So-net無料ブログ作成
検索選択

ANIMALS "ANIMALIZATION" [ANIMALS]

このアルバムは私が最初に手に入れたANIMALSのレコードです。

1207007605.jpg

本作はALAN PRICE脱退後のANIMALSがアメリカで発表した編集盤です。

1966年にリリースされ、全米20位まで上昇した本作には、
「DON'T BRING ME DOWN」(全米12位)、
「INSIDE LOOKING OUT」(全米34位)、
「SEE SEE RIDER」(全米10位)、
が含まれています。

私にとって、ERIC BURDONは数少ないライヴ体験をした特別なシンガーです。

確か高校生の頃だったと記憶していますが、私の住んでいる町にERIC BURDONがやってきました。
キーボードはBRIAN AUGERだったはずです(当時、彼のことは全く知りませんでしたが・・・)。
私は小さなライヴ・ハウスで行われた彼のライヴを観に行きましたが、それは素晴らしいものでした。
特に印象に残った曲は「SPILL THE WINE」でした(ANIMALSの曲じゃなかったですね・・・)。

それ以来、ERIC BURDONは数あるブリティッシュ・ビート・グループのヴォーカリストの中でも特別な存在になっています。

このアルバムを購入したのは中学生の頃でした。
私が所有しているのは、1980年代に発売されていた米POLYDORからの再発モノラル盤です。
私はその頃からベスト盤は買わない主義だったので、ベスト盤以外となると当時はこれしか売っていませんでした。
あまり輸入盤を買い慣れていなかった中学生の私にとって、何もかも粗雑な作りのアメリカ盤からは大きなカルチャー・ショック(?)を受けました。

今日暫くぶりにこのアルバムを聴きましたが、やはりいいですね。
やや、まとまりに欠ける部分はありますが、この時期の彼らを代表するカッコいいシングル3曲が含まれており、決して悪くはない内容です。

個人的には最初に入手したANIMALSのアルバムでもあり、とても思い入れがあります。
このアルバムを聴いていると、これを夢中になって聴いていた中学生や高校生の頃を思い出してしまいます。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

へどろん

いやぁ、このレコは初めて見ました。
しかし、そんなすごいライブ体験!いいっすね〜。
ただでさえすごいヴォーカルなのに、生なんて!

輸入盤のカルチャーショック…なんとなくわかりますね。
特にアメリカンは…うふふ♪
by へどろん (2009-06-13 00:55) 

poposuke

へどろんさん おはようございます

20数年前の私の町ではこのアルバムしか売っておりませんでした。
その当時はこれくらいしかANIMALSの再発盤が無かったように記憶しています。
でも、最初に聴いたのがコレで良かったと思っています。
ANIMALSは初期のCOLUMBIA在籍時よりも、DECCA期の方が(最初に聴くには)聴きやすいと思います。

ERIC BURDONのライヴは良かったですよ!
とても小さなライヴ・ハウスだったので本当に手が届きそうな所で歌っておりましたよ♪

>輸入盤のカルチャーショック…なんとなくわかりますね。

少年時代の私にはかなり衝撃的でしたね(笑)
それ以来アメリカという国には何となく信頼を置けなくなりました(笑)

by poposuke (2009-06-13 08:41) 

reds20061222

足グセが悪いですね~不良軍団です。・・・的なコメントを前にしましたっけ?
ERIC BURDONのライヴを体験したんですね。ブライアンオーガーも・・・羨ましいです。
by reds20061222 (2009-06-13 13:01) 

poposuke

redsさん こんにちは

お行儀の悪い彼らですが、ケダモノなので仕方ありませんね(笑)
でも、このふてぶてしさが彼らの魅力だと思います。
しっかり計算された(?)不良軍団のSTONESなどとは全く異なっていますからね。

私の住んでいる町では外タレのライヴが少ないのですが、ERIC BURDONのライヴは観に行って良かったと思いますよ♪
by poposuke (2009-06-13 15:24) 

ひで

エリック・バードン及びアニマルズは中、高校生だった頃の私にとって「大人の歌」って感じの、どうにも取っ付きにくい存在でした。
未だに古〜い日本盤のベストしか持って無いのもその頃のイメージが根強く残ってるせいでしょう…

生で観れたインパクトに勝るモノは無いですよね。私もそんな機会があったならきっとファンになったでしょうけど。
by ひで (2009-06-13 17:06) 

poposuke

ひでさん こんばんは

実は私も「朝日のあたる家」などのEMI時代のヒット曲はそれほど好きではありません。
初期のヒット・シングルはあまりポップでないせいか、仰るようにどこか取っ付きにくい印象があります。
こんなことを書くと熱心なファンの方に怒られちゃいそうですけどね(苦笑)

私がANIMALSを好きになったのはDECCAに移籍後のこのアルバムを最初に聴いたからです。
もし、私もEMI時代のベスト盤などを最初に聴いていたら、恐らくひでさんと同じような印象を持ったと思います。
DECCA期のANIMALSは「大人の歌」ではなく、「悪ガキが悪あがきをしている歌」(?)といった感じですよ(笑)

それにやっぱり生で観たインパクトは大きかったですね♪

by poposuke (2009-06-13 22:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。