その時代の空気もそうですが、制作者側の想いなどが直接的に伝わりやすいのは、やはりシングル盤のような気がします。

1968年といえば、戦争、変革、暴動、暗殺・・・という混沌とした印象がある年です。
そんな混沌とした空気がこのシングルには凝縮されていると思います。
よく、「JUMPIN' JACK FLASH」という曲はR&Rへの回帰という捉え方をされます。
それは間違いではありませんが、それだけではないと思います。
このシングルにある混沌とした空気は、彼らがサイケの波を乗り越えてきたからこそ体現出来たことだと思います。
サイケ期前の彼らなら、同じ曲をやってもこうはならなかったでしょう。

また、このシングルはB面が素晴らしいのです!
dc030602.JPG
STONES版サイケの最高傑作、「CHILD OF THE MOON」です。
この曲で彼らはサイケを完全に消化して自分達の糧にしています。
問題作(?)『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』は決して無駄ではなかったのです!
彼らがそれを通過してきたからこそ、現在へと続く道が切り開かれたのです。

それにしても、こんな素晴らしい曲をさりげなくB面曲にするなんて、STONESも憎いことをします。
この傑作がB面だからこそ、A面もさらに光るのです。
STONESはデビュー以来、BEATLESと何かと比較されるのが宿命でしたが、このシングルで完全に”別もの”になったのだと思います。

・・・というか、その前から別ものなんですけどね(笑)


nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 13

poposuke

スリーエイトジュニアさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪

by poposuke (2010-03-06 20:30) 

へどろん

いやぁ、隠れた名曲っすよね♪
自分はGathers No Mossでしか持ってませんがいいっすよね♪
「これで俺たちはサイケは卒業だぜ」みたいな感じですかね?うふふ♪
まぁ、サイケっていうよりやっぱいい曲のせいかポップ度も高く、ストーンズ版サイケポップって感じでしょうか?うふ♪
by へどろん (2010-03-06 23:26) 

HIKKY

確かにおっしゃるとおり、
特に60年代は、シングル盤からこそ、その時代の空気が伝わってくる、というのはわかるような気がします
なにしろ、シーンは常にシングル曲中心に回っていたのだし、
アーチスト側の意識もそうだったのでしょうから
by HIKKY (2010-03-07 00:06) 

poposuke

へどろんさん おはようございます

「CHILD OF THE MOON」はA面と同じくらい良い曲だと思います。
収録されているアルバムが少ないせいか、あまり話題になることがない曲ですけどね。
本当に良い曲なのに、B面だけなのが勿体ないです。

この後のアルバム、『BEGGARS BANQUET』だって、アレンジをちょっと変えると『THEIR SATANIC ~』に入ってそうな曲は多いですよね。
by poposuke (2010-03-07 08:46) 

poposuke

HIKKYさん おはようございます

nice!&コメントありがとうございます♪

前にHIKKYさんが取り上げておられた「PAPERBACK WRITER」のシングルもそうだと思いますけど、シングルで聴くのとアルバムで聴くのでは印象が少し異なってくると思います。
「JUMPIN' JACK FLASH」なんかもシングルで出すことを前提に制作されていると思われます。
これらの曲をアルバムで聴くと、アーティスト側の意思がやや曇ってしまうような気がします。
気のせいかもしれませんけどね(笑)

このシングルにしても、低音部の迫力なんかは「PAPERBACK WRITER」のシングルに負けず劣らずですよ♪
by poposuke (2010-03-07 08:59) 

poposuke

xml_xslさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2010-03-07 08:59) 

poposuke

ロボライターさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2010-03-07 09:00) 

poposuke

shinさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2010-03-07 09:19) 

poposuke

りぼんさん こんにちは

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2010-03-07 11:44) 

poposuke

Studio-Ozさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪
by poposuke (2010-03-07 18:47) 

poposuke

テルさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪
by poposuke (2010-03-07 18:47) 

nobody

こんにちは
このB面は未聴の曲なので早速ebayで落札しました
みなさんのコメントを読んでいると早く聴きたくてしょうがないです。

by nobody (2010-03-08 12:17) 

poposuke

nobodyさん こんばんは

お~!eBayで落札されましたか!
手元に届くのが楽しみですね♪
「JUMPIN' JACK FLASH」はシングルで聴くとかなり凄いですよ!
私はベースの音にビックリしました。

あと、「CHILD OF THE MOON」はいい曲ですよ。
STONESのB面曲では1、2位を争う出来だと思います!

by poposuke (2010-03-09 00:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。