So-net無料ブログ作成

ジャケ買いレコード BUGGS "BEETLE BEAT" [ジャケ買いレコード]

この”ジャケ買いレコード”というカテゴリーはこちらに移転しないつもりだったのですが、ネタがないので気が変わりました(苦笑)

-----------------------------------------------------------------------------

このアルバムはオマケのブログ『自己満足レコード館』でも少し前に取り上げていました。

1202067209.jpg
BUGGSの『BEETLE BEAT』です。
これはごく少数の人に大人気(?)のアルバムです。
もちろん、その少数の中には私も含まれています(笑)

このアルバムを購入した理由は簡単です。

極めて怪しげなジャケットが印象的だったからです。

このBUGGSについて詳しいことは知りませんが、1964年当時のアメリカにありがちな、BEATLES人気に便乗した米国製マガイ物ビート・グループのひとつです。

ジャケットには“THE ORIGINAL LIVERPOOL SOUND”や“RECORED IN ENGLAND”の表記が誇らしげにありますが、当然全てウソです。

ジャケット表と裏にある収録曲も、BEATLESのカバー曲「I WANT TO HOLD YOUR HAND」や「SHE LOVES YOU」はいいとしても、「MERSEY MERCY」、「SOHO MASH」、「EAST END」、「LONDON TOWN SWING」、「LIVERPOOL DRAG」、「SWINGING' THAMES」、「BIG BEN HOP」といった、本当のイギリス人なら恥ずかしくて絶対にやらないであろうご当地ソングの数々が記されています。

ちなみに「SOHO MASH」はHOLLIESの「JUST ONE LOOK」のタイトルを勝手に変えた曲です。

また、全くお金を掛けていないと思われるチープなサウンドも、胡散臭さを更に助長させています。

作品内容とは関係ありませんが、このアルバム・ジャケットの背部分には、アルバム・タイトルなどの文字がありません。
背文字が無いと、レコード棚から取り出す際に探しにくいので非常に不便なのですが、このような手抜きはアメリカのマイナー・レーベルに結構あることです。
そのようなレコードの大半はインチキな内容の物が多いのですが、このアルバムも例外ではありません。

60年代はまだまだ大らかな時代でした。

今、このようなアルバムを出してもすぐに正体がバレてしまうでしょうし、偽りの表示が多すぎるので即刻訴えられてしまうでしょう。

今の世の中にも、このような洒落のきいたアルバムを出しても許される大らかさが欲しいものですね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

へどろん

出た!
ここでしか見かけない怪しげなレコ♪
いやぁ、俺との出会いはいつなんでしょうね?うふふ♪

大らかさ…そうっすよね〜。
でも、ものまねされたくらいで訴える?某大物ミュージシャンもいるくらいですから、厳しいですね、ふぅ…
by へどろん (2009-08-09 00:19) 

poposuke

へどろんさん こんにちは

このようなインチキなレコードですが、これもレコードを集める醍醐味のひとつだと思います(笑)
これがCD化される可能性は低いですしね!
これも時代が生んだ名盤(?)だと思います。

>でも、ものまねされたくらいで訴える?某大物ミュージシャンもいるくらいですから、厳しいですね

ミュージシャンなら、物真似されて訴えるよりも笑い飛ばすくらいの方が大物っぽい感じがするんですけどね(笑)

by poposuke (2009-08-09 13:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。