So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

CAROL DEENE "A LOVE AFFAIR" [GIRL POP]

つい最近まで、このアルバムの存在は全く知りませんでした。
PC100007.JPG
CAROL DEENEの『A LOVE AFFAIR』です。

WORLD RECORD CLUBから1970年にリリースされています。
PC100008.JPG

PC100009.JPG

CAROL DEENEは1961年に17歳でデビューし、「NORMAN」(1962年、全英24位)、「JOHNNY GET ANGRY」(62年、全英32位)、「SOME PEOPLE」(62年、全英25位)の中ヒットを出しています。
この後に巻き起こる空前のビート・グループ・ブームによって、60年代初頭にデビューした他のティーン・アイドル達と同様、彼女の人気は失速してしまいますが、その後も英HMVやCOLUMBIAなどからコンスタントにシングルを出し続けます。

そんな彼女は60年代の終わりと共にそのままフェードアウトしてしまったものと思い込んでいたのですが、まさかこのようなアルバムを残していたとは・・・
メジャーなEMI系の中でも、ややマイナーなWORLD RECORD CLUBからのリリースというのも盲点でした。

60年代初頭から半ばにかけて人気があったティーン・アイドルではBILLIE DAVISも似たような経歴です。
ただ、BILLE DAVISが英DECCAから同じ1970年にリリースしたアルバムは今やレア盤として人気ですし、CD化もされています。
それに対して、CAROL DEENEの本作はCD化されていないですし、中古市場で人気があるとも思えません。
私はこのアルバムをeBay UKで偶然見かけたのですが、送料も含めた価格は2700円ほどでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

THE VERNONS GIRLS 'FUNNY ALL OVER' [GIRL POP]

前回の記事でLADYBIRDSやBREAKAWAYSについて触れたので、今回はその母体であるVERNONS GIRLSを取り上げます。

VERNONS GIRLSは50年代半ばにリヴァプールのサッカーくじ会社のキャンペーン・ガール(?)として結成されました。
当初、グループには数十人のメンバーが在籍しており、(当然ですが)サッカーくじのキャンペーン・ガールとしての仕事が中心でした。
しかし、58年にはテレビの音楽番組へのレギュラー出演が決まり、そのために16人のメンバーが選抜されます。
テレビ番組の出演後は英PARLOPHONEからレコードを発売するなどの活躍が続いたのですが、62年にはメンバーの離脱や結婚で3人編成のグループになってしまいました。

トリオ・グループとなったVERNONS GIRLSは心機一転、英DECCAと契約して、「LOVER PLEASE」(1962年、全英16位)、「YOU KNOW WHAT I MEAN」(再発売された「LOVER PLEASE」との両A面で全英39位)のヒットを出します。

それに続いて発売されたのがこのシングルです。
PB120001.JPG
「FUNNY ALL OVER」(1962年、全英31位)です。
PB120002.JPG
この曲は小ヒットしましたが、出来は可もなく不可もなくです。

どちらかといえばオルガンが入ったB面の方が良い曲だと思います。
PB120003.JPG

この後の彼女達はヒット曲が出なくなってしまいます。
しかし、ビート・ブーム期になって出されたシングル、「TOMORROW IS ANOTHER DAY」(1963年)や「ONLY YOU CAN DO IT」(1964年)は、全英チャート入りこそ逃しましたが、ガール・ポップ好きの方も納得する質の高いシングルだと思います。
個人的には初期のヒット曲よりも売れなくなってからのシングル曲の方が気に入っています。

それらは、この便利なRPMからの編集CD『WE LOVE THE VERNONS GIRLS 1962-1964』に収録されています。
PB120004.JPG
このCDにはDECCA在籍時の全曲が収録されていますし、さらに詳しい解説まで付いているという素晴らしい仕事ぶりです。
勿論、マニアには人気の珍妙なBEATLES賛歌のシングル「WE LOVE THE BEATLES」(1964年)も入っています!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

THE LADYBIRDS 'THE WHITE CLIFFS OF DOVER' [GIRL POP]

現在、サブブログの『新・自己満足レコード館』ではガール・ポップ特集を行っています。

ここでは、サブブログで登場しないようなレコードを記事にします。

まずは英国の女性ヴォーカル3人組、LADYBIRDSのシングル盤です。
PB110001.JPG
LADYBIRDSは様々なアーティストのレコーディングやテレビの音楽番組などで、バック・ヴォーカルを務めていた女性トリオです。

そんな彼女達にも単独名義のレコードがあります。
それが、この「THE WHITE CLIFFS OF DOVER」(1964年)です。
PB110002.JPG
この曲は古いポピュラー・ソングのカバーだと思われますが、面白いことにブルー・ビート~スカのリズムを取り入れたアレンジになっています。

