So-net無料ブログ作成
検索選択

BILLY J. KRAMER WITH THE DAKOTAS "TRAINS AND BOATS AND PLANES" [MERSEY BEAT]

BILLY J. KRAMER WITH THE DAKOTASの実質的なラスト・アルバムです。

1212364356[1].jpg
アメリカでの通算3作目として、1965年にリリースされた本作には、
「TRAINS AND BOATS AND PLANES」(全米47位)、
が収録されています。

本作はアメリカのみで発売された実質的なラスト・アルバムです。
このようにアメリカのみで発売されたラスト・アルバムには当りが多いというのが私の持論(?)ですが、本作もその例外ではありません。
(勿論、例外もあります。例、YARDBIRDS『LITTLE GAMES』)

本作は彼の残したアルバム(UK盤『LISTEN!』を含む)の中で最もロック色が強い作品です。
小ヒットしたタイトル曲や「TWILIGHT TIME」、「UNDERS THE BOARDWALK」なんかは、今までのおっとりとした彼のイメージに合っている端正なマージー・ビートですが、他には勢いのある楽曲が数多く収録されています。
これらの曲では彼の熱いヴォーカルを聴くことができます。
個人的には「WHEN YOU WALK IN THE ROOM」や「SNEAKING AROUND」、「TO TAKE HER PLACE」、「DON'T DO IT NO MORE」での熱唱が気に入っています。

また、これまではバック・バンドとしての手堅い演奏に徹してきたDAKOTASも、このアルバムでは今まで以上に存在感が増していると思います。
そのため、本作では”バンドとしての一体感”が最も感じられます。
特に本作に収録されている2曲のライヴ録音(「TENNESSEE WALTZ」と「IRRESISTIBLE YOU」)では、BILLY Jのヴォーカルを含めて最高に魅力的な演奏を聴かせてくれます。
「TENNESSEE WALTZ」の歯切れのいいギターはMICK GREENによるものでしょうか?

本作は、BILLY Jの気合の入った歌唱と、いつ聴いても素晴らしいDAKOTASの演奏、そして質の高い楽曲の数々と、三拍子揃った好内容のアルバムだと思います。

私が所有しているのは、米IMPERIALオリジナルのステレオ盤です。
1214351493[1].jpg
この盤は未開封シールド状態で購入しましたが、たったの1500円くらいでした。
あまり人気が無いんですね・・・


BILLY J. KRAMERはヴォーカリストとして全く評価されておりません。
確かに彼は器用なヴォーカリストではありませんが、どんな曲でも一生懸命かつ丁寧に歌う彼の姿勢には好感が持てます。
彼の持ち味は端正なバラードなどで発揮されることが多いと思いますが、本作にあるような勢いまかせの彼も決して悪くはありません。

本作のBILLY J.は”マージー・ロッカー”としての魅力が全開になっていると思います。

本作にもライヴで収録されている「TENNESSEE WALTZ」の動画です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0