So-net無料ブログ作成
検索選択

60年代英国盤 EMIジャケット編  [60年代UK盤ジャケット、レーベル、インナー]

BEATLESの紙ジャケCD(MONO BOX)の話題に便乗するわけではありませんが(笑)、今日はEMI系のジャケットについて取り上げます。

-----------------------------------------------------------------------------

60年代の英国盤のジャケットの多くはラミネート・コーティングが施された大変美しい物です。
dc091220.JPG
しかしながらよく見ると、レコード会社によってその形状は異なっています。
場合によっては、同じレコード会社の物でも大きく異なっていることがあります。

EMI系のジャケットは表のみがラミネート・コーティングされ、裏は取り出し口を除く3辺が折り返しされている物が一般的です。
dc091221.JPG
ジャケットの紙質は60年代後半以降になると、ほんの僅かですがやや薄い物に変わります。

そして、70年代前半になると、裏の折り返しがなくなります。
dc091219.JPG

ジャケット製作は基本的にGARROD & LOFTHOUSEか、ERNEST J. DAYの2社です。
dc091201.JPG

dc091202.JPG

折り返しの形状がやや異なっています。
dc091203.JPG
(左がGARROD & LOFTHOUSE製で、右がERNEST J. DAY製です)

この2社のジャケットでよく見かけるのはGARROD & LOFTHOUSE製の方です。
ERNEST J. DAY製のジャケットはやや珍しいかもしれません。

また、ERNEST J. DAY社のジャケットは67年以降(?)見かけなくなります。
しかし、別にERNEST J. DAY社は倒産したわけではなく、その後も英CBSなどのジャケットでちょくちょく見かけるようになります。
EMIとはこの時期に契約が切れた(?)のかもしれませんね。

ジャケットの風合いは同じ製作会社でも時期によって異なる場合があります。
代表的な例はコレですね。
dc091204.JPG
どちらもGARROD & LOFTHOUSE製のジャケットですが、色の濃さが大きく異なります。
ちなみに、左が初期プレス盤(マトリクス1N)のジャケットで、右が後発盤(両面マト5N)のジャケットです。
ROLLING STONESの初期タイトルのジャケットもそうですが、初期の頃と再発盤ではジャケットの色の濃さが異なっていることが多いですね。
特にモノトーン系のジャケットでは印刷の粗さ(?)が目立つような気がします。

ジャケットの右上にはMONOまたはSTEREO表記がありますが、時が経つにつれ文字の大きさがどんどん小さくなります。
dc091213.JPG
そして、60年代後半になると表のMONOまたはSTEREO表記が無くなってしまいます。
dc091214.JPG

モノラルとステレオとを見分けるのは裏ジャケでも出来ます。
PARLOPHONEの場合は、レコード番号がPMCではじまるのがモノラル、PCSがステレオになります。
dc091301.JPG
COLUMBIAの場合は、SXがモノラル、SCXがステレオになります。
dc091302.JPG
一応、ステレオ盤のジャケットには、ステレオについての注意点も明記されています。
dc091303.JPG

また、60年代後半になるとジャケ裏右上には”File under POPULAR : ~”という文章が表記されます。
dc091215.JPG

dc091216.JPG

dc091217.JPG

dc091218.JPG
米CAPITOL盤のジャケットにも同様の表記がありますね。


以上が一般的なEMI系のジャケットですが、もちろん例外だってあります。

ジャケット製作会社についても例外があります。
dc091205.JPG
DECCA系ではよく見かけるMacNeill Press製のジャケットです。
どうやらEMI系では両面ラミネート・コーティングのジャケのみ(?)に、この会社が使われたみたいですね。

コレなんかはジャケット製作会社のクレジットがありません。
dc091211.JPG
60年代のEMI系にしては珍しい上下2辺が折り返されているジャケットです。
dc091206.JPG
どちらかといえばDECCA系のジャケット近い感じです。

また、60年代後半になるとラミネート・コーティングなしのジャケットが登場します。
dc091212.JPG

dc091207.JPG

それとは逆に両面ラミネート・コーティングのジャケットも増えてきます。
dc091210.JPG

もちろん見開きのジャケットだってあります。
dc091209.JPG

この他にもまだまだ色んなジャケットがあるかもしれませんね!

