So-net無料ブログ作成
検索選択

PETER & GORDON "IN TOUCH WITH PETER AND GORDON" [紙ジャケCD]

つい最近まで全然知らなかったのですが、今月17日に元PETER & GORDONのGORDON WALLERが亡くなってしまいました。
死因は心臓発作のようです。
享年64歳、まだまだ元気でやれる年齢なのに・・・

今日は彼を偲んで、このCDを聴いていました。
画像 003.jpg
PETER & GORODNのUK2ndアルバム、『IN TOUCH WITH PETER AND GORDON』です。

彼らのアルバムの中では少々地味な作品かもしれませんが、個人的には一番よく聴くアルバムです。

それにジャケットのセンスも素晴らしい!

以前はUKデジパックCDを持っていたのですが、ジャケット目当てで紙ジャケCDに買い替えました。
画像 004.jpg
もちろん、裏もきちんと再現されています。

レーベルもオリジナルの”BLUE COLUMBIA”にちなんで(?)、黒地に青いロゴになっています。
画像 005.jpg

このアルバムにはLennon-McCartney提供の「I DON'T WANT TO SEE YOU AGAIN」(全米16位)が収録されています。


彼らはLennon-McCartney(というかPAUL)の提供曲を多く取り上げています。
そのせいか、彼らは”BEATLESの弟分”みたいな捉え方をされることが多いようです。
BEATLESが彼らの成功を後押ししたのは事実だと思いますが、彼らはそれだけで成功したわけではありません。

あまり話題になることはありませんが、彼らには素晴らしいオリジナル曲が数多くあります。
実際、このアルバムにも3曲のオリジナル曲が収録されています。
どれも派手さはありませんが、水準以上の佳曲だと思います。
また、カバー曲にしても、フォーク、トラッド、ブルース、古いR&Rなど、幅広いジャンルの曲を取り上げています。
彼らは”フォーク・デュオ”みたいに思われがちですが、一筋縄ではいかない音楽性を持っていました。
特にトラッド・ソングをブリティッシュ・ビートに昇華させるのは彼らの十八番でした。
彼らの高いアレンジ能力はもっと評価されてもよいと思います。


PETER & GORDONは最初期に来日したビート・グループということもあって、日本でも馴染みが深いはずです
(ちなみに来日公演のバック・バンドを務めたのはスパイダース!)。
しかし、話題になるのはいつもLennon-McCartney提供曲ばかりです。
もちろん、Lennon-McCartney提供曲はどれも素晴らしいのですが、彼らには他にも良い曲が沢山あるのです!
もっと多くの方々にそのことを知ってもらいたいのですが・・・


このアルバムには収録されていませんが、彼らのシングルの中で一番好きなのがこの曲です。


そういえば、このアルバムにはROLLING STONESのBRIAN JONESがハーモニカで参加していましたね。
きっと、今頃は天国でGORDON WALLERと楽しくジャム・セッションでもしているのでしょうね!

nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 10

reds20061222

おお~偶然ですが、ちょうどこのアルバムを聴いていました。
I Still Love Youがお気に入りです。
彼らのアルバムの中ではこれが一番好きです。

ちなみにこの紙ジャケ・・・売ってしまって多少後悔しています。

ゴードンは残念でしたが、ピーターには長生きしてほしいものです。
ご冥福をお祈りします。
by reds20061222 (2009-07-30 00:42) 

poposuke

redsさん こんばんは

redsさんも追悼の意を込めてこのアルバムを聴いておられたのでしょうか?
個人的にはこのアルバムと4作目を聴くことが多いですね。

ところで、風邪は大丈夫ですか?
あまり無理をしないで下さいね。

それと、FARON'Sを記事にするのはやめましたが、「DO YOU LOVE ME」関連の(?)DC5はそのうち記事にするつもりです。
というか、それは私がやらなきゃダメでしょう!(笑)
でも、その前にTREMELOES版が先かもしれません(笑)

by poposuke (2009-07-30 00:57) 

プリムローズ

実は、poposukeさんの記事を読むまで、Gordonが亡くなられたことを知りませんでした。

最近、中古ショップやネット通販でPeter&Gordonの紙ジャケCDを買い揃えたばかりだったので、本当にショックでした。

有名動画サイトで最近の姿を見て、元気そうだと思っていたのですが…。

Gordonが亡くなられたことに哀悼の意を表します。
by プリムローズ (2009-07-30 01:26) 

いたち野郎

そうでしたか…残念な訃報です。
しかし世間的には、最近亡くなられているアーティストたちの中にゴードンの名前が含まれる可能性は低そうですね…(爆)

アメリカに渡った後期のアルバムがお気に入りなので、寝る前に聴くことにいたします…。
by いたち野郎 (2009-07-30 01:33) 

poposuke

プリムローズさん おはようございます

私もお世話になっている方のブログでこの訃報を知りました。
どうやら、あまり大きくは報道されなかったみたいですね。
ブログなんかでも記事にしておられる方は少ないようです。

>有名動画サイトで最近の姿を見て、元気そうだと思っていたのですが…。

近年はPETER&GORDONを再結成して活躍していたようですね。
見た目はちょっと老け込んだ感じがしましたが、まだまだ元気で活動していると思ったのに・・・

本当に残念です。


by poposuke (2009-07-30 07:10) 

poposuke

いたち野郎さん おはようございます

残念ながら、世間一般では完全に忘れさられたアーティストなんでしょうね。
特に日本ではそうなのでしょう。
本文にも書きましたが、日本にも縁の深い人なんですけどね・・・

>アメリカに渡った後期のアルバムがお気に入りなので・・・

66年頃のアルバムはごった煮感がいいですよね。
その時期のアルバムならUS盤の方が良いかもしれませんね。

by poposuke (2009-07-30 07:15) 

reds20061222

こんにちは。
追悼の意を込めてこのアルバムを聴いていました。
ということでTBさせていただきます。
by reds20061222 (2009-08-02 11:26) 

九狐

時の流れとはいえ、残念な知らせですね・・・・・・。
ほんとにまだまだ早すぎる年齢ですよね。
今夜はPETER&GORDONのアルバムをひっぱり出して聴きます。
(UK原盤持ってないので、東芝赤盤ですけど・・・・(笑))
by 九狐 (2009-08-02 18:46) 

poposuke

redsさん こんばんは

私からもTBを送らせて頂きましたので宜しくお願いします。

それにしても、UKオリジナルのモノラル盤とステレオ盤をお持ちとは羨ましいですね♪
by poposuke (2009-08-02 22:48) 

poposuke

九狐さん こんばんは

>時の流れとはいえ、残念な知らせですね・・・・・・。

彼と同世代でも元気で活躍されている人もまだまだ多いですからね。
本当に残念な訃報ではありますが、これをきっかけに再評価の機運でも高まってくれると良いのですが・・・
いつまでもBEATLESの弟分扱いではちょっと気の毒です。
by poposuke (2009-08-02 22:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。