So-net無料ブログ作成
検索選択

ELVIS PRESLEY "BACK IN MEMPHIS" [ELVIS PRESLEY]

このジャケットで悪い内容ということは有り得ません!
1224369668.jpg
数あるELVISのアルバムの中でも、確実にベスト3に入るジャケットです。

1970年にリリースされた本作は全米183位を記録しました。

本作は1969年のメンフィス・セッションで録音された曲の中から、シングル・カットされた曲や、映画『CHANGE OF HABIT』で使用された曲、傑作アルバム『BACK IN MEMPHIS』に収録された曲以外で構成されています。

しかし、残りモノに福があるとはよく言ったものです。
本作は地味な存在ながらもかなりの傑作です。
そもそも奇跡的ともいえるメンフィス・セッションに捨て曲などは存在しません。

本作は姉妹盤でもある大名盤『FROM ELVIS IN MEMPHIS』に勝るとも劣らない内容です。
本作に派手な曲は皆無なので少々地味な印象こそありますが、胸に響くような曲が多いと思います。
むしろ、個人的には本作の方が気に入っているくらいです。

本作に50年代の野性味溢れる若き日のELVISはいません。
ここでのELVISの歌唱はどこまでも優しく穏やかな感じがします。
これは彼がここに至るまで様々な人生経験を積んできたことが無関係ではないはずです。
軍への入隊や映画出演、人気の低迷・・・様々な良いことや悪いことを経験してきた彼だからこそ、自分の大好きな歌を素晴らしい表現力で歌うことが出来たのでしょう。
彼の60年代は決して無駄になっていなかったと思います。

勿論、曲そのものも素晴らしい曲ばかりです。
また、凄腕ミューシャン達による演奏やアレンジなども完璧なので、全くケチの付けようがありません。

よく、音楽評論家などでELVISはアルバム単位の傑作を残せなかっただとか、60年代以降の作品の音楽的価値は乏しいなどと言っている人がいますが、多分、その人は本作や『FROM ELVIS IN MEMPHIS』、『TV SPECIAL』などを聴いていないのでしょう。
これらの作品はアルバム単位で聴いても充分過ぎるほどの傑作です。

もし、これらのアルバムを聴いていた上でそんなことを言っておられるなら仕方ありません。
多分、その方は”アメリカン・ロック”が嫌いなのでしょうね・・・

私は基本的にブリティッシュ・ロック寄りの音楽ファンですが、どこの音楽であろうが良いモノは良いと素直に感じられる音楽ファンでありたいと思います。


私が所有しているのは米RCA盤です。
1224369680.jpg
この時期はオレンジ色のラベルになっています。

裏ジャケだってカッコいいのです。
1224369690.jpg

付属していたインナー・スリーブは、勿論ELVIS専用の広告インナーです。
1224369698.jpg

このアルバムの購入金額はたったの1000円でした。
盤やジャケットの状態は良好だったのですが・・・

残念ながら、ここ日本におけるELVISの評価はこんなものなのでしょうね。
特に70年代以降の作品にはそのような傾向が強いと思います。
このアルバムは大好きなので、USオリジナル盤を格安で購入できたのは単純に嬉しいのですが、少しばかり複雑な感じもします・・・

タグ:Elvis Presley
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0