So-net無料ブログ作成

ANIMALS 1st [ANIMALS]

レコードを集め始めたのは中学生の頃からでしたが、学生時代はお金がありませんでした。

お小遣いやバイト代の大半はレコードやCD(またはお酒・・・!)に消えていきましたが、その当時は欲しくても買えないレコードがいくつか存在していました。

下記の3枚は学生時代の私にとって欲しくても手の届かなかったアルバムです。

1215814516.jpg
SPENCER DAVIS GROUP 『SECOND ALUBUM』、
1211927615.jpg
MANFRED MANN 『FIVE FACES OF MANFRED MANN』、
1203029629.jpg
DAVE CLARK FIVE 『SESSION WITH THE DAVE CLARK FIVE』

当時、これらのアルバムには安価な再発盤などが存在しませんでした。
(今になって考えると、私が知らなかっただけで本当は再発盤などもあったのかもしれませんが・・・)

これらの3枚のアルバムは、UKオリジナル盤がレコード店の壁に鎮座している高嶺(高値?)の花のような存在でした。

そんな高嶺の花だったアルバムですが、大人になった私の手元にはこれらのUKオリジナル盤が存在しています。
変な話ですが、こんなことからも年齢を重ねてきて良かったなと感じることがあります。

また、当時は入手困難だったアルバムも今は紙ジャケCDなども発売されて手軽に入手できるようになりました。
昔の苦労を考えると、今は本当にいい世の中になったものです。
ただ、最後の一枚のアルバムだけは例外ですが・・・(苦笑)


ANIMALSのこの作品も、そんな高嶺の花だったアルバムのひとつです。

1215814040.jpg

本作は1964年にリリースされた彼らの1stアルバムです。

ほぼ同時期に発売されたYARDBIRDSの『FIVE LIVE YARDBIRDS』となぜか似たような雰囲気のジャケットですが、レコード番号はこちらの方が若いです(ANIMALSが33SX-1669、YARDBIRDSが33SX-1677)。
1215041447.jpg
見た目ではこちらの方が上(?)ですが・・・

これはデビュー作ですが最初から異常なくらい真っ黒なサウンドですね。
本作を聴くとSTONESの1stが可愛らしく聴こえます。

でも、何だかスカッとはしません。

キーボードのALAN PRICEをはじめとするバックの演奏はとても手堅いのですが、どこか面白味に欠けるきらいがあります。
ALAN PRICEがその本領を発揮するのはANIMALS在籍時よりも、ソロになってからだと思います。
勿論、ERIC BURDONの野性的なヴォーカルはデビュー当時から文句なしに最高です。
でも、全体的には野暮ったい雰囲気が漂います。

実際、ニューカッスル出身の彼らは田舎者扱いされていたのでしょう。
ルックスも全く洗練されていませんし(笑)
もし、彼らのルックスがROLLING STONESやSMALL FACES並みだったら、現在の彼らに対する評価も少しだけ変わっていたのかもしれません。
残念ながら天は彼らに二物を与えませんでした・・・

あまり褒めてはいないようですが私はこのアルバムが大好きです。
カワイゲのない田舎者達がブルースだけを武器に華の都ロンドンへ殴りこむ・・・、そんな無鉄砲な心意気がこのアルバム最大の魅力だと思います。

彼らのことを「朝日のあたる家」だけの一発屋さんだとか、単なる懐メロ・グループだと思い込んでいる方には、全くシングル曲が含まれていない本作を聴いてみることをお勧めします。
本作からは彼らのR&Bやブルースに対する深い愛情や尊敬の念、そして彼らのギラギラした初期衝動感がダイレクトに伝わってきます。
きっと、彼らに対する認識が変わるはずです。

