So-net無料ブログ作成

ANIMALS "ANIMALISMS" [ANIMALS]

ALAN PRICEが脱退した後のANIMALSは英DECCAへ移籍し新たなスタートを切りました。

新メンバーを迎えて制作された本作は1966年にリリースされました。
1207698455.jpg

本作も基本的には相変わらず”黒っぽい”サウンドなのですが、以前よりも幾分ポップになった感じがします。
また、サウンドの中心がキーボードからギターに替わっている分、ややロック色も強まっています。
さらに曲によってはファズ・ギターが大活躍しており、部分的にはガレージ度も増してきています。

そのようなサウンドの変化の中でも、ERIC BURDONのヴォーカルは実に冴え渡っています。
やはり、実力派の彼はどんな歌でもうまく歌いこなしています。


私が所有しているのはUKオリジナルのモノラル盤です。

レーベルは溝つきのOPEN DECCAラベルです。
1207698470.jpg
マトリックスは両面1で、タックス・コードは”KT”になっています。

MAC NEILL PRESS製のジャケットは表のみがコーティングされており、裏は上下2辺が折り返されています。
1207698463.jpg

付属していたオリジナル・インナーです。
1200830633.jpg

このアルバムはあまり売れなかったせいか、ANIMALSのUKオリジナル盤の中でも最もレアな作品です。
たまに見かけても、傷みやすい紙質のせいかジャケットがボロボロになっている物が多いようです。
私が所有している物は盤質・ジャケット共に良好ですが、その分値段はかなり高いものになってしまいました。

イギリスでのANIMALS名義のアルバムとしては、通算3作目の本作が最後になってしまいます。
このアルバムは、ややまとまりに欠ける感はあるものの、なかなかの好作品に仕上がっています。
個人的には、彼らのUK盤の中では一番好きなアルバムです。
これからANIMALSを聴こうと思っている方には、英COLUMBIAに在籍していた初期の頃よりも、DECCA期の方が聴きやすいかもしれません。
ただ、このアルバムには日本盤CDが存在しないのが難点ですが・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0