So-net無料ブログ作成
検索選択

KINKS "WELL RESPECTED KINKS" [KINKS]

以前にも書きましたが、私はベスト盤など編集盤の類があまり好きではありません。

私がベスト盤を複数枚持っているアーティストといえば、DAVE CLARK FIVEにBEATLES、ROLLING STONES、それにELVIS PRESLEYくらいでしょうか。

そんな私が持っている数少ない編集盤のひとつがこのアルバムです。

1231977020.jpg

英国におけるKINKS初の編集盤として1966年にリリースされた本作には、

「A WELL RESPECTED MAN」、
「WHERE HAVE ALL THE GOOD TIMES GONE」、
「TILL THE END OF THE DAY」(全米8位)、
「SET ME FREE」(全英2位)、
「TIRED OF WAUTING FOR YOU」(全英1位)、
「ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT」(全英2位)、
「I GOTTA MOVE」、
「DON'T YOU FRET」、
「WAIT TILL THE SUMMER COMES ALONG」、
「YOU REALLY GOT ME」(全英1位)、

が収録されています。

この編集盤は65年までに発表されたヒット曲や、オリジナル・アルバムに未収録だった曲で構成されています。
編集盤としては特に可もなく不可もなくといった感じの選曲ですが、冒頭の曲が大ヒット・シングルではなく、「A WELL RESPECTED MAN」で始まるのが本作のミソだと思います。
この曲はアメリカではシングル・カットされてまずまずのヒットを記録したものの、イギリスではEPにしか収録されておりませんでした。
いきなりこの曲で始まるということが、その後のKINKSの方向性を暗示していると思います。


ちなみに、本作の前のアルバムが『KONTROVERSY』、次のアルバムが『FACE TO FACE』です。
この編集盤は人気ビート・グループから急激に進化する直前のKINKSを捉えた貴重なドキュメント作品とも言えると思います。

-----------------------------------------------------------------------------

私が所有しているのはUKオリジナルのモノラル盤です。

本作はPYE系列の廉価レーベルであるMARBLE ARCHからリリースされました。
1231977050.jpg
マトリックスは両面1で、タックス・コードは”KT"刻印です。

ジャケットはGARROD & LOFTHOUSE社製で、表のみがラミネート・コーティングされています。
1231977028.jpg
裏は取り出し口を除く3辺が折り返されています。

-----------------------------------------------------------------------------

私がこの編集盤を購入した理由は実に単純です。
単に安かったからです(笑)

私はこのアルバムを1500円くらいで購入しました。

本作は廉価レーベルから発売されたこともあって、現在の市場価格も非常に安くなっています。
また、本作は全英5位まで上昇したので流通数量も多いようです。

KINKSのアルバムで全英5位という順位は、1stアルバムや『KINDA KINKS』の全英3位という順位に次ぐものです。
廉価盤で販売価格が安いということもあって、恐らく当時の多くのファンが本作を聴いていたはずです。
そんな当時のファンが聴いていたのと同じサウンドを気軽に楽しむことができる本作はとても貴重な存在だと思います。

この時期までのKINKSの録音状態は非常に悪いのですが、それでもアナログで聴くド迫力のモノラル・サウンドは一味違いますね!

現在、60年代KINKSのUKオリジナル・アルバムを購入しようとすると、平気で5桁以上の金額になってしまいます。
それと比べると、その10分の1くらいの金額で買えそうな本作は大変お買い得だと思います。
これから60年代のアナログ盤を購入されようと考えている方にとって、本作は入門盤として最適かもしれません。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

へどろん

いやぁ、Well〜あたりからのシングルはホント大好きなんですよね〜♪
そして、そのWell〜から徐々に変化していく感じですよね。
でも、自分はそのWell〜なかなか聴けませんでしたね。
87年頃出た二枚組の同タイトルの編集盤まで待たされましたね、ふぅ…
by へどろん (2009-07-08 00:05) 

poposuke

へどろんさん こんばんは

初期のビート・グループらしいシングルも好きなのですが、、「WELL RESPECTED MAN」以降の味わい深いシングルも好きですよ♪

この編集盤は適当な編集に見えますが、なかなかの内容だと思います!
こういったアルバムにもそれなりの意義があるものですよね!
by poposuke (2009-07-08 22:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。