So-net無料ブログ作成
検索選択

KINKS "SOMTHING ELSE" [KINKS]

私は長い間、KINKSというグループをあまり好きではありませんでした。

その理由はいくつかあります。

まず、ひとつは最初に聴いた1stアルバムの印象が悪かったことです。
そのことについては、いずれ1stアルバムを取り上げた時に書こうと思います。

また、私の好きなブリティッシュ・ビート・グループは個性的で実力のあるヴォーカリストが在籍していたグループでした。
ROLLING STONESのMICK JAGGER、SMALL FACESのSTEVE MARRIOTT、ANIMALSのERIC BURDON、MANFRED MANNのPAUL JONES、そしてDAVE CLARK FIVEのMIKE SMITH・・・
それらの実力派ヴォーカリスト達と比べると、RAY DAVIESの歌唱力は明らかに見劣りするように感じられました。
個性的なヴォーカリストではあったけども・・・

それに、私が洋楽を聴きはじめた時の状況も関係があります。
私がリアル・タイムで最初に聴いたKINKSの作品は『THINK VISUAL』(86年)でした。
当時の私はこのアルバムにも魅力を感じませんでしたし、私の友人達の中にもKINKSに興味を示す者は誰もいませんでした。
この当時のKINKSは活動こそ続けているものの、過去の存在になりつつありました。
実際、この時期以降、彼らの作品はチャート上でも苦戦が続きます(『THINK VISUAL』は全米81位)。
同じ60年代からの生き残りバンドでも、その当時(今もかな?)現役バリバリだったROLLING STONESとの差はあまりにも大きいように感じられました。

そんなこんなで、KINKSは私の中で極めて低い評価しかしていませんでした。
ほんの少し前までは・・・

そんなKINKSの評価を一変させたのがこのアルバムでした。

1229170832.jpg

1967年にリリースされ、全英35位を記録した本作には、
「WATERLOO SUNSET」(全英2位)、
「DEATH OF A CLOWN」(全英3位)、
が収録されています。

彼らの代表曲でもある「WATERLOO SUNSET」を始めとする本作の収録曲は粒揃いです。
「DAVID WATTS」、「DEATH OF A CLOWN」、「TIN SOLDIER MAN」、「SITUATION VACANT」、「AFTERNOON TEA」・・・
派手さはありませんが、どれも良い曲ばかりです。
不思議なことにこれらの曲は聴く度に味わい深さが増してきます。



あくまでも個人的な見解ですが、KINKSというグループは特に演奏が上手いわけでもないですし、器用でもないと思っています。
しかし、本作ではKINKSというグループが先天的に持っているヘタウマさと、フォーク・ロック的サウンドが見事に融合しています。
これは他のグループにはない素晴らしすぎる個性だと思います。

それに、彼のヘタウマ・ヴォーカルもこのサウンドの中では水を得た魚のように活き活きしています。
本作での彼のヴォーカルは非常に人間味に溢れ、温かみが感じられます。
”技巧派”とまでは敢えて言いませんけど(笑)、以前よりも確実に表現力が増していると思います。

このようなサウンドを発見して作り上げたRAY DAVIESはやはり只者ではありません。

-----------------------------------------------------------------------------

本作を最初に聴いたのはCDでした。
しかし、本作を聴いてからKINKSのUKオリジナル盤を少しずつですが購入するようになりました。
KINKSのオリジナル盤は非常に高価ですが、それでも買う価値はあると思います。

私が所有しているのはUKオリジナルのステレオ盤です。
1229170840.jpg
マトリックスはA面が1、B面が2で、タックス・コードはKT刻印です。

GARROD & LOFTHOUSE社製のジャケットはこの当時のUK盤にしては珍しくラミネート・コーティングされておらず、大変傷みやすくなっています。
1229170854.jpg

裏は取り出し口を除く3辺が折り返されています。

この時期までのPYEのジャケットはモノラル専用のジャケットしか存在しませんでした。
1229170861.jpg
そのため、ジャケ裏右上にはステレオ表記とレコード番号(NSPL)のシールが貼られています。

ちなみに背表紙のレコード番号はモノラルの番号(NPL)のままです。
1229299989.jpg

付属していたインナー・スリーブです。
1229170874.jpg

本作のUKオリジナル・モノラル盤は非常に高い値段で売られています。
しかし、本作はステレオ盤にこそ魅力があると思います。
RAY DAVIESはPYEスタジオに導入された最新の8トラック・レコーダーを念頭において、本作を制作したのだと思います。
それくらい本作のステレオ・ミックスは素晴らしいです。

60年代の物なら何でもモノラルが良いというのは間違っていると思います。
別に本作のオリジナル・モノラル盤を持っていないからというヒガミではありませんよ(笑)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

へどろん

いやぁ、いいアルバムですよね〜、俺も大好きっす。
この辺からのシングル群もいいの多いですしね。

彼等の魅力の一つ、普通っぽい、ロックスターっぽくないところ…そんな彼等独自のサウンドがうまくできた、そんな作品ですかね?

しかし、レアなのをお持ちで…目の保養、目の保養、うふ♪
by へどろん (2009-07-07 00:11) 

poposuke

へどろんさん おはようございます

昔は普通っぽい、ロックスターっぽくないないところが非常にカッコ悪く思えたんですけどね(苦笑)
今では逆にそれが魅力的に思えるようになりました(笑)
もっと早く気付くべきでしたが(苦笑)、まだ気付いておられない方も結構いるかもしれませんね。

>しかし、レアなのをお持ちで…

いや~これは高かったですね。
この時期のKINKSのUKオリジナル盤は高すぎますね!
次のライヴ盤はUKオリジナルで持っているのですが、その次は完全に手が届きませんね(苦笑)


by poposuke (2009-07-07 07:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。