So-net無料ブログ作成

SEARCHERS 'TAKE IT OR LEAVE IT' [BRITISH BEAT SINGLE]

昨日に引き続き”1966年のマージー・ビート”の代表的なシングル盤を取り上げます。
img006.jpg
SEARCHERSの「TAKE IT OR LEAVE IT」です。
dc011901.JPG
このシングルの全英チャート最高位は31位でした。
往年のSEARCHRS人気と比較すると低すぎる順位ですが、この時期のマージー勢全体としては健闘した部類に入ると思います。
他のマージー系グループの多くはチャート入りすらしなかったのですから・・・

この曲のオリジナルは言わずと知れたROLLING STONESです。
このSEARCHERS版も基本的な部分はオリジナルと同じですが、コーラスやギターの音なんかは実にSEARCHERSらしく仕上がっています。
ただ、少々意外性に欠けるというか、当たり前すぎるカバー曲になっているような気がします。
以前のカバー曲では原曲の良い部分を生かしつつも彼らなりの自己主張をしっかりやってきたのですが、ここではそういった部分が希薄です。
この曲はけっして悪い出来のカバーではないと思うのですが、どうしても彼らにはそれ以上のものを求めてしまいます。
個人的にはSEARCHERS版よりも、オリジナルのSTONES版の方が良いと思っています。


どうでもいいことですが、以前所有していた『AFTERMATH』の国内アナログ盤の解説に”TAKE IT OR LEAVE IT」はSEACHERSがカバーさせてもらった曲”みたいな記述(ちょっと記憶は曖昧)がありました。
”SEARCHERSがカバーした曲”ではなく、”カバーさせてもらった曲”です。
何だかSEARCHERSは”おこぼれの曲をカバーさせてもらうB級グループ”みたいに思えてしまいます(苦笑)
どうでもいいことですけどね・・・


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 4

DEBDYLAN

poposukeさん、こんばんは♪

STONESのカバー。
同年代のライバル(?)グループの曲をするコトもあったんですね。


by DEBDYLAN (2010-01-21 00:26) 

poposuke

may_rさん おはようございます

nice!ありがとうございました♪
by poposuke (2010-01-21 07:59) 

poposuke

DEBDYLANさん おはようございます

nice!&コメントありがとうございます!

2年ちょっと前にはBEATLESから曲の提供を受けていたSTONESですが、この時期には曲を提供する側になっています。
STONES側から見てもこのシングルは興味深いものがありますよね♪

by poposuke (2010-01-21 08:03) 

poposuke

H Kosugeさん おはようございます

こちらにもnice!ありがとうございました!
by poposuke (2010-01-23 09:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0