So-net無料ブログ作成
検索選択

EARL ROYCE & THE OLYMPICS 'QUE SERA SERA' [BRITISH BEAT SINGLE]

週末の休日くらいは新しい記事を書こうかと思います・・・


今日はちょっとだけマイナーなシングル盤を取り上げます。
dc062701.JPG

皆さんは「ケ・セラ・セラ」という曲名で連想するのは誰でしょうか?

やはり、DORIS DAYでしょうか?

でも、ブリティッシュ・ビート好きの方なら、まずこの人達のカバーを思い浮かべることでしょう!

GENO WASHINGTON & THE RAM JAM BANDによる熱烈カバー・バージョンです。
これは彼らの傑作ライヴ・アルバム『HAND CLAPPIN,FOOT STOMPIN,FUNKY-BUTT...LIVE!』に収録されています。

この曲はDORIS DAYのバージョンとは完全に別物です。
ミディアム・テンポにアレンジされて、実にカッコいいビート・ナンバーに仕上がっています。

しかし、コレには元ネタ(?)があります。
dc062702.JPG
それが、このEARL ROYCE & THE OLYMPICSの1stシングルです。

EARL ROYCE & THE OLYMPICSはリヴァプール出身のビート・グループです。
彼らはこのCOLUMBIAからのデビュー作と、PARLOPHONEからの2ndシングルだけで終わってしまったバンドです。
当然ですが、2枚のシングル共に全英チャート入りしませんでした。

そんなマイナーな存在の彼らですが、プロデューサーはBEATLESでお馴染みのGEORGE MARTINです。
EARL ROYCE版の「QUE SERA SERA」はGENO WASHINGTONほどの熱気はありませんが、EMI系のビート・グループらしく(?)実に端正に仕上げられています。
曲のアレンジ自体は両方ともほぼ同じですが、私はEARL ROYCEバージョンのショボサ具合がたまらなく好きです(笑)
ちなみに、彼らの「QUE SERA SERA」を聴いたGEORGE MARTINはひどく感動したようです。

また、彼らは同郷のGERRY & THE PACEMAKERSの主演映画、『FERRY CROSSTHE MERSEY』にも出演しています。
彼らはバンド・コンテストのシーンで登場し、「SHAKE A TAIL FEATHER」を演奏しています。
この曲は『FERRY CROSS THE MERSEY』のサントラ盤(US盤のみ)に収録されています。

それと蛇足ですが、OLYMPICSにリード・ギタリストとして参加していたGEORGE PECKHAMは、後にカッティング・エンジニアとして有名になる人です。


このようにマイナーな存在だった彼らもブリティッシュ・ビート・シーンに確かな足跡を残しています。
彼らのようにシングル盤を数枚しか残せなかった人達も決して意味の無い存在ではありません。
彼らがGEORGE MARTINから高く評価されていたように、埋もれた存在ながらも優れたビート・グループは沢山いるのです。

今後はこのブログでもちょっとマイナーなビート・グループをどんどん取り上げていく予定です。

でも、過去の記事の移転の方が先ですね(苦笑)

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 8

reds20061222

おぉ!ついにきましたね~。
ポポスケさんのこの記事と僕の記事でコンプリートですね(笑)。
TBさせてください(当方の記事でもリンクさせていただきます、よろしくお願いします)。

ジョージ・ペッカムもクリムゾンとかカッティングしてるみたいですし、確実にブリティッシュ・ビート・シーンに足跡を残していますね。

知り合いブロガーさんで900記事ぐらい移転した人がいましたが大変そうでした。頑張ってください、そしてマイナー・ビート・グループを是非とも優先して取り上げてください!
by reds20061222 (2009-06-28 11:11) 

poposuke

redsさん こんにちは

TBありがとうございます!
この記事には反応がゼロかと思っておりましたが、さすがredsさんですね(笑)

この記事を書いた後にネットで彼らについて検索してみたのですが、国内のブログで詳しく取り上げているのはredsさんのとこだけでした(笑)
私も日本で二番目のブログになれて光栄です(笑)

今は過去記事の移転が優先ですが、そればっかりだとやっている私もつまらないので、ちょくちょく新しい記事を書いていくつもりです。
モチロン、マイナーなビート・グループもどんどん取り上げていきますよ!

by poposuke (2009-06-28 11:31) 

へどろん

いやぁ、これは「FERRY CROSS THE MERSEY - SPECIAL EDITION-」っていう気になるCDにも入ってるやつっすね。
やっぱ買いかなぁ…安いし、うふふ♪

A PORKY CRIME CUT.のペッカムさんて、こんなこともしてたんですね♪

彼はまだカッティングしてるんですかね?確か90年代なかばの作品でも見かけたんで…う〜ん
by へどろん (2009-06-28 23:19) 

poposuke

へどろんさん こんばんは

そうです!気になるCDにも入っているやつですよ(笑)
この曲もイイですが、『FERRY CROSS THE MERSEY』自体はもっとイイですよ♪
ボーナス・トラックも必要以上に豊富ですし(笑)、これは絶対に買いでしょう!
私も欲しいくらいです!

>A PORKY CRIME CUT.のペッカムさんて、こんなこともしてたんですね♪
>彼はまだカッティングしてるんですかね?

どうなんでしょうかね?
私も近況は分からないのですが、(多分)まだ仕事をやっているのだと思いますよ。

by poposuke (2009-06-29 03:59) 

reds20061222

遅くなりましたがリンクさせていただきました!
(他記事への訪問も遅れてすいません)

そしてついでなんでTBもさせていただきます。
by reds20061222 (2009-07-08 18:56) 

poposuke

redsさん こんばんは

リンク&TBありがとうございます!

お忙しいとは思いますが、redsさんのマイナーなシングル盤の記事も大いに期待しておりますよ♪

by poposuke (2009-07-08 22:47) 

analog60s70s

こんにちは。
これはこれは
『ケセラセラ』とは。

むしろ ツイスト & シャウトに近いノリ。
何回も聴きたくなる楽曲ですね。

曲の終りのノセ方もすごい。

日本人のほとんどが知らなかったこの曲とグループを
探しあてた 眼力がすごい。
by analog60s70s (2009-07-12 12:08) 

poposuke

analog60s70sさん はじめまして

貼り付けてある音声ファイルはGENO WASHINGTONという人のライヴ・バージョンですが、EARL ROYCE & THE OLYMPICS版もほぼ同じアレンジです。
GENO WASHINGTONほど暑苦しさはないですけどね(笑)
勿論、私はどちらもバージョンも大好きです。

先にコメントして下さっているreds20061222さんが、少し前に彼らの2ndシングルを記事にされておられましたが、彼らはそんなにどマイナーという存在でもないですよ。
わざわざシングルを買わなくとも、今ではCDなんかで聴くことが出来ますしね♪

こんなブログではありますが、今後とも宜しくお願い致します!

by poposuke (2009-07-12 13:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。