1964年はMILLIEの「MY BOY LOLLIPOP」やMIGIL 5の「MOCKIN' BIRD HILL」がヒットした年ですし、いち早くブルー・ビートに着目していたGEORGIE FAMEもブルー・ビートを題材にしたEPを制作しています。
そういった意味でブルー・ビートを取り上げるのは非常にタイムリーです。

また、「MOCKIN' BIRD HILL」も元はスタンダード・ナンバーでしたし、本場ジャマイカのERIC MORRISの「HUMPTY DUMPTY」にしても元は童謡(?)です。
このシングルのように、古いカバー曲をブルー・ビートにアレンジするというアプローチは当然”あり”だと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

THE WHOのUSアルバム [BRITISH BEAT]

特に深い意味はありませんが、最近はTHE WHOのUSアルバムを聴く機会が多いです。
PB040016.JPG

PB040017.JPG

PB040001.JPG

PB040018.JPG
私が所有しているのは全てUSオリジナルのステレオ盤です。
USオリジナルのモノラル盤は値段が高くて買えません。

ステレオ盤と言っても、『MY GENERATION』は全曲疑似ステレオですし、『HAPPY JACK』と『MAGIC BUS』も疑似ステレオの曲が多いです。
音質面のメリットは少ないですが、それでも(私の好きな)「SO SAD ABOUT US」や、貴重な「MAGIC BUS」のトゥルー・ステレオ・バージョンなどは聴く価値があると思います。

それに、US盤はUK盤より敷居が低いというか、気軽に聴くことができます。
繊細な造りでお姫様みたいなUK盤と野武士みたいに無骨なUS盤では、どうしても扱い方に差が出てしまいます。
購入金額もUS盤はUK盤の3分の1以下でした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 

怪しいビート・ブーム便乗企画盤 ~ 英国編追加アルバム [BRITISH BEAT]

最近入手した怪しいカバー・アルバムです。
PA280010.JPG
THE GINKSの『A TRIBUTE TO THE BEATLES』です。
ジャケットには何と本物のBEATLESの写真を使用しています。
本人達の許可を得て使用しているのかは定かでありませんが、良くも悪くもインパクトはかなり大きいです。
アルバムのタイトルがタイトルなんで、BEATLES本人のアルバムだと勘違いして買う人はまずいないと思いますが・・・

レーベルは怪しい企画盤を多数リリースしている英SUMMITです。
PA280013.JPG
モノラル盤です。ステレオ盤は存在しないと思います。
PA280014.JPG

ジャケットにはラミネート・コーティングが施されていますが、信じられないくらいペラペラな紙質です。
PB030009.JPG
本来、背表紙にあるはずのアルバム・タイトルやアーティスト表記は全く役に立たない場所にあります。
PB030008.JPG

裏ジャケです。
PA280011.JPG
上下2辺が折り返されています。

収録曲は全てBEATLESのカバーです。
PA280015.JPG
曲目を見ると1965年以降に発売されたアルバムだと思われます。
この手のインチキ企画盤としては少し遅い時期の発売です。

ジャケット製作会社はFrank S. Manley Ltd.です。
PA280012.JPG
SUMMIT以外では見ない会社です。

本作の主役(?)であるTHE GINKSについての情報は全くありません。
どなたか詳しい方がおられましたら教えて下さい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

不人気盤 [BRITISH BEAT]

レコードやCDには不人気盤という物が存在します。
どのお店でも捨て値で売られている盤です。
不人気な理由はいろいろありますが、最も大きな理由はその盤の内容が良くないからだと思います。

しかし、内容的に優れているにもかかわらず不人気な盤もあります。

私の好きなブリティッシュ・ビート物に限定すると、このアルバムはその典型です。
PA220006.JPG
HERMAN'S HERMITSの『MRS. BROWN, YOU'VE GOT A LOVELY DAUGHTER』です。
これはちょっとだけレアなUKオリジナルのモノラル盤ですが、それでも値段は安かったです。
私はUS盤も持っていますが、購入価格は1000円くらいだったと思います。

このアルバムには、
・不発だった映画のサントラ盤
・市場に全く売れなかったUS盤が大量に出回っている
・HERMAN'S HERMITS自体が現在は不人気
という3つの不人気要素があります。

そのような3重苦(?)があっても、中身の方は悪くありません。
映画の出演者が歌っている曲やちょっと変わったインスト曲などが含まれるクセの強いアルバムですが、どの曲もクオリティーは高いです。
アルバム・タイトル曲も昔は嫌いでしたけど、このアルバムに収録されているのを聴いて好きになりました。
前作の『BLAZE』も優れたアルバムでしたが、この辺が再評価される確率は低いのでしょうね。
このサントラ盤は国内で再発CDも含めて未発売です・・・
ちなみに映画の方は未だに観たことがありません。

他にもこんな不人気盤があります。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3) 

