So-net無料ブログ作成
検索選択

KINGSMEN ”IN PERSON" [60’s AMERICAN ROCK CD]

しばらくはアメリカものが続きます。

60年代の音楽はブリティッシュ・ビートだけではありません。

-----------------------------------------------------------------------------

私にとってアメリカの”ガレージ・バンド”といえば、このグループが思い浮かびます。

1222905134.jpg

向こうでは”フラット・ロック”というカテゴリーに入るのかもしれませんが、そんなことはどうでもいいことです。

60年代のアメリカン・ガレージ・バンドの多くはブリティッシュ・ビートの延長線上のあるというイメージもありますが、このグループは違います。
彼らのサウンドはイギリス勢の影響などを受けずに生み出されたものでした。
むしろ、彼らの代表曲「LOUIE、LOUIE」(全米2位)はKINKSをはじめとするブリティッシュ・ビート勢に大きな影響を与えています。



その「LOUIE,LOUIE」を含む本作は1964年にリリースされ、全米20位まで上昇しました。
そんな本作の魅力は「LOUIE,LOUIE」よりも、その後に続いて収録されているニセ・ライヴ(?)にあると思います。
ここでのインチキぶり(笑)や初期衝動感に溢れた荒々しい演奏、これぞガレージです!

私は彼らこそが典型的なガレージ・バンドだと思っていますが、彼らが他のガレージ・バンドと大きく異なる点は一発屋ではないことです(笑)

このアルバムにも収録されていますが、彼らにはこんなヒット曲(全米16位)もあります。


このカバーは64年の年間チャートにも入っています(86位)。
多くのアメリカ人にとって「MONEY」のカバーといえば、BEATLESではなくKINGSMENのはずです(多分・・・)

個人的にKINGSMENのアルバムではこの1stが最も気に入っています。
こんなにいかがわしくて楽しい作品はなかなかないと思います。

1964年から65年にかけてのアメリカの音楽シーンはイギリス勢一色だった、という見方がありますが、単純にそうだったとは言い切れません。
この時期にイギリス勢が猛威を振るったのは事実ですが、だからといってアメリカの音楽が死んでいたわけではありません。

これからはKINGSMENの他の作品も勿論ですが、その他のアメリカン・ガレージ・バンドの作品もどんどん取り上げていきたいと思っております。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

おいどん

これぞ王道アメリカン・ガレージって感じですよね。
個人的にはソニックスと少し雰囲気がカブるんですよね。「LOUIE、LOUIE」でカブるのかもしれませんが、両者のガレージ魂は近いと思いま~す♪
とにかく気持ち良くノレて、気持ち良く暴れたくなります(笑)。
by おいどん (2009-07-14 10:28) 

poposuke

おいどんさん こんばんは

KINGSMENとSONICSは同じアメリカ北西部のバンドなので兄弟みたいなものだと思いますよ♪
北西部はLITTLE RICHARDやCHUCK BERRYなどのR&RやR&Bが好まれていたようなので、両者のレパートリーにもカブるところが多いと思います。「MONEY」なんかもそうですよね♪

ところで、今日の記事はSONICSにしてみました!
本当は過去記事を移転させるつもりだったのですが、おいどんさんのコメントでSONICSの話題が出たので頑張って書いてみました!
また、おいどんさんの記事にTBさせて頂きますので宜しくお願いします!

by poposuke (2009-07-15 00:18) 

poposuke

thisisajinさん こんばんは

nice!ありがとうございます♪
by poposuke (2010-04-19 23:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0