-----------------------------------------------------------------------------

正直なところ、私自身は紙ジャケCDにそれほど大きな興味がありません。
CDの場合、肝心なのはジャケよりも音だと思っています。
でも、どうせ紙ジャケにするなら、しっかりした物を作って欲しいですね(笑)

BEATLES MONO BOXの紙ジャケはどこまでオリジナルの再現が出来ているのでしょうか?
細かい部分までの再現は難しいと思いますが、マニアの方々も納得するような出来だといいですね(笑)


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 10

へどろん

いやぁ、ためになるし、いいブツも見れて、ナイスっす♪

MONOは個人的には大きいほうが好きです、まぁあまり持ってないですけど、うふ♪

With〜のハーフ・シャドウは初期盤が濃いってことは、紙ジャケも結構いい再現なんでしょうかね?旗帯盤くらい濃い感じでしたけど…ハーフ・シャドウかぁ…

しかし…上半身裸は勇ましいっすね、うひょ
by へどろん (2009-09-12 23:59) 

POPOSUKE

へどろんさん こんばんは

>With〜のハーフ・シャドウは初期盤が濃いってことは、紙ジャケも結構いい再現なんでしょうかね?

私は紙ジャケの現物を見ていないので何とも言えませんが、どうやら色が濃すぎるという評判みたいですね。
私の初期盤のジャケではJOHNの顔半分はほぼ真っ黒です。
多分、紙ジャケは初期盤のジャケを元にして再現したのではないでしょうか?
全然違うかもしれませんけどね(笑)

>しかし…上半身裸は勇ましいっすね、うひょ

いいところに反応して頂き非常に感謝しております(笑)
たまには社長さんの勇姿を皆様に見せなければいけませんからね!(笑)
こうしてみるとジャケットというよりも、プロレスラーのポスターみたいにも見えますね(笑)

by POPOSUKE (2009-09-13 00:19) 

いたち野郎

なるほど…途中からジャケ右上にステレオ/モノ表記がなくなるんですねぇ…気づきませんでした。そうなると品番で判断する…なんて高度なテクニックが必要になるんでしょうか(笑)
by いたち野郎 (2009-09-13 00:26) 

poposuke

いたち野郎さん こんばんは

早いところでは『RUBBER SOUL』のジャケにも表記がありませんけど、一般的には67年中頃からステレオ/モノ表記が無くなっているようです。

>そうなると品番で判断する…なんて高度なテクニックが必要になるんでしょうか(笑)

裏ジャケを見るしか判断のしようがないですよね(笑)
一応、ステレオ盤のジャケ裏には、ステレオについての注意書きがありますしね。
でも、当時はモノかステレオかを知らないで買っている人も多かったのではないでしょうか(笑)

by poposuke (2009-09-13 00:38) 

テル

こんにちは。
出張お疲れ様です~。

いやぁ、今更ながらジャケットは奥が深いですね。
なんせアートですよね。あくまで個人的な意見ですが、
CDに変わって、ミュージシャンのジャケットワークも
いわゆる傑作品が少なくなりました。そりゃあ、レコード
とCDではサイズが違いますからね。
でも思い起こせば、1枚組みのレコードでありながら、
見開きジャケットだったりすると、嬉しかったですよね。
by テル (2009-09-13 17:55) 

poposuke

にゃぷとちぃママさん こんばんは

nice!ありがとうございました♪


by poposuke (2009-09-14 00:00) 

poposuke

テルさん こんばんは

nice!&コメントありがとうございます♪

レコードで一番大事なのは中身の”音”だと思いますけど、ジャケットだって重要ですよね!
やっぱり、ジャケットはレコードの”顔”ですからね♪

>CDに変わって、ミュージシャンのジャケットワークもいわゆる傑作品が少なくなりました。そりゃあ、レコードとCDではサイズが違いますからね。

いつも思うのですが、レコードのジャケットは大きさが絶妙ですよね!
これが紙ジャケCDだと、同じデザインの物でも全然違うように見えてしまいます。
レコードのジャケットは確実に”アート”だと思いますけど、CDのジャケットはちょっと微妙かな!?

by poposuke (2009-09-14 00:23) 

U.N.C.L.E.George

私も去年やっとMid Stereoを取り置きGet!致しました。
by U.N.C.L.E.George (2011-01-07 01:38) 

poposuke

U.N.C.L.E.Georgeさん こんばんは

>私も去年やっとMid Stereoを取り置きGet!致しました。

どのタイトルのステレオ盤ですか?
今度ブログで紹介してみてくださいね♪


by poposuke (2011-01-12 01:40) 

U.N.C.L.E.George

今晩ゎ 失礼を致しました。直ぐ言葉が足りなくなるので 大変申し訳御座いません。"With The Beatles"です。こちらで↑御覧頂けると思いますが!?
もし 御時間が御座いましたら。如何でしょうかぁ~っ!?
また "Catch Us If You Can"も取り置きしてあります。それはこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hofner500_161/58731044.html
by U.N.C.L.E.George (2011-01-13 21:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。