怪しいビート・ブーム便乗企画盤 ~ 米国編 [60's AMERICAN ROCK]

怪しいビート・ブーム便乗企画盤の米国編です。

こういった企画盤の種類は本場である英国よりも、圧倒的にアメリカの方が多いです。
アメリカは英国と比べて市場規模が大きく、レコード会社の数も多いので当然と言えば当然なのですが、怪しい度が高いのも圧倒的にアメリカの方です。

当時は今のような情報化社会ではありませんでしたし、アメリカは本場の英国から遠く離れています。
バレなければ多少の嘘や誇張は問題なかったのでしょう。
そんな細かいことよりも、せっかくの流行物でひと山当てる方が重要です。

そのような企画盤でも、当然ですがまともな物も存在しています。

・メジャーなレコード会社のメイン・レーベルから発売されている物。
・ヒット曲を多数出しているような有名アーティストの物。

これらに当てはまる物としては、SUPREMES、MARY WELLS、CHET ATKINS、JACK NITZSCHEなどのアルバムです。
勿論、ここではこれらを除外します。

また、ブリティッシュ・ビートっぽいイメージで売り出しているけども、ブリティッシュ・ビートのカバー曲がひとつも含まれていないアルバム(例:『THE BEST OF THE SIR DOUGLAS QUINTET』)も、ここでは除外します。

そうなると、かなり枚数が絞られてきそうですが、それでもアメリカには怪しい盤がいくつもあります。

まずは怪しいアルバムの基本形からです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 

さいたま・東京出張 [レコード店]

今週は埼玉と東京への出張でした。

今回は大宮駅近くのホテルが宿泊先だったのですが、夕食の後は暇だったので、散歩がてらディスクユニオン大宮店に行ってきました。
元々そんな予定は全く無かったんですけどね。

ディスクユニオン大宮店は昨年初めて行って以来、何度か訪問しているのですが、いつも会社帰りの人で混雑している印象があります。
そのせいもあってか、商品の回転はわりと早いように感じます。
不人気盤はいつまでたっても残っていますが・・・

買い物をする気が全く無い状態で店内に入ったのですが、結局3枚のレコードを買ってしまいました。
他にも2枚ほど買うのを迷ったレコードがありましたが、荷物が重くなるのでやめました。
今回はレコードやCDで持っていないアルバムを優先しました。

購入した1枚は、BEACH BOYSの『SHUT DOWN VOLUME 2』です。
PA070012.JPG
USオリジナルのステレオ盤で、価格は割引後で1620円でした。
PA070013.JPG
ジャケットや盤は少々くたびれていますが、音質は良いですね!
恥かしながら、このアルバムは未所有でした。
超メジャーなグループでも、ブリティッシュ・ビート系でなければ優先度が下がってしまいます。

残る2枚は、ELVISの『LOVE LETTERS FROM ELVIS』と、
PA070014.JPG
『FROM ELVIS PRESLEY BOULEVARD, MEMPHIS, TENNESEE』です。
PA070015.JPG
前者が70年代後半の再発US盤(ブラウン・ラベル)で、価格が割引後で215円、後者がUSオリジナル盤で、価格が割引後で305円でした。
両方とも状態は良好ですが、捨て値で売られていました。

ELVISのアルバムは(オリジナル盤・再発盤を問わずに)US盤で集めているのですが、60年代の一部のアルバムと70年代のアルバムは意外と見つからないです。
それでも70年代のアルバムはあともう少しです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 

これも怪しいアルバム? [60's AMERICAN ROCK]

「怪しいビート・ブーム便乗企画盤 ~ 米国編」を記事にするため、いろいろなUSアルバムを聴いていますが、60年代中頃まではブリティッシュ・ビートの影響をモロに受けたアルバムが多かったと改めて感じます。

勿論、今回の記事でも、
・ヒット曲を多数出しているような有名アーティスト。
・メジャーなレコード会社のメイン・レーベルから発売されているレコード。
の2点が当てはまる盤は外そうと考えています。
それだけでも結構な枚数があります。

それに、
・ブリティッシュ・ビートのカバー曲が含まれているか。
も非常に重要です。

そういった条件がないと、これも怪しいアルバムの仲間入りをしそうです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 

新・自己満足レコード館 ガール・ポップ特集 [業務連絡]

当ブログのサブブログ『新・自己満足レコード館』では、
P9300033.JPG
英国のガール・ポップ特集をしています!

今はCILLA BLACKのアルバムを取り上げており、その次はMARIANNE FAITHFULLのアルバム特集です。

だからというわけではありませんが、今日アメリカから3枚のレコードが届きました。
P9300039.JPG

P9300040.JPG
あともう1枚は画像を撮っておりませんが、MARIANNE FAITHFULLの『DANGEROUS ACQUAINTANCES』のUK盤です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
前の10件 | -