彼らが「朝日のあたる家」だけのグループだと捉えられがちな現状には全く納得できませんね。

私が所有しているのは、UKオリジナルのモノラル盤です。

レーベルはBLUE COLUMBIAラベルです。
1215814101.jpg
マトリックスは両面1で、タックス・コードは“KT”刻印です。

ジャケットはGARROD & LOFTHOUSE社製で、表のみがラミネート・コーティングされています。
1215814052.jpg
裏は取り出し口を除く3辺が折り返されています。

付属しているインナーは所謂“EMITEX”です。
1215814087.jpg

このアルバムを入手したのは少し前のことです。
これはジャケットが少しクタビレ気味ということもあるのですが、5000円くらいで購入することが出来ました。

そんなわけで、やっと十数年来の念願が叶いました。
本当に大人になって良かったと思います!

でも、今は余計な買い物ばかりしているので、学生時代よりも経済的に苦しいような気がします(笑)

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

どうぷ

こんばんは

97年デジパックで聴いております。
このアルバムは野暮ったさが迫力を生んでるみたいな、
ナタのようなぶっとい切れ味を感じさせてくれます。
そう考えると、音と名前は妙に合ってる感じがしますね(笑)
このある意味不器用なサウンドも、断然ロックなサウンドですなあ...。
by どうぷ (2009-07-02 23:49) 

いたち野郎

どうもこんばんは~

僕の母親でも「朝日のあたる家」を知っているほどですからね~(笑)
日本ではそれが逆に災いしたというか、一発屋の外タレと認識している人も多い気はします(ただ朝日の~も、シングル盤で聴くと凄いです!)。

しかしこれから聴くような若い人ならば、日常で朝日の~を聴く機会もないのでそうした先入観も持っていないですし、アニマルズを広い目で見る人も増えてくるかもしれないですね。
by いたち野郎 (2009-07-03 02:05) 

poposuke

どうぷさん おはようございます

EMI系のビート・グループは洗練されているイメージが強いですが、その中でもANIMALSはかなり異質な存在だと思います。
ただ、仰るように彼らの場合は野性味をそのまま前面に出したのが結果的に良かったのでしょうね!
ケモノなのでレコード会社の言うことを聞かなかっただけかもしれませんが(笑)
by poposuke (2009-07-03 06:22) 

poposuke

いたち野郎さん おはようございます

ANIMALSは知名度が高いとは思うのですが、実際にアルバム単位で聴いている人は少ないのかもしれませんね。
個人的な見解ですが、ANIMALSはシングルよりもアルバム単位で聴いた方が、その本質が見えてくると思うのですが・・・

日本で数曲のシングルが有名なせいで誤解(?)されているビート・グループの代表格は、このANIMALSとDAVE CLARK FIVEだと思います。
再発盤が多いANIMALSはともかくとして、DC5の再評価の可能性は今のところゼロでしょうね(苦笑)

by poposuke (2009-07-03 06:31) 

Haru!

は、Tony Liddle Band Japan Fan Pageを開設している「Haru!」と申します。突然失礼します。THE ANIMALSを検索し辿りつきました。

実は、このTony Liddleは、THE ANIMALS(正確にはHILTON VALENTINE'S THE ANIMALS/TONY LIDDLE'S THE ANIMALS)の時期(2001年前後)に加入し、一応、音源(TONYのHPからDownlord購入で入手可能でしたが、現在は閉鎖中)もあるんです。

私は、彼に直接メールでお願いし、THE BESTとLive in Kiev(2CD)を購入し所有しています。

バードン時代の灰汁はありませんが、技巧派で器用なTONYは見事にTHE ANIMALSの曲を歌っています。

もし興味があるようでしたら、URLからTONY時代のTHE ANIMALSのアルバム評を書いているのでご覧ください。

お邪魔しました。
http://kori-kori.blog.so-net.ne.jp/2011-02-25-3

by Haru! (2011-03-02 17:17) 

poposuke

Haru!さん こんばんは

コメント返しが遅れてしまい申し訳ございませんでした。

後ほど訪問させて頂きます!
by poposuke (2011-04-11 00:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0