So-net無料ブログ作成
検索選択

60年代英国盤 PYEジャケット編    [60年代UK盤ジャケット、レーベル、インナー]

昨日の続きです。

今日はPYE系のジャケットについてです。
dc022201.JPG

PYE系のジャケットのほとんどはGarrod & Lofthouse社製です。
dc022203.JPG

裏ジャケは取り出し口を除く3辺が折り返されております。
dc022202.JPG

60年代後半までのPYE系には、ステレオ専用のジャケットが少なかった(無かった?)ようです。
dc022204.JPG
そのため、ステレオ盤には、モノラル用のジャケにステレオ用のシールが貼られていました。

60年代末になると、ステレオ専用のジャケットも登場します。
dc022205.JPG
この頃になると、逆にモノラル盤にはモノラル用のシールが貼られるようになります。

PYE系のジャケットは基本的にこんな感じです。

この他にも見開きジャケのこんなのや、
dc022206.JPG
何故かラミネート・コーティングが施されていない、こんなのがあります。
dc022207.JPG


英国四大レーベルで残るはPHILIPS系のジャケットだけになりました。

PHILIPS系のジャケットは種類が多いので、大変そうですね・・・(苦笑)
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 6

poposuke

マロンさん おはようございます

nice!ありがとうございます♪

by poposuke (2010-02-23 07:02) 

poposuke

sungenさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2010-02-23 23:34) 

へどろん

いやぁ、お疲れ様っす♪
パイのステレオ、モノのシールはよく高級レコ屋やサイトなどで見ますよね♪
ああ、直に見たいもんです…けど、高そうだからやっぱ我慢しときます、うふ♪


フィリップス系…まぁ、ゆとりのある時にでも…期待してますけど、うふふ♪
by へどろん (2010-02-23 23:39) 

poposuke

へどろんさん こんばんは

ステレオ、モノラルのシールは剥がれていることが多いんですよね。
写真にあるFOUNDATIONSの見開きジャケも、モノラルのシールが剥がれちゃっています。

そういえば英CBSにも同様のシールがあったような気がしますけど、違ったかな?(苦笑)
by poposuke (2010-02-23 23:57) 

Studio-Oz

こんばんは。

最近、皆さんのレコードコレクションを見て興味が沸いて着ております。
何ともDEEPな世界です・・・。
by Studio-Oz (2010-02-24 01:36) 

poposuke

Studio-Ozさん こんばんは

nice!&コメントありがとうございました♪

レコードの世界は本当に奥が深いです。
私もいまだに分からないことが多々あります。
でも、魅力的な世界であるのは間違いないと思いますよ♪

by poposuke (2010-02-24 23:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。